<< 原発と原爆 | main | 日本間接支配の手先 >>

スポンサーサイト

  • 2016.01.29 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


乳酸菌と放射能

前回の『ひふみメモ』関連から放射能までw
ホワイトホール銀河の地球の自然界はオルゴンに包まれてるんだけど、オルゴンが見えないとゆー人には、私独自の簡単に見える方法を教えちゃうw |覺屬猟昌襪任ない太陽に向いたまま、30秒ほど軽く目を閉じる。 ▲僂辰般椶鬚△韻董太陽を直視しないよーに、太陽から目をそらしてボーっと空を見る。 焦点を合わせないでボーっと見る。←空に焦点を合わせてしまうと微小オルゴンは見えないから。 い修靴燭蕁∋覲Δ涼罎砲い辰僂ぅ船チカと小さな粒が動き回ってるのが見えると思うw やってみそ♪
ウィルヘルム・ライヒが発見したオルゴンは、ガストン・ネサンが人体の血液中に発見したソマチッドと同じ。ソマチッドは人間の約60兆の細胞や約1000兆の常在菌に関与する。これは後述の飯山一郎老師の乳酸菌に繋がる。乳酸菌は善玉常在菌。乳酸菌・光合成菌もソマチッドも太陽エネルギーで活性化する。
ひふみ神示では肉食厳禁を繰り返し書いてるけど、肉食は悪玉腐敗菌のカタマリだからね。肉食人はクサイ(腐敗臭)けど、菜食人は悪臭はないし、乳酸菌を摂取する菜食人はウ○チの悪臭も見事にナイw 体が弱くて後遺症を持つ私も、菜食になってからは健康で、倒れることもなくなったしね。それに、ひふみ神示の「よく噛んで食べろ」というのも、乳酸菌で意味がわかるわ。 ひふみも書いてるよーに、私たち地球種族は「日の子」なのよん^^

▼ソマチッドと てあて http://www.teatejp.net/somatid.html
このソマチッドは細胞分裂させるトレフォンを生産していとされていて、又細胞に入り込みミトコンドリアを充電させるコンデンサーでもあるというのだ。そして、このソマチッドは電子を餌として活力を上げているとする。ソマチッドの状態が悪いときに人は不健康であるというのだ。生態電気はあらゆる生物が発生させているが、動物で言うと、血管という厚みのある管を生かすために、びっしりと血液をそこに運び栄養を運ぶために毛細血管が巻き付いているのだ。毛細血管には血液が詰まっている。と言うことは鉄分の細い糸でぐるぐる巻きにしていると言うことでもあるのだ。その中を血液という鉄の棒が通り抜けるのだ。そのときに生態電気が発生するのだ。
▼人体の血液中のソマチッド http://www.youtube.com/watch?v=Py-hutc5ZNM
▼ガストン・ネサンのソマチッド論
ガストン・ネサンは、血液中に免疫を司る不死なる知的生命体ソマチッドが存在し、生体をコントロールしていると言っています。日本においては、千島喜久男氏・牛山篤夫氏・松浦優之氏などの学者が、ソマチッドの存在を裏付ける研究をし、それぞれ結果を残しています。病気に支配される肉体は、元々ソマチッドが安住できる環境にないと言うのです。食事や生活の中で、ソマチッドが嫌う異物を大量に摂取すれば、常に健康を保つ為に働くソマチッドは、血液中の血小板や赤血球に殻を作って潜り込み、免疫物質としての活動を放棄すると言う明確な論理なのです。その状況が顕著なのは、現代医学の元凶“ガン”です。ガン患者の血液中に、免疫を司る筈のソマチッドは、全く存在しないのです。
http://homepage3.nifty.com/sparrows/somatid.html
▼ソマチッドについて http://www.gaston-academy.org/somatid/index.html
人体内でのソマチッドは、健康状態と病的状態とで全く違った様相を呈します。ちなみに健康な人の場合、ソマチッドサイクルの最初の3段階までの姿、すなわちソマチッド、胞子、二重胞子しか見ることができず、これ以外のカタチを確認することはできません。ところが病気をもった患者の血液中には、さまざまなカタチに変形・成長したソマチッドを見ることができます。ソマチッドは病的な環境を得て、突如バクテリア形態に変化し始め、その後も次々とソマチッドサイクルをたどっていくのです。

