<< 日本間接支配の手先 | main | 放射能人体実験 >>

日本仙人道:霞(カスミ)の食い方

前々回 『乳酸菌と放射能』 の続き。
飯山一郎老師ブログhttp://grnba.com/iiyama/より転載させていただきます。
日本仙人道:霞(カスミ)の食い方  銑
先日,広瀬 隆が鹿児島県根占市における講演で強調したことは,「東日本には,もう食べるものがない!」ということであった. ドイツのテレビ局が福島を取材して述べたことは,「これは食べ物ではなく放射性廃棄物だ.文明国のやることとは思えない!」 この厳しい現実が,いま,日本列島全体に拡大し,拡散しつづけている. やがて日本中の食べ物が「もはや食べ物ではなく放射性廃棄物」となるだろう. 今後2万4000年も消えない“黒い雪”が,日本列島に降り積もっていくからだ. しかし悲しいことに,それでも大半の日本人は“放射性廃棄物”を食っていく…. なぜか?ほかに食うものがないからだ.そして政府とマスコミが,「食ってはいかん!」とは言わないからだ. それではいったい…, 「食うものがない!」という現実を知っている我々は,どうしたらいいのか? 安全な食べ物が全くないという“現実”のなかで,危険な食べ物は一切食わずに,いったい,どうやって生きていったらいいのか? 何か方策はあるのか? ある!


さて,仙人道.これは仙人になって放射能地獄を生き抜く仙術の集大成である.その第一歩は,覚悟を決めることである.どういうことか?「わたしは,普通の人間であることをやめ,修行を積んで仙人になる!」と強く決心することが必要だ.ようするに,考え方や生き方を,ガラリ! 180度変えなければならないのだ.英語で言うと,「パラダイム・シフト」だ.このことは,約半年前,私は皆に強く言っておいたはずだ.もう一度,ココをよーく読んでほしい.なぜかというと,小出裕章氏が言っているように,「3・11以降、世界が一変した。今までと違う世界に生きる覚悟で生き抜いていくしかない。」ということなのだ.ようするに…,日本には,もう食べ物がないのだ….
40〜50年前,日本は貧乏だった.食べるものも少なかった.つねに飢餓感があった. 東京オリンピックの後,日本は急速に「豊かな社会」になった. しかし,その豊かさは物質的な豊かさだった.(この国は精神的には相変わらず貧乏だ.) その証拠が「飽食」だ.テレビも美味いものを食う場面ばかり放映している.太ったタレントが主役になって食いまくっている.まるで豚みたいだ.その「デブタレ」を喜んで見ている視聴者も,食い過ぎで生活習慣病になった. 「飽食の時代」,日本人は,老衰ではなく,生活習慣病で死ぬようになった.その反動で,いま,粗食・少食の時代が来て,少食の人ほど長生きしている.そのことは上の本を読めば良く分かるし,納得できる.それどころか,『奇跡が起こる超少食―超少食で難病が治った!』(甲田光雄)という本には「超小食」でガンなどの難病が次々に治っていった実例が満載だ. ようするに,人間はほとんど食べなくても生きられるのだ新潟の山田鷹夫さんは水だけで生きている! 一日に青汁一杯だけで元気に13年も生きているヒトもいる.(cf. 上の本) この秘密は,じつは,腸内細菌が際限なく増殖することにある.腸内細菌が際限なく増殖すれば,これが蛋白質や脂肪を補給してくれるワケだ.つまり少食でも,粗食でも,食べなくても,水だけでも,人間は生きていける! このことを完全に認識し,完璧に実践し,仙人になる! …これが日本仙人道だ. …というワケで,明日からは,何をどのように食えばいいか?! その実践法を,皆で,実際に,実行してゆきたい.
生の玄米81粒を1時間舌下錠のように口に含んでいてください
…30分も経つと,生の玄米が口のなかでふやけていきます.
