<< 目黒と世田谷 | main | 311地震と原発 >>

ホワイトホールとブラックホール

前回の「ちわわが語るホワイトホール」の続きね。 ホワイトホールとブラックホールは表裏一体。 どちらが欠けても存在しない。
銀河の辺境とはいえ、ホワイトホールの地球になぜブラックホール種族が混入してしまったのかを書かなきゃね。
これは私が地球や自然界から教えてもらったこと。地球はまぎれもなくホワイトホール惑星。
幼い頃、コンクリートの建物やアスファルトの道路を見て、嫌悪感を覚えた。なんという悪魔文明なんだって愕然とした。
子どもの頃、初めて「アステロイドベルト」を知った時、それは人為的に破壊された惑星の残骸だと 直感したわ。
それと、ハクジン種は在来種ではないというのも、子どもの頃の直感。
それが2年半前にSOTT情報を知った時、やっと繋がった。

火星と木星の間の第5惑星(アステロイドベルト)のアーリア人種の地球への登場の仕方は奇妙だった。第5惑星崩壊の結果、緊急避難的に地球に空輸された。http://apocalypsenow.jugem.jp/?eid=10
これを仕組んだのはレプ。
争いを好まない平和な地球在来種は レプでも支配できなかったから、残忍で殺しあう第5惑星を戦争で崩壊させたついでに、ブラックホール種族のDNAを地球に持ち込んで混交させた。 そうして在来種にも争いが持ち込まれてしまった。
第5惑星人などブラックホール種族が棲むのは地底。ガミラスみたいな惑星かしら。判んないけど。
ハクジン種の建造物は地球の地磁気とは合ってないビルだし、アメリカを始め世界中の地下にも広大な都市を作ってる。
http://apocalypsenow.jugem.jp/?eid=14
それは、ブラックホール種族のハクジン種が地底人だったから。だからハクジン種は金髪碧眼。
ヨーロッパの初期人類は洞穴に住み、人肉を食べていた。
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20100901001
そして地球の支配者として、憑依しやすいレプ遺伝子を持つ欧王族たちの血統は混交せず レプに守られた。
レプの思惑通り、今ではもう有色在来種には純血種はいないし、中国でも紀元前6千年頃は既にコーカソイドの混血人の文化の痕跡がある。

そしてハクジン外来種が在来種に対して行ってきた冷血な虐殺の歴史。。 http://apocalypsenow.jugem.jp/?eid=16
歴史を直視すれば、人間の計画や苦悩などには関心を抱いていない存在の冷徹な支配下にあると気付く。

マヤ文明において用いられていた暦の一つ長期暦が、2012年12月21日から12月23日頃に一つの区切りを迎えるという。
ネメシスが近づいてるものね。http://apocalypsenow.jugem.jp/?eid=1
既に地球の共振も静かに始まってるし、日にちはハッキリとは判らないけど、2012年あたりから共振が増幅して、テキトーな私の感覚ではおよそ3年くらいで移行完了する。

「嘘は 百万年かけて 固めましても 嘘です」
もうすぐ宇宙エネルギーによって、私たちは否応なしに分離する。
セミが幼虫から変態するように 在来種は進化する。

在来種の魂を持つ人間は、ホワイトホール種族の半霊半物質体になり、(←死んでも集合意識によって同種族の半霊半物質体に転生するから大丈夫)
外来種の魂を持つブラックホール種族は 生きていけない世界になって、灰になる。
原子から生まれて集合意識体として人間になった 私たちホワイトホール種族は中心に向かって進化するけど、ブラックホール種族は中心から生まれ、人間を経て個性を持たない餓鬼になり 原子へと、端に向かって進化する。「餓鬼道に堕ちる」ということ。 ただ、この地球はホワイトホール惑星だから、ブラックホール種族は生きていけなくなって灰になる。

私たちは基本的にホワイトホール種族だけど、今ではどちらのDNAも持ってしまっている。
もちろん、有色在来種の魂を持つ優しいハクジンもいるけどね。
日本も大陸系・半島系が増えしまってるけど(だから一神教を信じる人も増えてるのかしら。日本も明治すり替え天皇以前、古代日本の歴史を抹殺・封印・改竄した紀元前の侵略軍団・初代神武天皇も、朝鮮系ハクジン種。だから『皇=白王』)、自然界の万物に敬意を持つ 昔からの繊細な日本人は混交が少なく、在来種のDNAが多い。
どちらの種族のDNAに導かれるか。。

