<< 図面公開:ワインセラー | main | 文科省審,10月下旬に判断延期+バイオハザード >>

【IWJ×黒川×森山】+【田中眞紀子x黒川】

「加計学園」獣医学部の設計図を入手!建築費水増し疑惑はさらに濃厚に!?「今治加計獣医学部を考える会」共同代表・黒川敦彦氏と建築エコノミスト・森山高至氏に岩上安身が緊急インタビュー (敬称略)

岩上「黒川さんの調査では今治市民の63%が獣医学部新設に疑問をもっていると」黒川「関心が高まっています。建築着工後に説明会が行われたので、この問題が知られていませんでした」岩上「クロ現が設計図面を取り上げる予定だったのに、官邸の圧力で番組自体が差し替えられたという噂も。NHKは『設計図を報じるから他社には出さないでくれ』と言いながら報じなかったと」黒川「NHKに『出さないでくれ』と言われたので出さずにいたら、NHKが報じないので、お盆明けから私たちも動き始めました」岩上「NHKは信義則違反ですよ」黒川「このディレクターは飛ばされ、連絡もとれず」岩上「NHKは謝るべき。傲慢です。IWJがNHKに取材をしたところ『8月7日から28日まで特別編成にすることは6月末から公表していた。クロ現で加計学園の設計図面について報じると放送予定に記載していた事実はない』とコメントしました」黒川「でも『待ってくれ』と言いましたよ」森山「黒川さんが『じゃあ他のところに持っていきますよ?』という確認もとれなかったと?」黒川「僕も待てないから、他に出しちゃった。で、ごめんねの電話したら出ないんです」岩上「やらないなら、こんな約束すべきじゃないんですよNHKは」黒川「設計はSID創研、大建設計、アイサワ工業がやっていますが、SID創研は加計学園の子会社なんです。SID創研をかませてマネーロンダリングしている」岩上「自民・逢沢一郎のアイサワ工業ともズブズブだと」黒川「SID創研はほぼペーパーカンパニーです」岩上「かなり金儲けの仕方を知っている学校法人なんですね」黒川「いかに儲けようかというやり方ですが、岡山理大以外は赤字です」岩上「少子化の中でこれだけ展開していくのは無理がある」「そして設計図です」森山「建物というのは基本箱。天井、壁、床が何でできているのかを見る」岩上「いきなり最上階がワインセラー黒川「研究的にはずさんという指摘がありながら、パーティールームは大きい。問題はワインセラーなども補助金請求の中に含まれる可能性。ワインセラーだけでなく中身も入れろというかも。『男たちの悪巧み』はワインで始まったからワインで終わるのかと。どう見ても学食ではなさそう」岩上「寺脇さんが『ワインセラーが置いてあるなんて聞いたことない』『設置審審査にひっかかる』と」黒川「民進党・桜井充議員が今日のPT(プロジェクトチーム)で突っ込むと、文科省はノーコメント。大臣でも答えられないのだから、答えられるわけない。この設計図面は建築現場にさえほとんど出ていないくらい、厳重に管理されている。僕らは3月から設計図を要望し続けた。96億円の根拠が不明だったから」森山「入札もやってない?」黒川「『答えられない』と」森山「入札していないなら理由を明かさなければならない」黒川「(グループ企業の)SID創研にお金を落としたかったんだろう」岩上「今治市関係の政界に詳しい人から聞いたのが、今治市議会議員は加計さんにお世話になっているのではと」黒川「1000万円を受け取ったのではという疑惑で25名が告発されている。市議会議員は32名」岩上「ここまで今治市政がおかしいなら加計さんの影響は大きすぎる」黒川「僕の家に匿名の投書が来たりする。『こんな不正を見ました』と」岩上「『バイオセーフティ―レベル3』施設としての構造・耐久性を満たしているのか」黒川「最先端研究をするための設計になっていないと」森山「最先端研究をするから認可されたのではないのか黒川「バイオハザードが100%起きるという専門家も岩上「広い部屋の一角にレベル3があってはいけなくて、別棟にしなければいけないと。教職員の研究室が近くにあり、5階にあるからウイルスが漏れたら階下に流れ落ちると」森山「専門家の指示を受けながら作るはず黒川「全くの素人が作ったのだろう。今回は四国に鳥インフルエンザを上陸させないためというストーリーだったのに、最初から高病原性鳥インフルエンザの検査、診断、実験、研究の実施が不可能な設計になっていると。こういうことも含めて8月の設置審は延期になったのだろう」森山「これ豊洲市場と全く同じじゃないですか。使う人(専門家)がこう指摘するんだから。専門性がないならなんでわからないままに書き込んでしまったのか」黒川「総理のご意向で平成30年4月におしりを切ってしまったから」岩上「そもそもウイルスとか扱う気がないのでは?」黒川「バカ野郎という話ですよ、それで国家戦略特区通ったんだから岩上「詐欺ですよ」黒川「『建築コストをケチって普通の住宅やオフィス程度に作っていることがバレバレ』と指摘する専門家も」森山「専門家の意見を聞いていると、そう簡単に手を出してはいけないように見える」黒川「こういう施設を設計建設したゼネコンじゃないと本当はやってはいけない。その場合坪単価150万円もありうると」森山「特殊な建物なのだろうと思っていたが安普請黒川「文科省の設置審は図面ではなく間取り程度のものしか見ないと」森山「設計図の詳細がないと審査しようがないじゃない。建物にP3と書いたら誰でも通ってしまうってことか」黒川「本当に審査してくれるのか、わからない」森山「設置審の委員名簿は?」黒川「非開示。内閣府のワーキンググループは最初から安倍総理のお友だちメンバー。しかも議事録は座長が出したくない部分を削除した『議事要旨』のみ。原票はなくなっている」森山「よくなくなりますね、最近。これもっと表沙汰にしないとまずいよ岩上「だからマスコミがドン引きしてるんでしょう、ものすごい圧力がかかっているはず黒川「学部長になる吉川泰弘氏は研究者というより行政マンに近いと」森山「『悪巧み』と言っても頭の良い人はいない」黒川「吉川教授は設置審から『延期』と聞いて絶句したと。吉川さん自身もちゃんと見てなかった」森山「新国立競技場みたい。JSCはスタジアムがどうなっているかわからないまま進めた」黒川「スケジュールが最初に決まっていて中身はどうでもよかった」

