<< カナンと歴史のお勉強 | main | 番頭ワタナベに注目せよ! >>

「安倍政権が吹っ飛ぶ」 加計学園問題で関係者が重大証言

●「安倍政権が吹っ飛ぶ」 加計学園問題で関係者が重大証言 2017年4月13日 “首相が後ろ盾”と ほのめかす? ノンフィクション作家の森功氏が加計学園問題をリポート。14年3月13日、加計氏は獣医学部の新設に反対していた日本獣医師会を訪れた。蔵内勇夫会長とともに加計氏と対面した元衆院議員の北村直人顧問から、森氏は重大な証言を得た。リポートで次のように書いている。 「ないと答えるしかない」の意味深 〈実はこのとき「首相が後ろ盾になっているので獣医学部新設は大丈夫だ」と加計氏が胸を叩いたという話がある。実際、その議事録が存在するという説もある。北村は次のような意味深長な話をした。「議事録があったら、安倍政権がふっとんじゃうよ。だから私は『ない』と答えるしかない。相手は自民党の党友でもある安倍さんですからね。私は旧田中派の議員でしたから、口利きだって駄目だとは言いません。『安倍さんでしょ? あなたがたの後ろにいるのは』と尋ねたとき、加計さんはなんとなく頷いたかな」〉 加計氏が本当に「首相が後ろ盾になっているから大丈夫」と発言していたとすれば、安倍首相本人が便宜を図った疑いが強まる。議事録は残っているのか。「取材で議事録は存在するのだろうという感触は得ました。ただ、今のところ公表するつもりはないでしょう。『ないと答えるしかない』という言い回しが、すべてを物語っています。この問題を調べれば調べるほど、獣医学部の新設を熱望する首相の友人のために規制緩和のレールが敷かれたように見える」

http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/143.html ←コメント24

●≪北村直人氏インタビュー≫ IWJ:2017年7月15日 日本獣医師会顧問北村直人氏「実は今までの国会答弁を全て覆す牴歎彝惘爐△蠅瓩両攀鬚鮖っている」「参考人として呼んで欲しい」「実は加計学園ありきの証拠を持っているので証人喚問に出ます」「私の命を狙っている気配する」「安倍4条件は内閣府が作り、安倍が用意したイエスマンが承認しただけ。獣医師会は一度も呼ばれず。ましてや抵抗勢力などと呼ばれ、加計ありきの独裁国家と化した」「もうこれだけでも安倍晋三の証人喚問をやるしかないでしょう。全部彼のお友達、加計ありきのための道筋を用意させたのは最高責任者である内閣総理大臣ご本人なのは明らかなんだから」「(総理が獣医学部を1校に絞ったのは)慎重な獣医師会の意見を配慮したと…要請があったと…ここでは出せないが、11/9の一週間後に明確に四国・今治・加計の文書が出てくる。1校に限る前に加計ありき。それを言った大臣の議事録もある。指示は総理
加計獣医大と731部隊 北村直人という人がいるんだが、獣医で、元自民党の国会議員です。この人がインタビューで、爆弾投下w 加計獣医大がアベシンゾーのインチキだというのを暴いてます。≪北村直人インタビュー≫・文書が確認できなかった→おいおいこの世に北村直人という人間は実在しないのかよ。・これは政治主導ではなく安倍主導。国民の誰も望んでいない。・新任の山本大臣に石破4条件をクリアしてるかチェックしろと言った。文書の通り。・山本大臣(宏池会。高級官僚出身のエリート)が泥を被らされている。政治家の「義理と人情」は国民に向けられるべきであって萩生田(早実停学2回のゴロツキ)にではない。・そもそも論として獣医師とは何なのか国民に知って欲しい。・政府は獣医師会を「既得権益」「抵抗勢力」「岩盤規制」と呼ぶ。獣医師における規制とは一人前の獣医を育てるための制度。・アゴラの池田信夫(元NHK)は獣医師の試験をなくしてしまえとまで言う。キチガイ。・国家戦略特区は検事と裁判官を同一人物がやっているようなもの。・2007年に赤坂の料亭佐藤で加計と会ったときは獣医学部設置について非常に甘く考えていたようだ。後ろ盾の政治家を聞いたら「安倍晋三さんです」と言われ驚いた。・2014年に再び会ったときは自信満々。安倍・下村との間で話がついてるな、と思った。・獣医学部新設はできなかったのではなくやろうとする大学がなかっただけ。