<< ひふみメモ | main | 乳酸菌と放射能 >>

スポンサーサイト

  • 2016.01.29 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


原発と原爆

▼「20ミリシーベルト」に根拠なんかない いい加減な、あまりにいい加減なこの国の安全基準 [5/17] http://www.asyura2.com/11/genpatu11/msg/348.html
▼審議2時間で「妥当」判断 原子力安全委、学校基準で [4/30]
委員会が開かれなかったため議事録も作られておらず、助言までに至る議論の内容が確認できないことも判明。http://www.asyura2.com/11/genpatu10/msg/238.html
小佐古「20Svはとんでもなく高い数字です」。 武田邦彦「年間20Svはとんでもなく危険な数値。学者や専門家が認められないとびぬけた値」。 原口前総務相、20Svについて「国会答弁を見ていて、民主党が政権を獲ったことさえ間違いだったんじゃないかと思いました」。「昨日、校庭の土を持ってきた人がいたけど、40Svでしたよ」。
http://twilog.org/HEAT2009/date-110503
チェルノブイリでは被曝の1Sv/年を超えると「移住権利」、5Sv/年を超えると「移住義務」。 福島では空間線量3.8μSv/h未満の学校では、通常通りに校舎や校庭を利用。この数値は屋外で同じ線量を24時間、1年間浴びると20世鯆兇┐襦
http://goldentamatama.blog84.fc2.com/blog-entry-781.html

▼20ミリシーベルト基準問題 首相見直しを拒否「国としての考え方がある」 [5/03]
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1304425284/
GHQ彷彿させる官邸へ派遣の米国人 菅総理に代わり決裁権 [5/09]

その人物は米原子力規制委員会(NRC)のスタッフとされ...
http://www.news-postseven.com/archives/20110509_19848.html
http://www.asyura2.com/11/senkyo112/msg/872.html
(関連)米原子力規制委員会(NRC)(wiki)米原子力委員会(AEC)の業務のうち、原子力エネルギー問題および原子力安全に関する監督業務を引き継いだ。
 ★ABCC(wiki)当初、運営資金は米原子力委員会(AEC)が提供。1975年、ABCCと厚生省国立予防衛生研究所(予研)を再編し、日米共同出資運営方式の(財)放射線影響研究所(RERF)に改組された。

▼照射アジェンダ http://icke.seesaa.net/article/196025522.html
▼住民15万人を30年以上検査へ 原発事故で研究機関 [5/11]
東京電力福島第1原発の事故を受け、放射線影響研究所(放影研、広島・長崎市)などでつくる「放射線影響研究機関協議会」が検討している周辺住民の健康検査について、協議会の関係者は11日、検査する住民を約15万人、検査期間は30年以上とする方針を明らかにした。 http://www.asyura2.com/11/genpatu10/msg/855.html
▼福島県の子供の命を左右するキーマン山下俊一長崎大教授のトンデモ発言
http://www.asyura2.com/11/senkyo112/msg/898.html ←コメ6、17参照
▼原発業界御用学者リスト:山下俊一
http://www47.atwiki.jp/goyo-gakusha/pages/42.html
▼山下俊一という人物
・「年間20という国の指針が出たんだから、国の指針に従うのは国民の義務です」 「100mSv以下では放射能の影響は科学的に証明されておらず結果は何十年後にならなければわからない。だから自分は福島の人達に安心してもらうように心配ありませんと言い続けてきた」
・名指しは避けたが、「福島原発事故は放射線被曝研究の世界的なメッカになると喜んでいる研究者たちがいる」と武田邦彦氏。ことし新設された福島県立医大放射線学科、特任教授は長崎大山下俊一氏。人体実験で悪評の米国ABCC人脈の放医研、放影研が疫学調査で全面バックアップ。核戦争のための研究。
・山下俊一は、重松逸造の直弟子だ。
http://www.asyura2.com/11/genpatu11/msg/125.html
http://www.asyura2.com/11/genpatu11/msg/128.html
とんでもない御用学者長崎大学山下俊一氏(福島県放射線健康リスクアドバイザー)がどういう流れにいる人物か検索したら、恐ろしいことがわかった。チェルノブイリ安全宣言を出した重松逸造氏や長瀧重信氏につながる人物だ。
http://nukekirai.exblog.jp/15457357/
731部隊の亡霊が20瀬掘璽戰襯抜霆爐鮑遒蟒个靴拭J影研理事長、重松逸造の与えた残酷の規模に比べれば殺人鬼勝田清孝の犯罪など児戯に等しい。731帰還者の牛耳った医学界の人体実験思想が長崎大山下俊一、東大中川恵一、稲恭宏らの人体実験を生みだし
http://twilog.org/tokaiama/date-110509