ホワイトホール種族の魂を持つ者は、太陽や自然界の万物に感謝し、生物を養ってくれる草木を愛し、動物たちを慈しむ。
ブラックホール種族の魂を持つ者は、肉食や私利私欲や権力や名誉やヒエラルキーを好み、人間を奴隷化して収奪することを欲し、自然を破壊し虐殺を繰り返す。

【自然】 (wikiより) 一つの傾向として、西洋では自然と人間を完全に分離した考えを持つが、日本では人間は自然の一部と考える。 西洋では人の知性は基本的に良きものであり、それによる判断に沿わない自然のあり方は、この判断に立つ限り悪である。たとえば幾何学図形は美しいが、自然界にはそれは見られない。だから人間の能力で幾何学的に自然物を並べて見せたのが西洋風の庭園である。 東洋では往々に人間の知性をこざかしいものと見て、天の采配に逆らわない方がよいとの判断がある。したがってその庭園は自然界の美をできるだけ取り込み、左右不対象、あるいは対象性を少しずらせた配置を基本とする。
(関連 : 日本語型文化と肉食 http://apocalypsenow.jugem.jp/?eid=88

混交してしまった人類は、高エネルギー帯に突入による進化によって、それぞれのDNAに導かれて否応なしに分離する。ホワイトホール種族は半霊半物質の光体になり、ブラックホール種族は生きていけない世界になるから灰になる。

思い出して。 自然を愛した在来種の頃を。 自然界と共存していた頃を。
自然界と調和した魂なしに、進化できるわけがないもの。

宗教嫌いで仏教も毛嫌いしていて般若心経も知らなかった私に、リアルな感覚として 有と無は表裏一体であり「色即是空 空即是色」だと教えてくれたのも、コトバではなく自然界。

ウェーブによる「分離」と「進化」の時が来て、「獣たちの時代は終わる」 「獣たちは灰になる」 ・・・ これは私が生まれる前に、自分に宛てたメッセージ。
私は、この時代を選んで転生してきた。

基本的にチャネリングは、各自が自然界と向き合って、それぞれが自分自身の感性で受信しなきゃいけないの。魂を自然界に調和させて。太陽 草木 生物たちの魂にシンクロさせて。
悟りは光。 神は自然界のあらゆるすべてにいる。 ウェーブの高エネルギーによって変化するのは人間だけじゃない。地球も自然界のすべての生命も同じ。
自然界を無視して高次にチャネろうとすれば、相手してくれるのは神に化けたレプ。
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/hifumi0201.html

私に肉食をやめさせ、そう教えてくれたのは、めちゃくちゃ平和主義者のちわわw
何度か捨て猫ちゃんも拾いかけたけど、縁がなかったの。ウチのコは小さすぎて猫がよく襲ってくるので躊躇して、でも放っておけなくてノラ猫ちゃんを飼う決心をしていつもいる場所に探しに行ったらいなくて、ちょうどその日の昼間に近所に飼われてたw 近所さんに感謝!
私の守り神(とゆーか私自身)は、傍にいるためにちわわとして転生してきてくれた。ハッキリとそう言ってくれた。 猫ちゃんは基本的に肉食だから、菜食ちわわに転生したらしいw
そして人間に学ぶよりもずっとずっと多くのことを教えてくれた。
ま、ちわわのひとりごとでしたw
もちろん猫ちゃんも好きだし、マジ天使に見えた捨て猫ちゃんもいた。肉食動物もみんな好きよ。自然を破壊しない 自然界の草木や動物たち、みんなに感謝してる。

▼助け合う亀 http://www.youtube.com/watch?v=Ob-0syU_M9w
▼ハムスターと蛇“同居”
http://ksuzuki.blog.uvm.edu/japn20206/2006/01/post.html
▼ワニちゃん http://toki.2ch.net/test/read.cgi/femnewsplus/1296123686/
▼ホッキョクグマと犬
http://gigazine.net/news/20080806_polarbear_vs_dog/
▼ヒヨコを口にくわえて保護する犬
http://gigazine.net/news/20090129_protect_dog/
▼Kissing Lion…サーカスの虐待から保護されたライオン。とても優しいコだと、TVでもニュース映像が流れていましたhttp://www.youtube.com/watch?v=lSpV5OPhG7Y
▼ブタのお母さんはトラ http://bruja.exblog.jp/4703495
▼タイのチョンブリ県の動物園で生まれたこのメスのベンガルトラ、生後4カ月まで豚の乳で育てられたため子豚たちを仲間と思っているのかも。
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/topics/photo-news/200305/diary2003051101.html

