<< 安倍談話 | main |

スポンサーサイト

  • 2016.01.29 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


カナンと歴史のお勉強

むちゅかしー。とりあえず、「古代エジプト→シュメール→バビロニア→フェニキア→カルタゴ→ベネチア→アムステルダム→ロンドン→NY」なのかな?
■カナン人の正体 http://bewithgods.com/hope/doc10/10-23.html
■カナン人の謀略 http://bewithgods.com/hope/doc13/13-8.html
(関連)●エジプト文明序論 / 古代インド,古代中国の宗教・哲学・学問の最も古い源がエジプト。ヒンズー教に影響を与えたインダス文明は前2300-前1700年。そのヒンズー教・釈迦・孔子は,その奥深いところで大きな影響をエジプトから受けている / [聖なる科学]は[永遠哲学]の基礎。[永遠哲学]の断片は,グノーシス主義者,スーフィー主義者(イスラム教の神秘主義者),秘教主義者,薔薇十字団員,フリーメーソンに生き続けている/エジプトの誕生は前3万-前2万3千年頃。
http://apocalypsenow.jugem.jp/?eid=22

●イングランド銀行設立から見えてくるもの / ロンドンを活動拠点としていた時代にはロスチャイルド家などが生まれたように,NYに活動拠点を移すとロックフェラー家が生まれてきた。[主流]は歴史的に[フェニキア→カルタゴ→ベネチア→アムステルダム→ロンドン→NY]と主要活動拠点を移動してきた金融家 / 同じ一族が移動してきたという解釈。ロスチャイルド家は,たった200年ほどの歴史しかない / オレンジ公ウィリアムは[フェニキア=カルタゴ]の末裔
http://plaza.rakuten.co.jp/HEAT666/diary/200507290000/
●カナン人 / ウィリアム3世の侵略に手を貸したアムステルダムの銀行家達は英で富豪一族となった。これによってカナン人の一大運動は真の世界権力となった。ウィリアムが王位に就いたことで英の王座は黒い貴族の系譜に組み込まれ今日に至っている。カナン人はよく仕えた人物には必ず報償を与える。英貴族とロスチャイルド家と姻戚関係 / カナン人はノアの息子ハムの息子カナンの子孫。カナン族は紀元前12世紀に名前を変え,フェニキア人として知られる。カナン人=フェニキア人=カルタゴの後裔=ベネチアの[黒い貴族]邪神バールを崇拝する儀式を神聖とする宗教観。ルーツはエジプトカナン人はメロヴィング朝フランク族(神聖ローマ帝国の[本流])でもあり,これは後のハザールでもあり一時期コーカサスにもいた。イタリア最大の大富豪(銀行家)メディチ家(15世紀)がイタリアの[黒い貴族]の長。メディチ家の財産はメディチ家が断絶した時.神聖ローマ皇帝フランツが継承,つまりハプスブルク家(フランク族=カナン人)がメディチ家(黒い貴族=カナン人)の財産を継承 / ハザール王国史
http://plaza.rakuten.co.jp/HEAT666/diary/200508200000/
●闇の権力の精神的支柱 カナン人であるという事 / カナン人には2つの潮流が生まれています。1つはフェニキアと改名して地中海周辺に散っていった流れ / イスラエルの民はこの命に背き,カナン人を絶滅できず,カナン人と混血してイスラエルの民がカナン化することになります。これが旧約聖書にある記述 / カナンの遺言…互いを(自身の集団のみ)愛すべし,略奪を愛すべし,猥褻を愛すべし,汝の主を憎むべし,真実を語るべからず / 地中海に面するカルタゴは,フェニキア人=カナン人の植民地で,貿易と商業で栄えますが,数回に及ぶ新興国ローマとの抗争に敗北。中世以降はフェニキアにちなんで建てたベニス(フェニキア→ベネチア→ベニス)を基盤に通商に長じたベニス人となり地中海を使って交易。ベニス人=フェニキア人=カナン人は世界的な力を獲得し,独占体制によって膨大な利益を上げ,欧貴族家系と婚姻を結びますが,欧王家・貴族と混血しても西洋人よりも皮膚の色が黒かった為[黒い貴族]と呼ばれます / 黒死病を仕掛ける / 16世紀にイングランドはフェニキアの末裔に寄生されます。17世紀にはスコットランドもフェニキアの末裔の勢力下に置かれ,アイルランド征服後にイングランド銀行,通貨発行権が獲得されます。17世紀初頭にはアムステルダム銀行が発足しており,18世紀の黒い貴族オレンジ公ウィリアムによる英国王室乗っ取りを支えています。