…生の玄米に付着していた乳酸菌や光合成細菌や酵母が,口のなかで どんどん増殖します.
…口のなかは乳酸菌が増殖した唾液で一杯になります.
…清澄な山の霧(霞=かすみ)を仙人が口中に溜め飲み込む感覚です.
…その感覚が分かったら,唾液だけをゆっくり飲み込んでください.
…そうして1時間後,ふやけた玄米を,ゆっくりゆっくり奥歯で噛んで下さい.
…噛んで,噛んで,噛んで,噛んで,噛みしめて下さい.
…すると唾液で口の中が一杯になりますから,唾液だけを飲み込みながら,噛んで,噛んで,噛んで,噛んで,2時間以上噛みしめて下さい
…やがて玄米は,口のなかでドロドロした醪(もろみ)になります.
…この間に飲み込んだ唾液が180ccを超えた頃,満腹感が出てきます.
…わずか81粒の玄米(と唾液で),人間は満腹するのです.
…さらに,噛み砕かれた生玄米と唾液は,腸内で大変身をなしとげます.
…どんな大変身か?
噛み砕かれたナマの玄米と唾液が膨大な数の微生物に化けるのです!
…これを腸内フローラと言います.
…健康な人間の腸内には400種を越える,総数で約100兆個もの腸内細菌が バランスよく住みついています.これが腸内フローラ(お花畑)です.
『日本仙人道:霞(カスミ)の食い方』だが,「生米・生麦・生卵」ではないが,生玄米は,とにかく精魂込めてユックリ・ユッタリと噛んでほしい.噛みしめてほしい. さらに, ナマ玄米のほかに,ビックリ炊きした玄米も噛みしめてほしい.「ビックリ炊き玄米」は,普通の炊き方の倍にふくれて炊き上がる.
だから,一日に1合の玄米だけで生きていける
ようは唾液を大量に出す研究と工夫と訓練と修行が大切なのだ
「一流企業の食材宅配サービスなので,すっかり安心していたのに…」とんでもない恐ろしい実態があった! と教えてくれたのは埼玉のA子さんだ.産地表示が何かヘンなので,何度も執拗に聞きただしたら…,「私どものコメは370ベクレル以下なので出荷してます.ハイ.」という答えがかえってきたんだそうだ.日本は,一事が万事,コレである.ようするに,東日本には,もう食べるものがない! のだ.いや西日本にだって,フクシマが放出する農産物を混ぜている業者がいる.それどころか,わざわざフクシマまで超安値の農産物を買い付けに行く! なんてことは当然の商行為らしい.あくどすぎる! なんてことは,悪商人たちは思いもしない.なにせ「放射能を平均化する」とは,細野モナ大臣も公言していたことだし…. 食べるものがなければ,食べなければいい! 悲しいが,そして何とも腹立たしいが,我々にはコレ以外に防衛策がない.つまり,放射能で汚染された食物は,一切食べない! という生き方だ.その究極の提案が,ナマ玄米81粒だけで生きていこう! という方法だ.これは,玄米81粒を栄養源にするという提案ではない.玄米81粒が含有する栄養素とミネラルによって腸内微生物を増殖させて,腸内で大増殖した微生物がタンパクや脂肪といった栄養源になる!…という考え方だ.
ところが…,「ナマ玄米は,噛み始めるとほんの数分で噛み終わってしまい,すぐに胃袋へと流れていってしまう.飯山は,2時間噛め! と言うが,無理だ!」という声が多数寄せられた.ワハハハハハハハハハハハハハハハーーーー!!まったくチミらは,工夫が足りない.知恵も足りない.努力も足りない.
ズバリ正解を言うが…,舌下にあるナマ玄米81粒を,一度に噛み始めてはダメじゃ.舌の下からナマ玄米の一粒づつをユルユルと舌の上に出して,一粒づつをユックリ・ユッタリ噛みしめてゆくのじゃ.これを81回,数えながら繰り返す….分かるね? 修行じゃよ,修行.これからは,何事も修行なのじゃ.分かったね?