▼朝なのに暗い電話が多い(飯山一郎)
鼻血や茶黄色の痰や下痢の話が多く,体調不良をうったえる声が暗いのだ.
http://www.asyura2.com/11/genpatu10/msg/701.html …コメも参照
・広島出身の被爆医師、肥田舜太郎、福島原発被ばく者について、『私が一番心配しているのは…元気な者を含めて、放射線の病気が始まってくるのはおそらくこの秋から。来年の春にかけてたくさん出てくるだろう、私は想像しています。』 『東北では、下痢がはじまっています。』 『(被ばく者の)最初の症状の一つに下痢が始まります。』 『これは今の普通のお薬では止まりません。』
・広島出身の被爆医師、肥田舜太郎、広島原爆の被ばく者について『元気で働いていたら、ある日突然大変なダルさが残って、会社に行けなくなった。3日も4日も続いて、やっと軽くなったから、会社に行ったら、またその翌月同じことが起こって、要するに会社や工場で働き続けることが出来ない、(そう)いう患者がいっぱい出た』
・肥田舜太郎医師は、福島の被曝者がすでに広島の被ばく者と同じ症状を現し初めていることを危惧しています。『肥田氏は被爆し、直後から広島で診療に当たり、直接爆撃を受けた患者と、受けずに、後から広島に来て入市被曝した人々を見てきています。後から広島に来て、直接被曝した人より先に倒れて死んでいき、生き延びてもその後様々な身体症状に苦しみ、60年後に癌や白血病で死んでいくたくさんの患者を見ています。それと同様の症状が福島の被災者にすでに見られるのです。子ども、妊婦の退避は急を要します』
http://matome.naver.jp/odai/2130043480251952301
▼肥田先生の講演内容
でももう現に東北では、下痢が始まっています。さっき此処に出られた被ばく者の方が、お母さんも、妹も、弟も自分も下痢が始まったとおっしゃいました。最初の症状の一つに下痢が始まります。
でも、ま、仮に病気になった人を私の病院に入れて、この人の今の下痢は放射線の影響ですということを証明する学問がまだないんです。これが泣き所です。だから人をああいう目にあわせて殺した側は、完全犯罪だよね。
http://goldentamatama.blog84.fc2.com/blog-entry-827.html
▼肥田舜太郎医師の講演より
何日もたって遠くから来た人から同じ病気が出始めたんです。つまり、本当の核兵器の恐ろしさ、あるいは核の恐ろしさは、直接ガイガーカウンター持っていってこうやってさわって、ああ、どうとかこうとかいうのはあんまり怖くないんです。怖いけども、それは死んでも、「ああ、これは放射線で死んだ」って分かる。ところが、何で殺されたっていうのが分からずにたくさんの人が殺されてるわけです。
で、この被害がアメリカの政策と日本の政府の政策で隠されてるんです。つまり、「原子力発電所は安全だ」とか、それから「あとから入って少々の空気吸ったりしたのは、微量の放射線だから心配ない」。これがアメリカが戦後ずーっと世界に宣伝し、国連を動かし、国連に嘘の報告をし、国連の国はみんな放射線被害、原爆被害ってのは直接ピカッてやられたのが怖いんだ、そうでないのは心配ないって思ってるんです。
で、これはこの人は1週間後だからまだ何とか僕らは見当つけるけれども、半年後、1年後、5年後、10年後、20年後、30年後に死んだら全く関係ないことになっちゃう。こういうかたちで人を殺すのが核兵器だし、放射能なんです。
で、皆さん知らないけど、広島・長崎のヒバクシャはアメリカの占領していた8年間、「広島でヒバクしました」、「長崎でヒバクしました」っていうことを言ったら、警察に連れていかれたんです。皆さんはその頃の8年間のことを知らない。
http://www.jcan.net/tanpoposya/jco930/4th_2003/930_4th_hida.htm
残留放射能による死(低線量放射線障害) / アメリカによる原爆被害の隠蔽 / 差別の中での死(昭和25年〜30年) / 他の病名をつけられて死んだ原爆症の被爆者 / 死亡診断書が他病名になっている原爆病の被爆者
http://homepage3.nifty.com/kikigaki/gakusyuu00.html
▼少女・14歳の原爆体験記 橋爪文さん / 「原爆ホロコースト」の実態
http://www.asyura2.com/11/genpatu9/msg/946.html ←コメ1
広島大学の名誉教授である芝田進午氏は、原爆の対日使用は「人体実験」だったとして、1994年に次のように述べている。「広島・長崎への原爆攻撃の目的は何だったのか。1つには戦後世界でのアメリカの覇権確立である。そしてもう1つは、原爆の効果を知るための無数の人間への『人体実験』である。だからこそ、占領後にアメリカ軍が行なったことは、第1に、原爆の惨状についての報道を禁止し、『人体実験』についての情報を独占することだった。第2に、史上前例のない火傷、放射能障害の治療方法を必死に工夫していた広島・長崎の医者たちに治療方法の発表と交流を禁止するとともに、死没被爆者のケロイドの皮膚や臓器や生存被爆者の血液やカルテを没収することだった。第3に、日本政府をして国際赤十字からの医薬品の支援申し出を拒否させることだった。たしかに、『実験動物』を治療するのでは『実験』にならない。そこでアメリカ軍は全力を尽くして被爆治療を妨害したのである。第4に、被爆者を『治療』せず『実験動物』のように観察するABCC(原爆障害調査委員会と訳されたアメリカ軍施設)を広島・長崎に設置することであった。加害者が被害者を観察するというその目的自体が被爆者への人権蹂躙ではなかったか。」 http://hexagon.inri.client.jp/floorA4F_ha/a4fhc700.html
▼米の放射能人体実験
http://homepage.mac.com/ehara_gen/jealous_gay/plutonium_experiment.html
▼O・J・シンプソン-プルトニウムファイル、そしてチェルノブイリ極秘
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/oj--d754.html