http://www.asyura2.com/0403/bd34/msg/122.html
●旧約聖書によると,ユダヤ民族の始祖アブラハムが[カナンの地](現在のイスラエル,パレスチナ付近)に移住。彼らは[移住民]という意味のヘブライ人と呼ばれた。ダビデ王,ソロモン王の時代の後に滅亡,紀元前17世紀頃,ヘブライ人はカナンの地から古代エジプトに集団移住。古代エジプトの地で奴隷とされた。[出エジプト記]は旧約聖書の2番目の書であり,[創世記]の後を受け,モーセが虐げられていたユダヤ人を率いてエジプトから脱出。エジプト第19王朝の時代に大きな気候変動が起こり,エジプトのヘブライ人指導者モーセが中心となって60万人の人々がエジプトからシナイ半島に脱出
http://kono87.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-2165.html
古代ギリシャはエジプト黒人の植民地 / アテナの女神も黒人だった。今でもポセイドンの先祖をギリシャ神話で辿ると,エジプトに行き着く。このことは欧でも近代初期までは自明のこととして受けとめられていた。
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/whis/1328967355/
●シュメール…(wiki)文明の初期の中心となったのはシュメール人であるが,シュメール人は民族系統が不明である。シュメール語圏にはセム語を話す人々が混住していた。シュメール人は,奴隷を使役した。王達は,軍隊や商業を支配し,都市を統治した。戦車を発明し,銅製の兜・革製のキルトなどを着用した。更に彼らは,ウシ・ヒツジ・ヤギ・ブタを飼育した。シュメール人は、鋸・革・のみ・ハンマー・留め金・刃・釘・留針・宝石の指輪・鍬・斧・ナイフ・槍・矢・剣・にかわ・短剣・水袋・バッグ・馬具・ボート・甲冑・矢筒・鞘・ブーツ・サンダル・銛などを製造する技術を持っていた。
●太古の[黄金の時代]の終焉をもたらした地殻変動(大洪水)の後にメソポタミアに出現したシュメール文明。それがバビロン,エジプト,ローマ,ロンドン(バビロンドン)と変遷し,今日の世界支配ネットワークになった。
●エジプト→シュメール→インダス→黄河と伝播 / ナチスの幹部は金髪碧眼・高身長なんていなくて黒髪直毛・鷲鼻のトルコの血が濃い
http://www.geocities.jp/kamuiluke/essay/truehistory7.html
●アーリア人は金髪碧眼白肌が特徴という事になっているけれど,もともとは黒髪だったと考えられている。
http://www.geocities.jp/kamuiluke/essay/truehistory8.html
●シュメールなどのメソポタミア文明はエジプトから来ている可能性
http://www.geocities.jp/kamuiluke/essay/truehistory11.html
●エジプト神話と旧約聖書 / 桓武天皇一派が歴史改竄や先住民弾圧を繰り返している。
http://www.geocities.jp/kamuiluke/essay/truehistory13.html
●日本書紀とかに出てくるヤマタノオロチ退治の話は出雲風土記には出てこない。ヤマタノオロチ退治伝承は多分ヘラクレスのヒドラ退治伝承の変形。上エジプトのシンボルが鷹で下エジプトのシンボルが蛇。シュメール風に解釈すると牛=天父神,蛇=地母神,鳥は天地の子・風神の象徴 / 征服王のシンボルは獅子。シュメール語で(犬・強い)という意味で,大きな四足猛獣の意味。バビロニア語でギルガメシュていうのは,元はシュメール語で征獅子王という意味。エジプトでは残酷なセトは狼の頭と人間の体を持っている事になってるけど,これが(犬・強い)という事になるんじゃないか。