(以下、乳酸菌について。311がなければ飯山老師もタダで簡単な乳酸菌培養法をネット公開することもなかったという。しかもリスクを負ってまで。飯山老師には心から感謝したい。311以降、飯山老師は多忙の中、連日twitterなどで携帯番号も提示してひとりひとりの質問に一生懸命に答えておられた。)
★生米を洗った汚水?をペットボトルに詰め酸っぱくなったら飲め!吸え!なんて無茶だし,貴君が言うように,リスクも当然ある.もし死人でも出たら私は弁償に終われ破産!どころか逮捕される!では,なぜ?どうして私が百も承知でリスクをとったのか?貴君は分かりますか?http://twitter.com/#!/iiyama16/status/80813310714458113
▼乳酸菌の放射線防護効果および免疫能活性 http://www.brm.co.jp/pdf/52_2003.pdf
▼米のとぎ汁乳酸菌 作り方
http://komenyusankin.blog.fc2.com/blog-category-12.html
http://blogs.yahoo.co.jp/tisane8/4275992.html
http://okrchicagob.blog4.fc2.com/blog-entry-268.html
▼乳酸菌水の作り方 http://kinbow.seesaa.net/article/172712600.html
▼飯山氏掲示板抜粋 http://www5f.biglobe.ne.jp/~kasy/iiyama-001.html#con
9】日本中に放射能が舞い散る時代、味噌や醤油や漬け物など乳酸発酵食品は積極的に、意識的に食べるべきです。ただ、市販の発酵食品は、殺菌しているので生きた菌がいない。発酵効果のないカスみたいな食品が多いので気をつけましょう。
17】長崎の原爆のとき、味噌の乳酸菌が効いたからって今の市販の味噌は駄目だ。乳酸菌が生きているとガスが出て膨満するので馬鹿な消費者が嫌う。だから味噌のメーカーは殺菌消毒をしている。
32】光合成細菌は放射性物質を捕食するために鞭毛で移動していきます。放射性物質が菌体内に入れば、α線は出てきません。また放射線がエネルギーとして利用されて放射性物質は「劣化」します。放射性物質が微生物の体内に取り込まれて「劣化」するとは、半減期が縮小するほどではなく、微生物の電磁誘導作用に「感化」され電磁粒子を放射してしまう現象です。
33】微生物や植物の放射線や放射能に対する耐性は強力です。のみならず、微生物や植物は放射線や放射能を生命エネルギーとして利用しています。その利用の仕方は、核種の高エネルギーの一発的瞬間的発射ではなく、時間的に遅延させて少しずつ発射させるという仕組みです。
34】乳酸菌や光合成細菌は放射性物質を捕食し生命エネルギーとして利用する。この性質を利用して、肺の中に吸い込んだ菌体に肺臓内の放射性物質を捕食させ、痰として体外に出す。そのための乳酸菌培養です。生物学的原子転換はこの後の問題です。
35】玄米を百回以上も噛んでいると口のなかは唾液で一杯になるが、玄米の美味さが身体一杯にひろがる感じになる。これ、じつは米の豊富な栄養分を全身が求めている証拠なのだ。玄米を噛んでいるうちに、口内で玄米乳酸菌が増殖する。噛めば噛むほど乳酸菌が増える。この乳酸菌が放射能を無害化する…。
36】岡山大学医学部の研究によれば、腸内微生物から乳酸菌が消えると人間(とくに老人)は死亡するということです。人間の健康にとって、乳酸菌は絶対に必要なものです。
39】日本人の常識は菌の世界の非常識。日本人の常識は殺菌、滅菌、除菌、抗菌。バイ菌殺せ!消毒消毒!菌を殺す考え方。これからは乳酸菌をせっせと培養し、飲み、肺に吸い込む日本人だけが生き残る!キレイキレイ大嫌い!トイレに入った後、手を洗う人大嫌い!食事の前に手を洗う人も大嫌い!ボクはウンコした後も手を洗わない、この40年。
40】米のとぎ汁の残留農薬は全く心配無用です。万々一残留農薬があっても今の農薬は分解が早いし、乳酸菌が分解(生分解)してしまいます。安心して放射物質の浄化に使って下さい。
50】屁の悪臭成分を腸細胞が吸収すると細胞内に活性酸素が発生し、その細胞は癌化しやすい。だから屁の悪臭は早急に解消せよ!どうするか?良く発酵した米とぎ汁を飲め!