文化放送ラジオ、ニュースワイドサキドリ田中眞紀子x黒川敦彦】加計学園疑惑 建設費水増し請求疑惑※森友とケタが3つ違う!内部告発で図面流出!崖っぷち安部政権!建築のプロが見ても倉庫に毛が生えたレベル!7階に謎のワインセラー!国家戦略特区の疑惑に迫る 田中真紀子「(言いたい事は)沢山あり過ぎますけども、加計学園も森友学園も混ぜて言いたい。加計学園の資料を入手されたこと、大変大きな結果として評価したいが、それを含めて今回の一連の問題は刑法65条の1項、共同正犯についてのこと。森友も加計もその他全て後ろにいる犯人は安倍晋三総理大臣。安倍晋三が加計晃太郎を使い、森友学園に便宜供与し、安倍昭恵を使っている。それについては後で詳らかに話をさせて頂きたいと思います。加計学園問題は、私も文科相で許認可問題をやっていたが、4つの最低限度の条件があって、私の着任時に事前に決まっていた3校を取り下げたけども、何で3校の開学を取り下げるんだと言われましたけども、基本的に文科相としてこの学校は立ち行かなくなるという見通しがついてる。即ち4条件をクリアしていない。お金、人手、その他。なのに歴代大臣は認可して来たので、私はルールに戻ってこれは確りやり直すべきだと主張したんですが、マスコミ等にボコボコにやられた。前川さんはその頃からよく解っておられて、今回はっきり行政が政治によって歪められた云々仰られていますが、まさしく認可問題は前川さんが言っている事は正論だと思うし、私が大臣中に言ってきたことです」黒川「(加計学園獣医学部建設図面の入手方法は)詳細は控えないといけないこともあるが、建築関係者の方の善意、公益通報の形でこのような事は社会的にまずいとの趣旨で提供して頂けた。全部で52Pあって、私どもが今出せるのは獣医学研究棟の一棟のみです。全部で7棟あるので一部であるが、この一棟がメインになる高度な研究内容つまり石破4条件を満たしている建物だと思われるが、これを見ると色々おかしい事が見つかるわけです。簡単に3つ。〃築単価がおかしい。坪単価150万円だと文科省の資料から推測。実際にこの建築図面を見るに、専門家は倉庫に毛が生えた程度と。鉄骨造であって安普請であると。この場合、坪単価60万円位でできてもおかしくない。どう高くても坪100万円。建築に対して水増しの疑惑が深まった」田中真紀子「やはり情報公開を確り正確にしないと国民の税金ですし、有権者はこのメディアの時代で色んな情報を受け止めて判断しています。ですから政治も業者も官僚も成立していないといけない。よくお調べになりました」アナ「(図面の)日付が平成29年3月。表紙には仮称岡山理科大学獣医学部今治キャンパス、新築工事及び周辺工事、獣医学部等、作成者加計学園関連グループ会社のSID創建と大建設計とあります。この日付以前に獣医学部を作ることは決まっていたと見るできでしょうか?」黒川「この図面から一つ言える事は、これだけのものを作るには半年はかかる。今年3月時点で図面ができているという事は、昨年11月位にはもうできていた(田中真紀子:なるほど)それを裏付ける事に、実は消防法の確認を11月にやっていた。資料は無いが今治市議会資料で消防法に関する確認と一行入っていた。確認したのは加計学園以外に想定されない状況証拠。11月時点で図面ができていた。加計ありきです。バイオセーフティー偽装という疑惑がある。図面をウイルス関係の専門家に見せた。するとこのままではウイルスが外に漏れる可能性があると。素人が作ったように見える。ウイルス専門家は)本当にまずい造りなので議論して欲しいと。