よく発酵した豆乳ヨーグルトは,酸っぱいというより,舌がピリピリと痺れる.シュワシュワ・ピリピリの豆乳ヨーグルトは,乳酸菌が1cc中に2億個もいる.こういう乳酸菌濃度が濃い豆乳ヨーグルトを食べると,血中でマクロファージがグーンと増える.当然,ガンになる確率もグーンと減る.(豆乳ヨーグルトhttp://blog.livedoor.jp/lngdata/archives/51913079.html)よく発酵した米とぎ汁乳酸菌を浴室に噴霧する.道具は,100均ショップで買った噴霧器でいい.この噴霧器を浴室の天井に向けて,シュッ・シュッと4〜5回ほど噴霧する.(乳酸菌風呂http://www.asyura2.com/11/genpatu11/msg/486.html 光合成細菌はヨモギが強力らしいhttp://grnba.com/iiyama/hikari.html)これで空中に浮遊していた放射性物質が霧の水滴と一緒に下に落ちる….すると,アララ不思議! 浴室の空中線量がゼロになる.この放射能のない浴室空間に逃げ込むことを「浴室疎開」と言う.ただ単に「避難」でもいい.一日に1回,1時間ほど避難して深呼吸すれば,ストレスがガクンと減る.被曝した体細胞の修復も,わずか1時間の間にグーン! とすすむ.
そうして一日に81粒のナマ玄米を,最低2〜3時間かけてゆっくり食べる.問題は唾液の量だ.大量の唾液と81粒のナマ玄米で,腸内の微生物が大増殖する.たったこれだけで,(満腹感の一歩手前の)満足感が多少でも出れば,あなたは「九百人」だ.「九百人」とは,まもなく「仙人」になれる! そういう人間のことだ.日本現代=放射能時代における「仙人」とは,一体どんな人間なのか? それは,明日,具体的な「仙人(仙女)」に登場願って語っていただく所存.本日は,豆乳ヨーグルトと,放射能ゼロ浴室と,ナマ玄米食で,放射能地獄を生き抜いていく人間になる! という決心と覚悟を改めて再確認されたい!
仙人,いや仙女になる! と決心して修行を続けている女性が横浜にいる.彼女は,ブルースをピアノで弾き語る,ハマでは知る人ぞ知るプロの歌手だ.私がクダクダ語るより,論より証拠,彼女からのメールを読んでみよう.
おはようございます。あれから毎日びっくり炊きと生米の食べ方の練習を続けています。生米は舌下錠のように舌の裏に入れるには30粒が限度のようです。これを30分〜1時間は噛まずに舌の裏に置いて、あとは気分で少しずつ噛んで含んでいます。びっくり炊きは出掛ける時に小さな御握りにして持って歩いて30〜50粒ずつ齧り取って、その数十粒だけで時間を掛けて食べます。お握り1個で、なんと1日ハードに動き回ったのに体力が保ちました。次の日も疲労していません。こうして,びっくり炊きと生米を併用して少しずつ不食に近付けています。1週間ほどで、今までの1食分位の量で1日過ごせるようになってきました。
最も変わったのは口腔です! 口腔の健康が劇的に変わった気がします。今まで3年間ほど、何故か口の中がベタベタして不快で、録音の時も口の中の音が入ってしまうので無意識に口を開けない癖が着いて困っていました。当然口腔は不健康で、歯茎は紫色が増えて歯槽膿漏の口。どんなに頑張って歯を綺麗にしても歯医者さんに通っても治らず、歳かなぁと落ち込んでいたのでした。それが、玄米の生米を口に含む練習を始めた翌日から急に変化が起きて、日を増す毎に口腔の不具合が治って行き、驚いています。口腔の健康を取り戻すと同時に日米語ともに発音しやすくなり、口唇と顎関節周りの筋肉の動きがスムーズになり、発声がスムーズになり、歌い方が変わり、説得力のある歌を歌えるようになってきました。或る日突然歌い方が変わったので周りがびっくりしています。話し方と話し声も変化したようで、街でバッタリ会った興行師さんに挨拶したら、「みどりちゃん、ちょうどいいところに来た!」と引っ張って行かれて秋のイベントに向けてスカウトされました。(笑) 挨拶回りの最中に現場に居合わせた初対面のお客さんたちも声に感動し、是非応援したいと言って盛り上がってなかなか帰してくれず、なんだか良く分からない人気が発生しています。
* * *