58】米のとぎ汁を発酵させる時、これからは必ず粗塩を入れるようにしましょう!塩は、海のなかで発生した地球上の生命体にとって必須のミネラルだ。生命現象は必ず細胞のなかで進行する。この細胞、とりわけ細胞膜は塩がないと形成されない。塩がないと細胞分裂も発生しないのだ。
63】米のとぎ汁をペットボトルに入れる。1週間後とぎ汁は乳酸発酵してボトルはパンパンになる。下手すると爆発の危険さえある。じつは…、爆発するような乳酸菌パワーの秘密は「乳酸菌グループのコラボ」にある。つまり乳酸菌はグループをつくり、そのグループの仲間たちと協力しあっている。乳酸菌の仲間とは、光合成細菌、放線菌、藍色細菌=シアノバクテリア、酢酸菌などだ。さらに、麹菌や納豆菌(枯草菌)や酵母も乳酸菌の仲間だ。こういった乳酸菌の仲間たちを総称して「発酵菌」と私は呼んでいる。発酵菌は、腐敗菌や病原菌を征伐し追放して「発酵環境」をつくってくれる。「発酵環境」は人間にとっては「健康環境」で、放射能障害からも守ってくれる。これは植物にとっても同じで、植物は発酵菌のお陰で病気にならず健康に育つ。しかしである。発酵菌には、発酵環境づくり以外に、もっともっと凄いトンデモない働きがある。それは一言で言うと「エネルギー転換」である。ようするに発酵菌は紫外線や放射線を利用して「光合成」をおこなっている。「窒素固定」というのもある。光合成細菌は乳酸菌の協力があると、大気中の窒素を大量に固定する。この「窒素固定」の後、植物、例えば稲は米という炭水化物をつくる。窒素固定。人間が大気中の窒素を化学工業的に固定する場合は膨大なエネルギーが必要だ。現に、アンモニア工業や窒素肥料製造工業の石油エネルギー浪費は大問題だ。ところが発酵菌はいとも簡単に空中窒素を固定してしまう。実際は発酵菌が利用する紫外線・放射線のエネルギーは膨大なものなのだが。ようするに…、稲が米という澱粉をつくるための膨大なエネルギーの供給者、それが発酵菌なのだ。紫外線や放射線という猛烈なエネルギーを稲に供給した発酵菌の住居・家。それが籾や糠を含む「米粒」だ。稲が米を製造したあとも発酵菌は米に付着して残っている。これは籾という稲の種を腐敗しないように守るためである。米に付着している発酵菌(乳酸菌)が保持するスーパー・パワー!その大変な凄さをいま、米とぎ汁の発酵に成功した方は実感されているはずだ。
83】乳酸菌はどこにでもいる。常在菌といって皮膚の表面にもいて空中の病原菌や病原性ウイルスから貴女を守る。
87】光合成細菌は紫外線ランプで培養できる。ところがエックス線を照射すると、光合成細菌が猛烈!激烈!に増殖するのだ。コレがさらにエスカレートし、ラドン→ラジウム→コバルト60と過激化していった。光合成細菌は放射性物質がある所まで鞭毛を回して泳いでいく!学問的には、「光合成細菌の鞭毛による走光性」という。光合成細菌を大量に培養する場合、消毒用の紫外線ランプを使う。消毒用の紫外線ランプで紫外線を照射すると、病原菌は全て死滅する。ところがである。光合成細菌は、消毒用の紫外線ランプで紫外線を照射すると、大喜びするのだ。紫外線ランプから発射される紫外線を少しでも余計に浴びようと集まってくる。そうして爆発的に増殖してゆく。光合成細菌を培養する水槽の紫外線が当たる部分には増殖した菌体が山をなす。それほどに光合成細菌は紫外線のエネルギーを浴びながら増殖するのだ。もっと驚いてしまうことがある。光合成細菌をペットボトルにつめて病院に持ってゆきエックス線を照射する。このペットボトルを持って帰り大きな光合成細菌の培養水槽に戻す…。すると、あと1週間はかかるであろう培養がなんと2〜3時間で完了してしまう。さらにこの放射線を照射して育てた光合成細菌で乳酸菌を育てると、乳酸菌も大増殖!それは、病院のレントゲン室で機械が熱くなるほどX線を照射した後のペットボトルをよく観察すると、X線が当たる面に光合成細菌の菌体がビッシリ付着しているということ。それは見事に光合成細菌がX線を求めて水中を走行した軌跡だ。そう! 光合成細菌は、放射線が来る方向に向かって泳ぐのだ。