http://www.geocities.jp/kamuiluke/essay/truehistory14.html
●ニッポンなる国は百済語の国名であって,日本書紀は藤原氏や百済系王族・貴族が天つ神や先住民の歴史を抹殺して国を奪い取る為に作った歴史。そして自民党の安倍首相の顔は,高句麗騎馬民族直系の顔。騎馬民族は戦争を中心にしてしか物事を考えてない。彼らは[国益の為の戦争]や,スパイ・暗殺・戦争工作などを当然だと思っている。税金を搾取する事,植民地から安く買い叩く事を当然だと思っている。自然を破壊するのを当然だと思っている。自己中心的に考えて,逆ギレするのを当然だと思っている。立派な人を茶化すのを当然だと思っている。他人を不幸にして優越感に浸るのをエリートだと思い,詐欺を平気でやってのける。そして自分が同じ事をされると怒るけれど,そういう事をするのは常に同じ騎馬民族に過ぎないのであって,[国]など関係ない。今,平和憲法を放棄しちゃ駄目だよ。いつも難民とかを法律を口実に迫害しておきながら,邪悪な侵略事業の為には新しい法律でも作る。二枚舌に自分で気づかない。現代の地球を支配しているのは到底正統な権力とは言えないし,ごく当然の事も判らないファシズム野郎ども / ミカエル=ゼウス=インドラ=天照大御神。[ほつまつたゑ]ではアマカミ・アマテルは男性。
http://www.geocities.jp/kamuiluke/essay/truehistory17.html
カナン人は,鷲鼻のトルコ系騎馬民族・フェニキア人
http://www.geocities.jp/kamuiluke/essay/truehistory18.html
●ハプスブルク家も初めは鷲鼻を特徴とするトルコ系騎馬民族。メディチ家も鷲鼻ばかり / ナポレオンが皇帝になった時なども,フランスにも欧州王権連合にも金を出して,どちらが勝っても儲かるようにしていた事など,ちょうと藤原氏のやり方とそっくり / ロスチャイルドの孫ヒトラーは,ドイツ・オーストリアのユダヤ人は殆ど殺してなくて,フランスとかから連れてきたユダヤ人ばかり大量に殺してる。
http://www.geocities.jp/kamuiluke/essay/truehistory19.html
カナン人はその後フェニキア人と名前を変え,赤子の生け贄で悪名高いバアル信仰をカルタゴの地で行っていた。カルタゴの滅亡後はヴェニス,ジェノヴァの商人となり,イギリスを支配し,ローマから北に移ったロマノフ教会を倒す為にWW1を計画
http://www.geocities.jp/kamuiluke/essay/truehistory20.html
●日本神話とユダヤ神話には,偶然にしてはできすぎの一致
http://www.geocities.jp/kamuiluke/essay/truehistory21.html
●ローマ皇帝というのは[世襲]ではない。歴代の皇帝の中には黒人がいたり,アラブ人がいたりする。
http://my.shadowcity.jp/2014/12/post-6260.html
●ローマの[栄光] / バビロンとシュメールから出たイルミナティの血流は,ローマに移り,欧植民地帝国などを経て世界中に広がった。この血流は彼らのシンボリズムを宗教の中だけではなく,社会に適用している。このバチカンの[宗教]芸術の上部にあるピラミッドと目のシンボルを見て欲しい。
http://icke.seesaa.net/article/31361038.html