・「広域的に限り」追加後に山本大臣が獣医師会に来た時の議事録が完全に残っている。安倍政権の今までの答弁がひっくり返る内容。・石破4条件は安倍内閣の閣議決定なのだから安倍には守る義務がある。4条件は加計はもちろん京産大もクリアしていない。・国家戦略特区はアベノミクス第3の矢で成長戦略なんだからGDPの向上に寄与しなければならないはず。獣医学部作ってGDP上がるのかよ。・獣医は個体管理から群体管理にシフトしている。獣医の必要数が減ってアメリカでさえ仕事がなくなっている。・加戸守行前愛媛県知事の発言はその現状を全く無視。そもそも「12年間加計ありきだった」という犯行の自白だ。・加戸「獣医がいなくて鳥インフルの上陸を阻止できなかったー」渡り鳥が運んでくるのに上陸阻止なんてできるわけないだろ。・加戸「獣医がいなくて口蹄疫で苦労したー」四国ではBSEも口蹄疫も起こってない。・加計はそんなに獣医学部作りたいんだったら税金にたからず自分の金でやれ。・青山「獣医学部は定員超過で廊下で授業」は全くのデタラメ。・獣医学部を卒業した愛媛の学生「愛媛は給料安すぎて帰れない」加計の学部を新設する前に奨学金出せよ。・産経インタビューでの加戸発言は大嘘。喧嘩したのではなく恫喝された。・加戸には「獣医学部作るなら水産学部のある愛媛大学にしろよ」とも伝えた。なぜ岡山の加計学園誘致ありきなのか。・真夏に神聖な国会にマフラー巻いてきて「今治愛」をアピールする姑息ぶり。・唐木英明も吉川泰弘も「獣医師は足りてる。新設必要なし」だったのに加計にスカウトされるや正反対のことを言い出した。・今の科学界はサルを使った実験など受け入れない。ネイチャーはそんな論文載せない。吉川はそれがやりたくて仕方ない人だから加計の獣医学部の学部長を引き受けた。・かつて獣医師会がGHQに解体されたのは100部隊・731部隊があったから。その人脈は今もミドリ十字などに生きている。・だから日本獣医師会は2年に1度活動報告を公にし国民に開陳している。・どうしても実験動物がやりたいなら防衛医大に獣医学部作ってやれ。・NHKの記者でさえ肉声記録を欲しがるように。盗聴社会化が進行。・獣医師会はここまでコケにされた以上、自民党以外に投票せざるを得ない。・北村関連の文書だけ「確認できなかった」のは官邸が「北村はちょっとシメれば黙るだろう」とナメてかかったからだろうがそうはいくか。・京産大も石破4条件をクリアできていなかった。「広域的に」「限り」は京産大排除のためではなく、加計を無理矢理4条件クリアしたことにするため。・有識者会議に獣医師会が呼ばれたことは一度もない。・文科省の挙証責任とか言ってるがあの文言入れたの内閣府だろ。・追加の規制改革事項について(案)という文書にも同じ文言。これは有識者会議の作るもの。竹中らの「一点の曇りもないし関与していない」は大嘘。・獣医師会が「一校に限る」前に「今治、加計」は決められていた。議事録もある。・そもそも「一校に限る」は「こうなったら仕方がないから作るんだったら一校だけにしておいてくれ」安倍が言うように一校に絞るよう要請したわけでは全くない。・京産大が獣医学部新設の断念を発表。この時期にやったのは官邸の命令と見て間違いない。
≪日本獣医師会顧問・北村直人インタビュー≫ 2017.4.4
「視聴者の方から『国会で参考人として証言してください』という声も寄せられています」「実は、そういう話もあるんです。理事会での全会一致があれば、とお答えしています。 政治の世界というのは、『正しい事』を言うとドラム缶に入って海に浮かんでしまうような所ですから。今も電車に乗る時には、ホームの真ん中に立つようにしているのですが。 私は獣医師ですが、科学者だと思っています。尊敬する先輩から、科学者というのは人権擁護の立場に立つべきなんだと。そして、絶対に嘘をついてはいけないと教えられました。国と違い、防衛省・自衛隊には獣医官がいないんです。でも航空自衛隊には警備犬がたくさんいるんですよ。テロ等準備罪を作るぐらいなら、犬のほうがずっと有効。 今治市役所には獣医師が一人も雇用されていませんし、これからも雇用されないでしょう。ですから今治に獣医学部ができたとしても、今治市民の方にはリターンがない。 2014年3月13日、加計孝太郎さんが日本獣医師会に挨拶に来ました。まさに特区の流れが作られようとしている時。