生米を噛まずに口に含む練習は、やはり毎日続けると少しずつ慣れるみたいですね。今は1時間なら余裕、2時間だとちょっと読書でもしながら気を紛らすなどの工夫が必要ですが、時間は確実に伸びています。目標は最初に飯山先生に教えて戴いた4時間です。そのうち仙人のように朝の生米30粒で1日ハードに運動しても足りるようになれるでしょうか。
考えたんですが、今まで防災用品の備蓄のうち一番の悩みの種が食品でしたが、生米数十粒で1日元気で居られる身体に変えておけば防災備蓄が劇的に減って便利ですよね。友達に玄米の効用を説明する際、飯山先生の名言、「牛は草しか食べずに肉や乳を造れる」を言うと非常に説得力があって、みんな訝しがらずに納得してくれて嬉しいです。私も哺乳類本来の生命力を取り戻すのに牛を想定して毎日練習を続けています。また変化が起きたら報告します。珠玉の玄米を送ってくださって本当に有難うございました。こんなに人生が変わってしまう予感って、生きて来た中で何度も無いことです。もう諦めずに頑張れます。 早野翠

どうだろうか? 放射能が降る街に住んで,ナマ玄米を食っただけで,生き方がガラリと変わった一人のオンナ.彼女は,すでに,ほとんど仙人,いや仙女である.
なによりかにより…,(以下,言わないほうがいいことを,サラリ言ってしまうが…,)
ナマ玄米を口に含んで,口内で発酵させれば…,米とぎ汁をペットボトルに詰めて…,手間暇かけて発酵させるなんてことは…,豆乳ヨーグルトをつくるとき以外は…,ほとんどやらないでいい…,鴨よ.


スポンサーサイト

  • 2017.11.20 Monday
  • -
  • 21:08
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
まとめ、ありがとうございます。m(_ _)m
リンクさせて頂きました。
takehariyさん、リンクありがとうございます^^
飯山老師は素晴らしい方ですよね。
友人は恐れ多くも(w)、突撃電話してご教授いただいたそーなw
http://hujihaharetar.jugem.jp/?eid=5
  • ちょここ
  • 2011/11/09 11:14 PM
▼絶食の魅力とは? その大先生は皇帝ペンギン
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1829789.html
  • ちょここ
  • 2014/02/05 10:16 PM
▼俳優の榎木孝明さん、30日間の「不食」生活
http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51916779.html
  • ちょここ
  • 2015/06/20 11:52 AM
▼僕の消化器系は贅沢機能になった。
http://ameblo.jp/eigo-garage/entry-12193052066.html
  • ちょここ
  • 2016/08/27 8:34 PM
▼飲まず、食わず、出さず!? 70年間“不食”で生きる聖者を15日間監視⇒神経学者「光合成かも…」
http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/22643
  • ちょここ
  • 2016/10/01 8:36 PM
▼21年の間、殆ど食物を口にせずに水と太陽光から摂取する栄養で生きてきた不食人間を研究者が本気で研究中
http://anchikaluto.blog.jp/archives/52059485.html
  • ちょここ
  • 2017/03/10 1:36 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
search this site.
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
selected entries
recent comment
categories
archives
recent trackback
links
profile
Mail
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links