105】米とぎ汁の乳酸菌は世界最強。腐敗菌も病原菌も即死させる。だから、米とぎ汁乳酸菌を飲んで甘酸っぱかったら肺臓に吸い込め!などという一見乱暴な提案ができたワケ。
106】骨や体内の細胞に取り込まれた放射性物質は米とぎ汁乳酸菌飲用では排泄できません。放射性物質の原子1個が放射線を発射するのは1回だけで、この時1個の細胞を癌化します。この癌細胞をマクロファージに捕食させて消滅させよう! という作戦に乳酸菌の摂取が必要なわけです。
113】穀物だけではなく全ての動植物が乳酸菌と共生している。だから全ての動植物の乳酸菌が利用可能だ。ただし私の経験上、米に付着している乳酸菌(発酵菌群)は最強。米とぎ汁の澱粉・ミネラルも最強。西欧の原発・放射能文化に対抗できるのは「コメの文化」だけ。
123】山梨・甲府の老舗衞鄰罎硫馗垢蓮湯を3週間無交換の乳酸菌風呂の湯を山梨県の検査機関に出したところ、大腸菌ゼロ!レジオネラ菌ゼロ!で検査機関の担当が「不思議だ!」と連発していた、と。乳酸菌が病原菌や病原性ウイルスを食べる様は、マクロファージと同じ!
▼飯山先生のツィートより http://komenyusankin.blog.fc2.com/blog-category-14.html
玄米を百回以上も噛んでいると口のなかは唾液で一杯になるが,玄米の美味さが身体一杯にひろがる感じになる.これ,じつは米の豊富な栄養分を全身が求めている証拠なのだ.玄米を噛んでいるうちに口内で玄米乳酸菌が増殖する.噛めば噛むほど乳酸菌が増える.この乳酸菌が放射能を無害化する….
小麦粉には乳酸菌は棲んでいないので乳酸菌の培養は出来ません。
▼飯山一郎師HPより http://grnba.com/iiyama/
◆2011/03/29(火) 微生物とっては紫外線も放射線も同じエネルギー
放射能で汚染された関東平野を浄化する作戦! この主役は『光合成細菌&乳酸菌』だ.光合成細菌や乳酸菌が,なぜ放射能を浄化するか? これは,飯山一郎が書いたMSGをもう一度読んで復習して欲しい.飯山一郎は親切な男なので,過去のMSGを読みやすいように整理した.題して,『光合成細菌』で放射能浄化!
さて…,微生物や植物は放射線や紫外線をエネルギー源として活用する.
この放射線,紫外線は,じつは電波の一種で,波長の長い順から並べると…,長波→短波→マイクロ波→赤外線→可視光線→紫外線→ガンマ線(エックス線).ここまでが電磁波で,アルファ線・ベータ線・中性子線などは「粒子線」.いずれにせよ…,微生物や植物にとっては紫外線も放射線も同じエネルギー.むしろ紫外線より放射線のほうがエネルギーが強いので,光合成細菌は喜ぶ!という,じつに頼もしい特殊な能力をもっている.実際に私は光合成細菌を培養する際,紫外線ランプどころかラジウムやラドンなどの放射性物質を光合成細菌や乳酸菌に与える.ここだけの話,じつはコバルト57やコバルト60など非常に危険な放射性物質を使ったこともある.いずれも光合成細菌と乳酸菌は大喜び,大変な増殖率を示した.ようするに,微生物の培養にとって放射能は役に立つ! 有用・有益なのである.
◆2011/05/19(木) 放射性物質に向かって泳ぐ光合成細菌!