ローマに滅ぼされた古代カルタゴ…ローマに追い詰められたカルタゴが生んだ最後の英雄ハンニバルはスペインで暮らし,ケルト人ガリア人と行動を共にした。彼は死後,北欧神話における隻眼の死と戦争の神オーディンと呼ばれる。カルタゴを滅ぼされたフェニキア人は地中海を逃れ,ガリア(仏),ゲルマニア(独),北欧に落ち延びていった。フェニキア人が作っていた巨大な竜骨船は,後にバイキングに受け継がれる。やがて神となったオーディンに急かされるよう,ゲルマン人たちはローマを襲い,自分達の国を建国。その新しいゲルマン人達が信仰していたのがキリスト教。ローマが既に広汎にキリスト教化されてから,もう一度ゼノンと同じ厳しい精神的な立場に立つ人が2人現れた。2人共教父で,2人共カルタゴ人。彼は教会の長老となったが,教会の組織を,とりわけ反ローマの地下活動と解していたふしがある。彼は例えば書いている。[しかし我々は既に全世界に浸透した。都市,居住地区,宮殿,行政機関,学園,軍隊に迄も] / ローマ帝国に布教する以上,人身供犠を持つ宗教は受け入れられなかった為に供犠は姿を消した。しかしバールの信仰は続いていた。供犠は形を変えて行われるようになった。それが戦争 / フェニキア人は魔術を使って冥界に住まう霊を呼び出していた。その仕事を,後にユダヤ教徒が受け継いでいった。それがユダヤ魔術カバラ。
http://satehate.exblog.jp/16756107/
●ケルト人…ケルト人がいつブリテン諸島に渡来したかははっきりせず,通説では鉄製武器をもつケルト戦士集団によって征服されたとされるが,遺伝子などの研究から新石器時代の先住民が大陸ケルトの文化的影響によって変質したとする説もある。いずれにしてもローマ帝国に征服される以前のブリテン島には戦車に乗り,鉄製武器をもつケルト部族社会が展開していた。
●ドルイド…名称の由来は,Daru-vid([オークの賢者]の意味。Daruがオークを,vidが知識を意味する)というケルトの言葉。なお,vidはサンスクリットのvedaと同源。
ゲルマン人…元来はローマ帝国によるゲルマニア地方に居住する諸部族。彼ら自身は,同じコーカソイド人種に属し,用いる言葉(ゲルマン語派)や文化面において一定の共通性が存在。
ゲルマン人=アーリア人…人種的にはコーカソイド。中央アジアにはその後もイラン系アーリア人が残り,後にスキタイ人が黒海からシベリアまでの広い範囲に栄える。
■ハザール王国の謎 http://inri.client.jp/hexagon/floorA4F_ha/_floorA4F_ha.html
●宮廷ユダヤ人の経済力に依存したドイツ / ロスチャイルド財閥も宮廷ユダヤ人 / ユダヤ人資本家と深く結びつくようになったドイツ。
http://inri.client.jp/hexagon/floorA4F_ha/a4fhb300.html
●ハザール系ユダヤ人について / ノーベル賞受賞者の3分の1以上はユダヤ人といわれているが,マルクス,フロイト,アインシュタイン,チャップリン,キッシンジャーなどなどといった数多くの有名ユダヤ人達は殆ど白人系。どうして世の中には[白人系ユダヤ人]が数多く存在しているのか?本当のユダヤ人は白人ではない。[旧約聖書]に登場するユダヤ人に白人は1人もいない。彼らは人種的に[セム系]と呼ばれ,黒髪・黒目で肌は浅黒い。モーセ,ダビデ,ソロモン,イエスもみな非白人(オリエンタル)だったと記述 / 一般にユダヤ社会では白人系ユダヤ人を[アシュケナジー系ユダヤ人(アシュケナジーム)]と呼び,オリエンタル(アジア・アフリカ系)ユダヤ人を[スファラディ系ユダヤ人(スファラディム)]と呼んで区別。アシュケナジーとは独の地名にもなっているように,もとはアーリア系民族の名前。スファラディとはもともと[スペイン]という意味,これは中世欧時代のユダヤ人達の多くが地中海沿岸,特にイベリア半島にいたことに由来。8世紀以前の世界には白人系ユダヤ人は殆ど存在していなかった。それがなぜか8-9世紀を境に突然,大量に白人系ユダヤ人が歴史の表舞台に登場。[第13支族]著者アーサー・ケストラーは,白人系ユダヤ人のルーツはハザール王国にあると主張 / アシュケナジームは西暦70年のエルサレムの[ソロモン第2神殿]破壊以後,ライン川流域に移住したと伝えられたが,近年では彼らは7世紀に黒海沿岸に[ハザール王国]を築き9世紀初めにユダヤ教に改宗したトルコ系人種ハザール人の子孫とされてきている。