きっと『腹心の友(安倍総理)』から言われたんでしょう。 獣医学教育では『一対一』ですから、160人の学生を受け入れるということになれば、160人の教員がスタッフが必要になります。どこの大学も、今は教員が足りない状態。新設は無理です。 日本獣医師会に匿名で文書が。『教員スタッフのうちまだ学生で教育歴も皆無の者がいて、まっとうなスタッフは21人しかいない。これで文科省が認可するようなら告発する』と。 加計学園には、朝日と毎日の人間が天下りしています。ですから、彼らも加計のことはなかなか書けないのでしょう。加計はメディアにも手を入れているということですね。 獣医学部で160人も学生がいたら、もう授業になりません。おそらく加計さんは、国家試験のための予備校も作るんでしょう。どこまでもビジネスです。国家百年の計を語らせたくないです」「加計学園グループの吉備国際大学では、入学者がどんどん減っています」「今治では『四国枠』で30人を取るそうですが、そんなに需要はないでしょう。「この問題で安倍総理を厳しく追及する野党議員はいないのでしょうか?」「議員さんから何人か連絡はありましたが、議員会館に行くわけにもいかないのです。 国家戦略特区というのは、超法規的な存在ですよ。私が現役の政治家だった頃から、加計さんの影はチラチラ見えていました。これは絶対に許せないなと思っていました」「安倍総理と加計孝太郎さんは実によくゴルフをやっています」「歴代の総理大臣もそうでしたが、政治はゴルフ場で決まるんですね。トランプ大統領ともゴルフをしましたしね。 これまでにも赤十字とかの名誉職を引き受けるというケースはあったかもしれませんが、ここまで個別の法人の名誉職を引き受ける首相夫人というのは聞いたことがありません。国会で安倍総理が感情的になるのは、正しい事を言われているからなんでしょうね。森友問題で『関係があったらやめる』と言ってしまいましたし。でも総理が辞めても政策は残ってしまう。 国家戦略特区で国際競争力なんかあがりませんよ。私は加計さんと会った時、獣医学部を新たに作るのではなく、動物看護師の教育制度を整えたらどうですかと逆提案しました。 安倍さんと加計さんはズブズブですよ。国政調査権を持つ国会議員がこの件をしっかりと追及しなければなりません。自由と平等のバランスを取るのが政治です」「今治が特区指定されているのはいかにも恣意的な感じです」「与党の政治家の中には『なんで今治に獣医学科?』と思っている方も。首都圏にある既存の獣医学部の定員を増やせば十二分です。 麻生副総理は特区諮問会議の中で『失敗したら誰が責任を取るのか』と疑問を呈しました。しかし、彼も内閣の一員として総理を守る立場ですからね」「特区諮問会議の議事録を読むと、山本幸三担当相は『直ちに実現に向けた措置を行うよう総理から御指示をいただきました』と言っています。完全に『総理案件』ということですよね」「私たちは2010年の段階から加計学園を念頭に、特定の一学校法人による『大学ビジネス拡大の手段(場)』と化すようなことがあってはならないと言ってきました。今治に新しい獣医学部ができても、四国の獣医師不足の解消にはつながりません。四国出身者は、獣医学系大学を卒業しても少数しか四国に就職しませんからね。家畜の『越境国際感染症』については、獣医師の資格を持った都道府県畜産部局の方が主体となって実施します。大学の獣医学部は感染症対策の拠点になりません「最後に、千葉科学大学のこともお聞きしたいと思います」「ここでも特区を使って水産・獣医学部を作ろうとしています。今度の市長選に出る野平さんは岡山理科大にいたことも。「そして、この千葉科学大学にも安倍総理の姿があります」「防衛大学や母校の成蹊大学なら分かりますが、加計学園の式典に行くのはあまりに不自然ですよね」

≪日本獣医師会顧問・北村直人インタビュー≫ 第二弾