私は昔,光合成細菌を大量に培養して売っていた.汚水処理装置の性能をアップする微生物資材として売れに売れた.だから私は毎日,光合成細菌を夢中で培養していた.けっこう儲かったからね.栃木県真岡市にある私の研究所には,あの頃の看板がまだ出ている.「飯山一郎は光合成菌で真岡から世界へ飛翔する!」とか書いてある.その名残の 光合成細菌 のページが,今もこのサイトにはある.光合成細菌を培養して売っていた頃,私はもの凄い発見をしていた.その頃,普段は紫外線ランプで紫外線を照射して光合成細菌を培養していた.ところがエックス線を照射すると,光合成細菌が猛烈!激烈!に増殖するのだ.コレがさらにエスカレートし,ラドン→ラジウム→コバルト60と過激化していった.ヤクザで不良な医者や臨床検査技師が面白がって協力してくれたからだ.光合成細菌は放射性物質を食う! 今,この発見が役立つとは思わなかった.もうひとつ.私は当時,別の発見をしていた,それは今回の「肺に入った放射性物質を痰にして出す!」につながる発見だ.どういうことか? 放射性物質がある所まで光合成細菌が鞭毛を回して泳いでいく!という発見だ.これは学問的には「光合成細菌の鞭毛による走光性」という問題だ.しかし放射性物質がある所まで光合成細菌が鞭毛を振って泳ぐ!という実用的な実験は私が世界初だろう.この後,私はもっともっともっと凄い発見をしたのだが,来客なので続きは後刻.
◆2011/05/19(木) 肺のなかの放射性物質に向かって泳げ!
光合成細菌を大量に培養する場合,私は消毒用の紫外線ランプを使う.消毒用の紫外線ランプで紫外線を照射すると病原菌は全て死滅する.ところがである.光合成細菌は消毒用の紫外線ランプで紫外線を照射すると大喜びするのだ.紫外線ランプから発射される紫外線を少しでも余計に浴びようと集まってくる.そうして爆発的に増殖してゆく.光合成細菌を培養する水槽の紫外線が当たる部分には増殖した菌体が山をなす.それほどに光合成細菌は紫外線のエネルギーを浴びながら増殖するのだ.もっと驚いてしまうことがある.それは…,光合成細菌をペットボトルにつめて病院に持ってゆきエックス線を照射する.このペットボトルを持って帰り,大きな光合成細菌の培養水槽に戻す….すると,あと1週間はかかるであろう培養がなんと2〜3時間で完了してしまう.さらに,この放射線を照射して育てた光合成細菌で乳酸菌を育てると,乳酸菌も大増殖!こうして私は,元気モリモリの光合成細菌や乳酸菌で大儲けできたのである.あ,大発見!の話を忘れそうになったので.いま話す.
それは,病院のレントゲン室で機械が熱くなるほどX線を照射した後のペットボトルをよく観察すると,X線が当たる面に光合成細菌の菌体がビッシリ付着しているということ.それは見事に光合成細菌がX線を求めて水中を走行した軌跡だ.そう! 光合成細菌は,放射線が来る方向に向かって泳ぐのだ.泳げ!光合成細菌.肺のなかで泳げ! 放射性物質に向かって.
◆2011/06/15(水) 「麦の文化」は「肉食文化」
「もう生鮮三品(肉・魚・野菜)は買えない! どうしたらいいか?」この質問に,皆さんは答えられるだろうか? 答えられないと,放射能時代を生き抜いていくことはむずかしい.しかし,大部分の人は答えられないだろう.なぜばらば…,今のような放射能地獄のなかで人間が生きていくことは,歴史上初めての事件で,どうやって生きていったらいいか? なんてことは,誰も考えたことがないからだ.誰も考えないことを敢えて考える! これが私の使命なので所感を発表したい.「もう生鮮三品(肉・魚・野菜)は買えない! どうしたらいいか?」この問いに答える前に,私なりの『文明史観』といったものを述べておきたい.
さて,すべての文明の基礎にあるのは,文明を支える人間の食文化だ.食文化の土台をなすのは「主食」の問題.つまり,アジア人の主食は「米」で,西欧人の主食は「麦」ということが土台となる.ところで「麦」は,「米」に比べると栄養がない.ヒトは「麦」だけでは生きていけない.「麦」だけでは栄養が不足するからだ.この栄養不足を補うために西欧人は肉を食うことになった.ところが西欧の冬は寒さが厳しいので草が完全になくなる.だから秋口に種牛・種豚・種羊だけを残し,全頭を屠殺して肉を塩漬けにする.ところがこの塩漬け肉にポツリヌス・サルモネラがわき,食中毒が大蔓延.この致命的な食中毒菌をおさえる「特効薬」が胡椒だった.大量の胡椒を獲得するために,大船団がアジアへと向かった.これが世界史上「大航海時代」と言われる歴史区分のはじまりである.こうして獰猛な肉食文化人によってアジアは収奪され尽くすことになる.