10世紀半ばにはキエフ・ロシア人の侵攻でボルガ下流のハザール王国首都滅び,歴史の彼方へ消えていった / ハザールは6世紀欧東部に突如出現した騎馬民族。トルコ系言語を話し,謎めいた突厥文字を使用 / ユダヤ人の大部分は,モーセなど[旧約聖書]に登場するユダヤ人とは関係なく,10世紀末,ロシアに滅ぼされた後,東欧に離散したハザールの末裔/イスラム勢力の侵攻を防いだハザール王国/祖国を失ったハザール人は[ユダヤ人]として生きることになった / イスラエルを支配しているのはハザールの隣のガリチア人で,排他性,自堕落,自惚れ,狡猾,嘘つきを特性とする下層ユダヤ人
http://inri.client.jp/hexagon/floorA4F_ha/a4fha200.html
ユダヤの世界で権力を牛耳っているのは,ハザール西方のユダヤ改宗ガリチア人であるともいわれている。特にガリチア人は,概して洗練されたものには関心がなく,平然と嘘をつくし,信念よりも物質に重きを置く。おまけに地縁,血縁を軸とした派閥意識が強く,何かというとすぐに手を結びたがり互いに庇い合う。ことごとくがガリチアの出身者ではないだろうが,しかしこれらの特性を持ち合せていさえすれば,まずガリチア人といってよかった。(ユダヤ人作家ジョージ・ジョナス著[標的は11人─モサド暗殺チームの記録]より)
http://wiki911.lv9.org/section/024.htm
…今の支配層は確かに,性格はガリチア人っぽいなぁ。。歴史も文明もつくらない。奪うだけだもん。
●ハザール王国の歴史 http://inri.client.jp/hexagon/floorA4F_ha/a4fha100.html
●東欧ユダヤ人のルーツ / ユダヤ人は宗教上のアイデンティティーは守り続けたが,言語は都合のよいものに変えていった。ハザール人はイスラエル12支族の子孫ではないが,12支族のコスモポリタン気質と,その社会的特徴とを共有 / ロシアの影響下にある地域の外では,ハプスブルク帝国,とりわけガリチア地方に最も多くのユダヤ人が生活。ガリチア地方を支配するようになったハプスブルク家の政策は,ユダヤ人に好意的という訳ではなかった / ポーランドで独特のユダヤ人集落[シュテトゥル]は緊密なネットワークがあった。[シュテトゥル]と同じような集落が,かつてのハザール王国にも存在/アシュケナジームは西暦70年のエルサレムの[ソロモン第2神殿]破壊以後,ライン川流域に移住したといい伝えられたが,近年では彼らは7世紀に黒海沿岸に[ハザール王国]を築き,9世紀初めにユダヤ教に改宗したトルコ系人種ハザール人の子孫とされてきている。10世紀半ばにはキエフ・ロシア人の侵攻でボルガ下流のハザール王国首都が滅び,歴史の彼方へ消えていった。
http://inri.client.jp/hexagon/floorA4F_ha/a4fhb100.html
…[シュテトゥル]って,中国のユダヤと言われている[客家(ハッカ)]と同じね。
●ロシア-ユダヤ闘争史 / 8-9世紀,ロシア人はハザール王国と戦った。
http://inri.client.jp/hexagon/floorA4F_ha/a4fhb500.html
●19世紀末,露帝国には500万人のユダヤ人がいたが,その多くは貧しい人々で裕福な商人はごく一部。露にユダヤ人が多いのは,かつて露南部にハザール王国があり,9世紀にユダヤ教を国教として制定したことが一因。イスラエルではユダヤ人は[古代イスラエル王国の末裔]とされるが,ハザールの人々は古代イスラエルとは関係ないのでイスラエル建国運動に矛盾を与える。この矛盾を避ける為,従来の歴史認識では東欧露のユダヤ人は地中海地域から移住してきたとされ,ハザールの存在はタブー視されていたが,最近では世界的に認識が変わりつつある。
https://tanakanews.com/e0309russia.htm