「まだ加計学園問題がここまでホットではなかった4月4日に、インタビューをさせていただきました。本日は第2弾です」「4月4日には本質論をお話できたと思います。あの時には今の状況を予想することはできませんでしたが。 私の名前の入った文書も出てきたが、政府が『確認できない』と。北村直人という人間は存在しないかのよう。『政治主導』という言葉がよく使われますが、自民党の党内手続きをきちんと踏むことが『政治主導』。今のやり方は、『官邸主導』『安倍主導』。 山本幸三氏は私の後輩。加計学園がきちんと4条件をクリアしたか、財政難の今治市が耐えうるかどうか確認してと伝えたら、『ウォッチする』と」「今治市民の黒川敦彦さんは、愛媛県が負担する事実を今治市民以外の愛媛県民は全く知らないと」「北村さんは石破さん、山本さんと長いお付き合い」「石破さんははっきりと『こういう話をした』と言ってくれている。山本さんは『あったかなあ』と。彼も可愛そうですよ。自分の意見を自由に言えない社会になりつつある。それが一番の問題。 顔を出して話してから、『岩上さんと付き合ってるのか?』『IWJは左がかってるぞ』なんて言われたり、無言電話をされたり。でもある意味、こういう意見を言える方が普通。みんなが一方向しか向かなくなる『安倍主導』なんて誰も望んでいない。 これだけ獣医師のことを取り上げていただいたのは戦後初めて。鳥インフルエンザや口蹄疫の時、全国の有資格者が現場に入って数時間で収束させる。そんなの日本だけです。かりに若干獣医師が足りないとしても、全国の獣医師がいつでも動けるシステム。 獣医師会は『抵抗勢力』『既得権益』『岩盤規制』だと。本当にそうだったら国家ライセンスなんていらない。厳しい受験勉強をし、6年間も死に物狂いで勉強し、国家試験を通って資格を得、1人前になるまでに10年。安倍総理は獣医療を全くわかっていない」「池田信夫氏は『資格をなくせば市場原理で優れたものだけが残る』と」「国家ライセンスはある程度規制することで、安心安全を担保すること。経済論に任せてしまうなら、届け出、ユーキャンでいいじゃないですか。こういう方とは論じたくない」「有識者会議に竹中平蔵氏や八田達夫氏」「国家戦略特区という構想自体は否定しない。ただ、諮問会議の有識者というのは提案を検証する役割のはず。ところが、彼らは自分たちが提案もしている。裁判官が検事もやっているようなもの。『広域的に限り〜』という文言は、竹中平蔵さんや八田達夫さんを含む有識者会議が、追加文書としてあげてきた文書の中に入っていた文言。彼らが『広域的に限り』という規制を作ったんです。都合よく獣医師会のせいにして論点をすり替えている。許せない」「北村さんは2014年3月13日に加計孝太郎さんの訪問を受けていたと」「2007年にも知り合いの獣医師経由で加計さんに赤坂の『佐藤』で会っている。後から知ったのは、その料亭は加計さんと安倍さんがよく会う場所らしい。2007年に会った時に加計さんから『獣医学部をつくりたい』と言われました。『息子が施設を見て、20〜30億で作れるかなと言っていて』と。びっくりして、『0一つ足りませんよ、500億くらいはかかりますよと言ったら、非常に不安げで。ところが第2次安倍内閣ができた後の2014年に会った時は、加計さんは堂々と胸張っていた。2012年に安倍内閣ができて文科大臣にお友だちがなった時『間違いなく獣医学部をつくるだろうな』と思いました」「下村さんですね」「もし総理出席の集中審議をやるなら、私を参考人として呼んでほしいと明確に伝えている」「自民党にですね」「総理は『獣医師会の強い要望で1校にした』と言っているが、覆る証拠もある」「その文書は閉会中審査の場で公開する?」「閉会中審査がいいのか、別のやり方があるのか。これまできちんと取材対応をしていただいたメディアには、きちんと公開しますよ。岩上さんにも公平にお送りします」「いくら先生が自民党員とは言え今の安倍政権は呼びたくないでしょう。野党から出るのは?」「野党は追及が甘い。私は田中派から始まりましたし、義理と人情がある。ただ、安倍ご夫妻には今すぐ退いていただきたい。自民党を愛するがゆえに言います」「証人喚問は?」「呼ばれたらもちろん行きますよ。獣医師会が既得権益でも抵抗勢力でもないことを、国民のみなさまにきちんとご説明したい。 よく産業動物獣医師が少ないと言われますが、農家戸数は減り、家畜の数も減っている。かつては個体を診察して治療していたが、今は群単位、農場ごと管理する方へシフト。米国では産業獣医師を作りすぎて食べていけない現象が起きている」「質は上げなければならないが、人数は減らさなければならないと」「普通の常識があれば手を出しません。だから加計さんに『やめなさい』と言った。