いっぽう,アジアにおける「米の文化」とは如何なる文化なのか? 先ず,米.これは稲という植物が水と太陽光と炭酸ガスから光合成した澱粉だ.米という澱粉は,世界最良・最高品質の澱粉=炭水化物だ.なぜ? どうして世界最良なのか? なんといっても美味い!なぜ? 美味いか?米には,人間が生存していくための全ての栄養分が含まれている!だから米は美味いのだ! 麦は,栄養分がないからマズイのだ. 人間が生きていくために必要な全ての栄養分が含まれている米!アジア人は,だから,米を食っていればよかった.外の土地に押しかけ,その土地のモノを収奪する必要はなかった.これがアジアにおける「米の文化」だ.長くなった.今回の結論は,米には人間が生存していくための全ての栄養分が含まれている!
◆2011/06/17(菌) もちろん!
「もう生鮮三品(肉・魚・野菜)は買えない! どうしたらいいか?」この質問の答は,もうお分かりと思う.答は,玄米だけ食べていれば,人間は生きていける! ということ.重要なことは,玄米を食え! ということ.白米だけでは駄目ですよ! ということ.ただし,食べ方がある.ともかく皆さん,しばらくの間生鮮三品(肉・魚・野菜)など買わなくていい.いまは…,玄米を食べる時の絶対条件,100回噛む! これを練習しておいて下さい.

(関連)日本仙人道:霞の食い方 http://apocalypsenow.jugem.jp/?eid=109
飯山先生曰く、とぎ汁乳酸菌は、豆乳9:乳酸菌1の割合で作る『豆乳ヨーグルト』にした方が、乳酸菌が格段に増える。

(関連)
▼太陽を食べる男 … 松果体、「第三の目」の活動を助ける役目を果たします。
http://x51.org/x/03/06/3049.php
太陽光線は全ての生物の生命維持エネルギーの元。植物は光合成によって太陽光線をエネルギーに変換して溜め込む。動物は植物を食べることによって太陽エネルギーを間接的に体内に取り込む。結局、生物は直接、間接を別にすれば、太陽エネルギーを食べて生きる。
http://www.ishiki-level.com/suneating1.htm
(ついでに、小食の方がいいからね)▼カロリー制限で長寿化:サルで実証 July 9, 2009.
http://wiredvision.jp/news/200907/2009071022.html

スポンサーサイト

  • 2016.01.29 Friday
  • -
  • 22:17
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
▼飯山氏、拡大培養の「秘法」を明かす
http://okrchicagob.blog4.fc2.com/blog-entry-272.html
  • ちょここ
  • 2011/07/31 9:51 PM
▼乳酸菌作り http://www.minusionwater.com/nyuusankin2.htm
▼乳酸菌豆乳ヨーグルト作り http://www.minusionwater.com/yogult.htm
▼放射性セシウムの無害化 http://www.minusionwater.com/cesium.htm
▼乳酸菌について 東大 坂村教授に反論する
http://www.minusionwater.com/nyuusankinsakamura.htm
▼あやしい放射能対策? http://www.minusionwater.com/nyuusankin3.htm
  • ちょここ
  • 2011/09/15 10:46 PM
■『放射能生活の注意事項 一億人のために』
http://www.asyura2.com/09/health15/msg/394.html
  • ちょここ
  • 2011/09/25 6:50 PM
▼飯山さんに電話してみた。http://hujihaharetar.jugem.jp/?eid=5
  • ちょここ
  • 2011/10/05 9:16 PM
◆たったひとりの乳酸菌 … ただの真夏日なのに今年は若年層が熱中症でバタバタと倒れている.これは事件なのだがメディアはたんたんと報じるだけ.事件だとは報道しない.だから誰もが事件だとは思わない.その実態を政府とメディアが必死で隠蔽しているため,表面的には平穏な社会に見える.だから「放射能! 放射能!」と騒ぐ人間は嫌われる.下手すると基地害あつかいされる.ようするに騒いでは駄目!つーこと.決して騒がず,密かに,隠れて,
・たった一人でナマ玄米食
・ひとりで味わう豆乳ヨーグルト
・ひとり静かに浴室避難
この『乳酸菌3点セット』を隠密裏に実行していくほかないワケ
http://grnba.com/iiyama/more24.html#ws0916
◆最近お医者さんに「もーあと2週間ぐらいでしょう」と言われた昏睡状態の末期癌の患者に豆乳ヨーグルトを食べさせたら,昏睡状態から回復して「あー,良く眠った!」と言って目が覚めたので家族は大喜び,お医者さんはビックリしてたという嬉しい報告が私のところに(4月以降)3件もきました.機序というか原理というか仕組みは簡単で,末期癌の患者は腸のなかがモノすごく腐敗している.