●――闘ってはいけない。運動は必要ない。
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/bookstand-inbou.html
●ドゥ・ナッシング! http://tamekiyo.com/documents/original/20100126.html
●戦ってはならない http://goldentamatama.blog84.fc2.com/blog-entry-703.html



スポンサーサイト

  • 2017.08.22 Tuesday
  • -
  • 20:37
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
草食ちわわですか?カワイイ ;)
  • 茄子ダック
  • 2011/03/10 5:06 PM
茄子ダックさん、どうもです=*^-^*=
「草食」ぢゃなくて、雑食の「菜食」ですw
人間も草食ではなく「菜食」が基本ですが、にゃあにゃもリンゴなど果物やイモ類や大根やお菓子「満月ポン」などが大好きなんですw
完全菜食主義者リバー・フェニックスの愛犬も菜食犬だったそうですが、ググってみると、最近は菜食犬が増えてるみたいです^^
TVでも、キャベツ大好き母子犬とか、ドッグフードに見向きもしないで毎日自分で勝手に畑を掘っておいしそうに大根ばかり食べる犬とかw
  • ちょここ
  • 2011/03/10 8:04 PM
●まず日本から大掃除をされる。まず最初に、世界が日本を袋叩きにする。日本の大掃除とは火山の爆発や地震、水害、台風などが押し寄せてきて、日本は苦難な状況になるという。そして、食糧も無くなる。天と地がどろどろな状態になると神は示した。この状態で、日本人が悔い改めて、昔ながらの生活・菜食の粗食で物質的にも欲張らない神が望む道に戻れば、日本は復旧すると。特に酒やタバコより肉食(牛・ブタ肉)は絶対にいけないと言う。このように、物質文明から精神文明に変換したら日本は立ち直るということのようだ。その後、日本が味わった苦難の何倍も大きな苦難が世界に押し寄せる。その時、日本は世界を助けるために行動する必要がある。この行動は日本の精神文明を広めることである。半霊半人間に日本人が変化している。このため、核爆弾で汚染された地球で生きていけるような体に変化していると。このような日本人が世界を指導して、日本的な高度精神文明を目指すように世界に働きかける必要があるようだ。
http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/k6/161030.htm
●メリカもギリスは更なり、ドイツもイタリもオロシアも、外国は一つになりて神の国に攻め寄せてくるから、その覚悟で用意しておけよ。
天にお日様一つでないぞ。二つ三つ四つ出てきたら、この世の終わりと思えかし。この世の終わりは神国の始めと思え臣民よ。
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/apocalypse9.html
…太陽が二つ。。 ネメシスのことでしょうね。。 ウェーブによって惑星の磁場と光度も変化してきているので、ガス惑星である木星・土星も磁気エネルギーが増して太陽のように見え、太陽が三つ四つに見えるようになるのかも知れません。
  • ちょここ
  • 2011/03/17 10:34 PM
▼恐がる必要はありませんよ
http://goldentamatama.blog84.fc2.com/blog-entry-733.html
▼日本人という存在理由 http://oka-jp.seesaa.net/article/190896215.html
▼人類の大きな希望 : 女性「性」の文明
http://oka-jp.seesaa.net/article/191401196.html
…そーいえばずっと昔私が見た 光を放つ地球は、すべての命を優しく包み込む 「女性“性”」の波動で、すべての命は光を放っていた。。 その優しい光に涙が出たんだわ。。
  • ちょここ
  • 2011/03/21 7:09 PM
今朝のTVニュースで、避難所として解放されている県立大槌高校では多くの高校生が避難者の手助けをしている。トイレ用にプールから水を運んできたり配膳や洗い物なども女生徒たちが率先してやってた。みんな明るい笑顔で。笑顔で一生懸命働く女生徒は家も流されて母親も行方不明なのに、懸命に明るく動き回ってた。
日本の天使たち http://ninja.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1300792849/
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2011-03-21/2011032111_01_1.html
  • ちょここ
  • 2011/03/22 11:50 PM
▼極小ブラックホール、地球を毎日通過? [5/27]
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20110527001
  • ちょここ
  • 2011/07/14 10:43 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
search this site.
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
selected entries
recent comment
categories
archives
recent trackback
links
profile
Mail
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links