もう一つ、『やるなら全資産を投げ出す覚悟でやりなさい』とも言いました。 前知事の加戸守行さんは『この十何年間、加計ありきでやってきた』と言っちゃった。愛媛県民はそんなの聞いてませんよ「加戸さんは『知り合い同士で何か始めちゃいけないんですか?』とも言いました。ちょっと待てよと思いましたよ」「全国の知事さんにわかっていただきたいのは、たくさんの獣医師を県内に雇う必要はない。知事は獣医師でなくても、家畜防疫員を任命できます。県内だけで収束させることは十分できる。そもそも、愛媛県でBSEや口蹄疫は全く起きていない「前川喜平前事務次官の参考人招致では自民党員が印象操作」「私が議員だった時も、党本部から『こういう質問をしてくれ』というのはあった。しかし、自分が質問する背後には全国民がいる、ということを意識していなければ」「自民党の青山繁晴議員は『獣医学科では定員超過により学生が教室から溢れてる』と」「冗談じゃない!こんなこと16大学のどこにもありません。どこの現場を訪ねたんでしょうね。獣医学でこんなことはありません」「加戸さんは『一番苦労したのが鳥インフルエンザ、口蹄疫の四国への上陸阻止』と」これが一番とんでもない。苦労したのは知事でなく獣医師。上陸阻止するなら、四国4件の知事が集まって全ての駅・港に消毒液を置き、入ってくる人を消毒すること「加戸氏は『一番強い反対は日本獣医師会』と」「本当に獣医師に愛媛県へ戻ってほしいなら、愛媛県が奨学金を出したり、知事さんが知事室を開放して、学生に県の良さを伝えればいい。獣医学部を作るなら水産学科がある愛媛大学にすべきとも伝えた」「産経のインタビューで加戸氏は『北村直人元議員は国会議員に根回しするわ、愛媛に乗り込んできて獣医師を増やしたらいけないと言うわ』『大げんかしました』と」嘘八百です。大げんかどころか、逆に恫喝されましたよ。『獣医師会が一番悪い』と」「産経は北村さんのところへ取材に来たんですか?」「全然。この前、初めて取材に来ましたよ。産経にも、読売新聞にも、愛媛新聞にも言っています。一方の当事者である北村のところにも来なさいと。やらないから『御用新聞』と言われるんだと。 16大学の会長だった唐木英明さんは、座長だった時に獣医師の需給動向を調査して発表。『将来ともに獣医師は足りています』と。なのに、先日『公務員獣医師と産業動物は足りない』と。それは加計学園で学長をしたから言っているだけでしょと。 新設獣医学部の学部長に就任予定の吉川泰弘氏も、現役時代は『新設・増員は認めない』と。それが今では『国立大学の教員の質が落ちているから、新しい優秀な学部を作ろう』と。天につばしていますよ。自分は東大で教えていたんだから」「今度、総理出席の集中審議に、唐木さんが出るとの話も」「唐木さんが出るなら、私殴り込みますよ。あの人の言っていること、デタラメだもの。『文科省は15回の申請を全て却下した』と。自分が却下したのに」「加戸さんは『欧米に遅れないような獣医師を養成しなけりゃならない』と」「彼は猿を使った動物実験をなどと言っていますが、そんなことしていると欧米に知れたら、総スカンです。欧米では犬でさえ使えない。そんなこと学生にさせられない。 今度学部長になる吉川泰弘氏は、動物実験がしたくてしょうがない人。その為の専門学校も作った。なぜ日本獣医師会はGHQに解体されたか」「動物兵器、生物兵器の問題」「PKOで世界に貢献していくなら防衛医大に獣医学部を作るべき「自民党が今月末に集中審議を受け入れるらしい。総理が集中砲火を浴びるのが嫌だと言っていたが、急転」「支持率の影響だと思います。小選挙区制では、支持率30%切ると『危険水域』ではなく『絶壁』」「共謀罪成立日に文科省が再調査結果を公表。『総理のご意向』文書は確認、北村氏の名前が書かれた文書は確認できなかったと「呆れてものも言えなかった。官邸は、『北村ならちょっとひねれば言うことを聞くだろう』となめたのかも」「萩生田官房副長官が書き換えを指示したとされる文章も公開。『広域的』『限る』という同じ文言が国家戦略特区における追加の規制改革事項について(案)という文書にも書かれていました」「追加の規制改革事項というのは、国家戦略特区諮問会議の有識者の方々がつくるものですから、彼らは『一点の曇りもないし関与していない』と言っていますが、この文書がある。