http://grnba.com/iiyama/index.html#ws1008
  • ちょここ
  • 2011/10/08 10:49 PM
▼食事で放射能の影響を減らすことができるか?
http://ww4.enjoy.ne.jp/~macroway/index.html
▼放射線関連がんの食事法
http://ww4.enjoy.ne.jp/~macroway/trans/radiation.html
  • ちょここ
  • 2011/10/15 2:28 PM
▼光合成菌による放射性セシウムの吸収
http://www.minusionwater.com/hikarigouseikin.htm
  • ちょここ
  • 2011/11/18 10:06 PM
◆『本命は、豆乳ヨーグルト!』先ず、米とぎ汁乳酸菌。これは、豆乳ヨーグルトをつくるための“種菌”と思っていただきたい。その理由は、乳酸菌の密度。米とぎ汁乳酸菌の乳酸菌の数は、1cc中に、せいぜい数百万個しかいない。いっぽう、米とぎ汁乳酸菌で豆乳を発酵させて豆乳ヨーグルトをつくり、それがピリピリ・シュワシュワの酸っぱい豆乳ヨーグルトならば、1cc中に何と! 2億個とか3億個というケタ違いの乳酸菌数になるのだ。この膨大な数の乳酸菌が胃酸にもめげずに小腸に達すると、2時間も経たないうちに血中にマクロファージという白血球が激増する。こうなれば、免疫不全にならないし、癌が発症することもなくなる!
http://grnba.com/iiyama/index.html#ws1124
◆冬の寒さは、乳酸菌にとっては“阻害要因”だ。つまり乳酸菌の元気がなくなる。だから今までの常温培養法ではダメだ。どうしたらいいか?正解は、加温することだ。30℃くらいまで温度をあげることだ。そうすると、今までどおりに乳酸菌はバンバン増殖してゆく。だから米とぎ汁も、玄米をひたす水も、豆乳も、30℃〜40℃に加熱すべきだ。参考までに私のやり方、加温の仕方を写真でお見せしたい。
保温器などは要らない。アンカで良い。タッパーに、40℃位に温めた豆乳(9)、米とぎ汁乳酸菌液(1)、黒糖(2%)、粗塩(1%)、オリゴ糖(2%)、ニガリ数滴を入れ、良く掻き混ぜたらフタを閉めてアンカの上に置く。タッパーを膝掛け毛布や古タオルなどで包む。次の日に豆腐のように固まった酸っぱい豆乳ヨーグルトが出来ていれば合格!オボロ豆腐のようでも酸っぱければ合格だよ!
http://grnba.com/iiyama/index.html#ws1125
  • ちょここ
  • 2011/11/27 6:53 PM
◆“神”が書いた乳酸菌の本 …後藤利夫著『あなたの知らない乳酸菌力(パワー)』
http://grnba.com/iiyama/index.html#ws1201
◆浴室を安心・安全空間にしよう! http://grnba.com/iiyama/index.html#ws1202
  • ちょここ
  • 2011/12/04 2:22 PM
▼乳酸菌噴霧で玄米の放射能が4分の1に減った
http://www.minusionwater.com/nyuusankingenmai.htm
  • ちょここ
  • 2012/01/07 9:50 PM
こちらのページで飯山先生の存在を知りました(「さてはてメモ帳」内のリンクから来ました)。これこそ私が311以降求めていた情報でした。有益な情報を分かりやすくまとめて頂き感謝の言葉もありません。早速知り合いには拡散しました(大半の人から基地外扱いされるだけかも知れませんが・・)。生玄米食含め早速実践しようと思います(ベジを6年続けているのでスンナリ入れると思います)。本当にありがとうございます。
  • mbc
  • 2012/01/19 10:35 AM
mbcさん、ども^^
飯山先生の『日本仙人道:霞の食い方』もまとめていますので、ご参考にどうぞ。
http://apocalypsenow.jugem.jp/?eid=109
飯山先生曰く、とぎ汁乳酸菌は豆乳9:乳酸菌1の割合で「豆乳ヨーグルト」にした方が、乳酸菌が格段に増えるそうです。
  • ちょここ
  • 2012/01/19 11:42 AM
◆放射能ゼロ空間をつくるんだぞ!/豆乳ヨーグルトができて一人前!