人の命関わる重要な問題。ウイルス、細菌、微生物を厳重な管理下で扱うので広さ、強度が求められるが、足らないと複数人の研究者からハッキリと言われています。バイオセーフティーレベル3は相当高い。SARSや炭疽菌など漏れ出る可能性があり人が死んでもおかしくない状況だと思う。高いレベルのウイルスラボに対して部屋が狭すぎる。レベル3の部屋で6坪しか無い。あまりに狭過ぎてほとんど何もできない。邪推すれば、これは石破4条件を満たすために申し訳程度に作った。で、単価が高い事を正当理由にした。建築エコノミストも坪単価60〜100万円位に見えると。柱が細く鉄骨なので所謂RC造よりも耐震強度が低い。レベル3の部屋は5階。もし揺さぶられて配管が切れたらウイルスが漏れ出す。十分に考えられていないのではと建築レベルでもあがっている。なので倉庫に毛が生えた程度の建物図面にワインセラーを置くパーティールームが書かれてあります。加計理事長の趣味では。腹心の友を招いてワインで始まった男達の悪巧みはワインで終わるのでは。わざわざ見通しが良い7階に作った。ビールディスペンサーもあります。しかもそれらが補助金で購入される形になってる。しかもそのワインセラーやビールディスペンサーを買う補助金も水増しされていると。無茶苦茶」田中真紀子「(建築費を多く見積もって補助金を多くせしめると)どなたもそう思うんじゃないでしょうか。これを説明もせず資料が無いとか記憶に無いとか証人喚問に出てこないとか。情報隠しはやってはいけない事は分かっているし、日本の政治の民度は低いが国民は低くない。そこを見誤っている」黒川「私たちは見積書と図面を出してくれと言ってきた。そもそも3月3日に今治市が96億円の補助を決めた段階で見積もりのチェックをしてなかったのはおかしいと。今治市は現実に今も見積書も図面も出してくれません。これからも要請を続けるが応えてくれないと思う。しかし、その間に建設関係の方から内部情報の提供があった」田中真紀子「新しく閣僚になった人に期待をして貰って何とか目先を変えようと思ったでしょうけど、私はこの閣僚1人として素晴らしいと思っていません。なぜだったら彼らは一緒に共謀罪、安全保障とか全部イエスして通ってきた人達ですし、この加計問題と森友学園問題、解決しようなんて発言が誰も無い。こんな組閣やっても意味がないと思うし、本質論に法律的に踏み込んで行くと、皆さん民間の方々の一票の動き、それからメディア、一般の方達の関心、こんな事ばかりやっててケシカランと、国民は物が解っていないと、そう言う人が憲法改正とか皇室典範改正とか国の基本を変えさせようと。そういう事をこの安倍政権や閣僚にやらせてはならない。その突破口として、いま皆さんがなさっている活動は本当に私は敬意を表したいと思います。頑張って下さい」


スポンサーサイト

  • 2019.12.01 Sunday
  • -
  • 21:42
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
search this site.
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
selected entries
recent comment
categories
archives
recent trackback
links
profile
Mail
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links