スポンサーサイト

  • 2016.01.29 Friday
  • -
  • 22:14
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
▼イオンのお葬式 http://satehate.exblog.jp/16342422/
  • ちょここ
  • 2011/05/18 12:55 AM
▼驚愕 元東電社員の内部告発
http://www.asyura2.com/11/genpatu11/msg/819.html
  • ちょここ
  • 2011/05/27 10:09 PM
▼肺に入った放射性物質を取り除く方法 (飯山一郎HP)
http://www.asyura2.com/09/health15/msg/344.html
http://www.asyura2.com/09/health15/msg/347.html
▼米一番とぎ汁乳酸菌の育て方
http://komenyusankin.blog.fc2.com/blog-category-12.html
▼拡大培養 http://blogs.yahoo.co.jp/tisane8/4275992.html
  • ちょここ
  • 2011/05/28 1:41 PM
▼菅官邸が隠した「被爆データ6500枚」 衝撃発言「公表するなと命じられた」
http://www.asyura2.com/11/senkyo113/msg/794.html
  • ちょここ
  • 2011/05/28 11:43 PM
▼警告:東京など首都圏で低線量被曝の症状が子どもたちにおきているという情報
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/945898fc22160543b404a9ca949cefe5
▼4年後、癌を発症した子供たちが、ガイガーカウンターの役目を果たし、ホットスポットが判明する http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65738444.html
  • ちょここ
  • 2011/05/29 11:36 PM
▼体の中の0.2マイクロシーベルトの被曝は、100ミリシーベルトの被曝と同じである」ということを文部科学省が資料で発表しています。50万倍ですね。
http://savechild.net/?p=1748
  • ちょここ
  • 2011/05/31 10:56 PM
▼海外の分析「石巻市で増えている肺炎患者は実は放射線障害かも」
http://alcyone.seesaa.net/article/205992056.html
  • ちょここ
  • 2011/05/31 11:13 PM
▼「安全病」患者リスト・・・子供を被曝させたい人たち
http://goldentamatama.blog84.fc2.com/blog-entry-858.html
  • ちょここ
  • 2011/06/17 12:08 PM
▼フィルムバッジを持つということ(放射線管理の長い手)/ ABCCは何をしたか
http://onodekita.sblo.jp/article/46334237.html
  • ちょここ
  • 2011/07/02 11:09 PM
▼福島でヒロシマ、ナガサキと同じことが行われる
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-834.html
  • ちょここ
  • 2011/09/04 10:39 PM
▼トンデモ裁判、呆れた論理 東電弁護団それを言っちゃあ、おしめえよ 「セシウムは誰のものでもない! だから除染の責任はない」だって [12/12]
http://www.asyura2.com/11/genpatu19/msg/274.html
▼原発から飛散した放射性物質は東電の所有物ではない。従って東電は除染に責任を持たない (プロメテウスの罠)
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/653.html
http://onodekita.sblo.jp/article/50991877.html
http://blog.goo.ne.jp/y2sakaki-b/e/46fa9233a7c589f73fcbf86782a326a3
  • ちょここ
  • 2011/12/12 1:08 PM
▼被爆赤ちゃん1200人研究利用 遺伝影響調査で米 [4/21]
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1335003699/
  • ちょここ
  • 2012/04/21 7:36 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
search this site.
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
selected entries
recent comment
categories
archives
recent trackback
links
profile
Mail
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links