http://www.asyura2.com/09/health15/msg/439.html
  • ちょここ
  • 2012/01/21 1:54 PM
▼発酵マニアの天然工房
http://kinokokumi.blog13.fc2.com/blog-entry-2883.html
  • ちょここ
  • 2012/02/24 8:10 PM
▼矢ヶ崎克馬名誉教授が「豆乳から作ったヨーグルト」推奨
http://alcyone-sapporo.blogspot.jp/2012/04/blog-post_3715.html
  • ちょここ
  • 2012/04/01 8:51 PM
▼乳酸菌…(wiki)乳酸菌は発酵の際、ビタミンCも生成し、発酵前の生乳等のビタミンCよりも濃度が高くなる。植物性乳酸菌は、野菜や豆、米や麦などの植物素材を発酵させる乳酸菌のことである。漬物や味噌、醤油、さらには酒やなれ寿司などの米の発酵食品まで、さまざまな食品に生育している。植物性乳酸菌の効果として,免疫活性作用、発癌物質の排出・分解、便秘・下痢の解消、病原菌感染の予防などが挙げられる。
▼暴露:禁じられた治療法
http://satehate.exblog.jp/15885868/
リンゴよりもミカンの方がペクチン多いようです。チェルノブイリは北の大地なのでリンゴだっただけhttp://twitter.com/nishiokazutaka/status/235667124536889344
みかんにはペクチンという食物繊維が大量にあります。このペクチンはみかんの果肉にもありますが、皮と果肉の間にある白いスジや袋に多く含まれています。
http://www.miyazakiya.jp/webshop/hyuganatsu/fresh001.html
▼人間と環境への低レベル放射能の脅威2 + (食事的)防御法のいくつか
人体中のSODなどの酵素や食物中のビタミンやミネラル類などの抗酸化物質は、活性酸素に対する防御機能があり、被曝後の影響低減の可能性となりうる。
通常のいろいろな抗酸化剤(味噌汁、乳酸菌なども含む)が、(特に慢性的低線量)被ばくに対して防御効果があるだろうと言えることになります。
http://satehate.exblog.jp/16691730/
▼ミネラル含有熱処理酵母に放射線防護効果を確認、被ばく後投与でも
http://www.nirs.go.jp/information/press/2005/03_24.shtml
▼生体内核変換を示唆する田崎和江博士のセシウム除染実験
http://amateur-lenr.blogspot.jp/2011_12_01_archive.html
放射性セシウムの無害化 http://www.minusionwater.com/cesium.htm
  • ちょここ
  • 2012/11/11 11:18 PM
▼光合成細菌成分による最新の放射能除去技術!3日間で最大90%の放射性物質を除去! http://saigaijyouhou.com/blog-entry-1026.html
  • ちょここ
  • 2013/10/13 10:38 AM
▼放射能を既に肺いっぱいに吸い込んだ人は、一体どうすれば良いのでしょう?/放射性物質に向かって泳ぐ光合成細菌!/豆乳ヨーグルト 玄米ぶっこみ法
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1820710.html
  • ちょここ
  • 2013/12/17 10:31 AM
▼自然農をされている方から、微生物がたくさんいる土は放射能の数値が低いんだよ、って教えてもらいました。家のまわりと畑の土と比べてみたそうです。そしたら畑の土の方が圧倒的に低かった。
https://twitter.com/momo_ei/status/428802874680676352
  • ちょここ
  • 2014/01/30 6:36 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
search this site.
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
selected entries
recent comment
categories
archives
recent trackback
links
profile
Mail
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links