…んで,突然歴史に現れた[コーカソイド]はネグロイドのアルビノじゃまいかと妄想w ちょーどその頃,地球に異変があったらしいもん。紀元前でも肌が白い[アルビノ]はいたらしいけど。311原発事故後の日本各地でも,色素異常のアルビノ生物が増えてるもん。昔の教会に残るマリア像は[黒人]だし。昔の彫刻や絵画の子どもたちはクルクル巻き毛だし。16世紀イギリスのエリザベス朝時代の異様な白い[エリザベスカラー]は,顔を白く見せる反射板じゃない? ハザール人はコーカサスにもいたけど,白人のアーリアン(エイリアン)を[コーカソイド]ってゆーもん。それに,アメリカのマンガでも白人と黒人の区別は,スクリーントーンだけぢゃんw 白人文明では「人類はエジプト発祥」とかゆーけど,それは白人・黒人だけだと思う。世界各地のモンゴロイドは骨格・構成が違うもん。日本では1万2千年続いたらしき縄文時代は争いもなく平和だったけど,渡来人がやってきた弥生時代からは中国系とかと雑種化してるし,カナン系もいたかもね。てゆーか,今じゃ欧米でも一般人はかなり雑種化してるね。戦国時代に武器弾薬代に売られた大量の日本女性やからゆきさんなどの子孫もいるでしょうしね。
★アシュケナジムはコーカソイド
http://www47.atwiki.jp/wikirace/pages/57.html
★地球も太陽も人類も,宇宙のあらゆるものは自分の磁場を持っている / 535-536年の1年間,太陽が暗くなり,この後6世紀には全世界を異常気象と伝染病の大流行が覆う / 6世紀中期の気象異変
http://oka-jp.seesaa.net/article/369316200.html
774年にも地球は強力なガンマ線バーストを浴びていた
http://oka-jp.seesaa.net/article/381116298.html
白人の出現は,黒人からの突然変異で説明できる。黒人と白人の皮膚を比べてもメラニン細胞の数には差がない。白人のメラニン細胞にはメラニン顆粒を作る能力が衰えているものが多いだけだ。すなわち,白人とは劣化した黒人なのである。
http://kadonolute.blog103.fc2.com/blog-entry-173.html
★アルビノ http://oka-jp.seesaa.net/article/299461641.html
★家族全員がアルビノとして生まれたインドの10人家族
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52072288.html
★パキスタンにあるバーティ族の村はアルビノが生まれる確率が非常に高い
http://ameblo.jp/channeling-source/entry-11587437135.html
★アフリカ東部では3千人に1人の割合でアルビノが産まれる / アフリカの黒人両親から産まれた5人の子供のうち3人もアルビノが誕生した事例
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=241827

スポンサーサイト

  • 2016.01.29 Friday
  • -
  • 14:31
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
●科学者:ユダヤ人の祖先の多くはトルコに住んでいた
http://jp.sputniknews.com/science/20160423/2012463.html
  • ちょここ
  • 2016/04/23 12:27 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
search this site.
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>
selected entries
recent comment
categories
archives
recent trackback
links
profile
Mail
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links