自分たちが認めて、資料として出したんじゃないですか。この資料が物語っている」「『1校に限るという要件は獣医師回答の慎重な意見に配慮したもの』と安倍総理は言っていますが」「非常識極まりない。まだ出せませんが、11/9の後、『1校に限る』前に、大臣が明解に、四国・今治・加計といった議事録があります。加計ありき。一校にしたことで疑惑をもたれた安倍総理は、産経の講演会で『2校3校、全国展開』と。身内には強いことを言って『自分の考えだ』といって、他のところでは、獣医師会など他人に責任をなすりつけるような答弁。4条件は全くクリアーしていない。それをクリアーしたと判断したのは、議長ですから。ご本人がわかりやすく国民に説明すべき」「わかりやすく本当のことを言ったら、独裁を認めることになるのでは?」「責任を取って辞めますと、それが一番わかりやすいんじゃないですか」「菅官房長官は文科省の文書を『怪文書』と述べた。出所がはっきりした後、『怪文書という言葉だけが一人歩きしている』と逆ギレ』」「頭脳明晰な菅さんが、何で怪文書といってしまったのか」「言わなければならない事情があった?」「わかりませんが」「官房長官は、総理を守るものでしょう?」「駄目なものはダメという。それが女房役」「加計学園は生徒や教員を確保できるのでしょうか」「160名もどうやって実習するのか。青山議員が言ったような状態(廊下に溢れる)になる」加計学園には巨額の借り入れがあるという情報も?」「そういう情報はオープンにしないと。総理は『優秀な経営だ』と言っている。そりゃそうですよね。土地をタダで手に入れていたら。貸借対照表の読み方も知らないのかなと…」「加計学園の千葉科学大学を誘致した銚子市が財政破綻寸前。誘致したのは野平元市長。この人は元岡山県副知事で、岡山理科大の客員教授。当てが外れてほとんど経済効果はなかった」「それで落選しちゃった」「加計学園の創立50周年式典、安倍総理だけではなく、毎日新聞も登場。ヘリから社長の祝辞と花束が投下された」「毎日がここに天下っているという情報は知っていましたが。現場の記者はまじめなのに、トップがこれではかわいそう」「加計学園から見返りがあったんじゃないか。下村元文科大臣に違法献金疑惑が」「今になって、2012年以降の経緯を考えれば、そういうことも起きるだろうな、やってただろうなと」「千葉県成田市の国際医療福祉大学も加計学園と同じ構図。安倍総理によるネポティズムは続いていくのでは」「国家戦略特区は外資を呼び込むことから、医療や獣医療になじまない。成田だって外国人旅行者のための医療ツーリズムが最初にある。国際医療福祉大学のために臨床をやる先生方を集めると、無医師町会が出てくるかもしれない」「医学部を抑制していたのは理由があるんだ」「東北に震災特区を作りましたが、既存大学は定員減に。この大学の事務長は厚労省局長の天下り。 獣医師会は国の決めたことに従わなければならない。法の中で獣医療をやっているから。加計学園については8月末に答申が出るのを待つしかない。ただし、オープンな場で議論していただきたい」「証人喚問に呼ばれたら、先生はどうしますか?」「堂々と行きますよ。これまで主張してきたことを繰り返すだけ。そして、政治家の嗅覚で感じたことを感じたままに述べる」「証拠の文書もあると」「来週中にもなんとかしたい。まだ戦いは続くと思います。8月の答申がどう出てくるか。その時にまた、お呼びいただければ。岩上さんと解説をしながら多くの方に『こんなんでいいのか!』とやらしていただきたい」


スポンサーサイト

  • 2017.12.17 Sunday
  • -
  • 13:31
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
search this site.
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
selected entries
recent comment
categories
archives
recent trackback
links
profile
Mail
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links