<< iPS京産大排除+竹中平蔵 | main | 加計人脈 >>

スポンサーサイト

  • 2018.04.26 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


籠池夫妻の保釈申請却下+森友ゴミ問題

(←画像:ネットゲリラ)

籠池夫妻の保釈申請却下…国連から「人質司法」と批判される日本の闇&「神風が吹いた。昭恵さんには大変お世話になった」(籠池元理事長)。これが森友学園疑獄の原点であることを忘れてはいけない。

「籠池氏は詐欺を働く人間。昭恵も騙された。」は、“首相失格の暴言” 検察はなぜ"常識外れの籠池夫妻逮捕"に至ったのか】 「補助金適正化法違反で告発受理した事件」について、「詐欺罪」で逮捕するというのは、従来の検察実務の常識に反する。 【検察は籠池氏を詐欺罪で起訴してはならない】 詐欺罪での起訴はあり得ないこと、詐欺罪で起訴すべきではないことを指摘したが、大阪地検は、なぜか無理やり「詐欺罪での起訴」を行った。 籠池氏の公判も始まっておらず、本人に言い分を述べる機会は全く与えられていないのに、行政の長である総理大臣が、起訴事実が「確定的な事実」であるように発言する。安倍首相が、党首討論で持ち出した「籠池さんの詐欺」は、検察の逮捕・起訴も、それに至る告発受理の経過も「疑惑だらけ」である。それを、裁判が始まってもいないのに、有罪であるかのように決めつける発言を「選挙に関して」行ったのである。このような首相発言が許されるとすれば、もはや今、日本は法治国家ではない
安倍首相の嘘と強弁が止まらない!「籠池さんは詐欺をはたらく人だから、妻は騙された」国民を騙してるのは、おまえだ! そもそも国の補助金不正受給に詐欺罪を適用することには法律関係者からも疑問の声があがっている。だいたい、騙されたも何も、安倍首相自身が籠池氏の教育を褒め、“同じ志をもった人”と言っていたではないか。森友でも、加計でも、安倍首相は嘘とスリカエのオンパレード…そのひとつが、総理夫人付き職員だった谷査恵子氏のFAX問題だ。
安倍首相、「妻はだまされた」【17衆院選】籠池夫妻を裁判なしで長期投獄してあるから安心して全部の罪をなすりつける安倍国難。テレビで一般人の悪口を言う首相が他にいるかな。逮捕=有罪のイメージも視聴者に刷り込みつつ
一国のトップが推定無罪の国民に対して「詐欺を働く人物」と言う三権分立、法を無視した暴言と言っていいだろう。

【森友値引き】核心をずらした会計検査院報告はガス抜きに使われる そもそも、ゴミの撤去に絡んで国は森友学園に1円も払う必要がなかったにもかかわらず会計検査院は「(ゴミは)3〜7割しかない」としている。つまり3〜7割は払う必要があったというのだ。

日刊ゲンダイ:森友学園の小学校建設予定地のごみは、本当に「瑕疵」に当たるのでしょうか。会計検査院は、ごみの推計量を過大評価し値引きが行われたと指摘しますが、そもそも「瑕疵」にならない程度のごみであれば除去の必要はなく、値引き自体が必要なかった可能性があるのです。

会計監査院は手抜き 森友値引きは「過大」でなく「不要」

なぜ選挙後の今出てくるのか 会計検査院の森友調査報告 背筋も凍る安倍政権の闇支配 首相夫人の昭恵氏が名誉校長として関わっていた学校法人「森友学園」にタダ同然で国有地が売却された問題で、売却額の妥当性を調査していた会計検査院が「値引きの根拠が不十分」とする報告書を22日に公表。「適切と認められない事態があった」としている。 解散前は「選挙戦を通じて丁寧に説明する」と言っていたのが、選挙中には「国会審議を通じて丁寧に説明していく」に変わった。それが先日の代表質問では「国会審議を通じて丁寧に説明してきた」と過去形になっていた。 検査院報告は9月に出るといわれていた。衆院選で2/3議席を得た今なら、公表しても大丈夫という"あうんの呼吸"。検査院は安倍夫妻の関与という疑惑の核心には踏み込まず、ほどほどの調査結果をアリバイ的に出して自分たちの責任を回避する田舎芝居。解散が近づくとモリカケ疑惑報道は鳴りを潜め、大メディアは連日、北朝鮮危機を煽って政権の思惑に加担。検査院報告が出た今頃になって、一斉に問題提起しても遅い。首相夫妻と親しければ便宜が図られ、犯罪さえ見逃される。盾突けば逮捕されて口封じされる。 歯向かう者は人権蹂躙で見せしめに…昭恵氏は自民圧勝で「禊は済んだ」みたいな顔をしている。籠池夫妻は7/31に逮捕され、現在も大阪拘置所に勾留。家族との接見も禁止され、弁護士が保釈を申請しても認められなかった。籠池氏は補助金を既に返金している。これだけ顔が売れたら逃亡の恐れもないし、関係書類は既に当局が押収しているから証拠隠滅のしようもない。呼ばれれば国会にも出てくる。それなのに4カ月近くも勾留されている。権力に歯向かうとこういう目に遭うという見せしめ。権力が暴走して、人権を蹂躙する。 選挙中、安倍が「籠池さんは詐欺を働く人間」「昭恵も騙された」と発言したことも度し難い。籠池氏はまだ公判も始まっていないのに犯罪者と決めつけた。行政府の長として許される発言ではない。自分たちは被害者だと言いたいのだろうが、そうまでして疑惑を封じ込めようとする手口には戦慄するほかない。
森友学園への国有地不当払い下げを認めた会計検査院の報告で窮地に追い込まれた安倍氏 今の日本の官憲は、戦前回帰主義者・安倍氏への忖度に関して、すでに、戦前回帰している 安倍一派・日本会議は、元々、戦前回帰主義者集団ですから、そのとおり、今の日本の国家権力は、戦前の官憲と似てきた。悪徳検察は、籠池夫妻を不当に長期拘留していますが、少なくとも、籠池氏は、ごまかして受け取った補助金をすでに全額返納している。したがって、籠池夫妻をこんなに長く拘束する権限は検察にはないはず。国家権力の都合で、国民を不当に拘束するのは日本国憲法に反するす。今の日本の現状はまさに、戦前の大日本帝国と同じ、ほんとうにひどいものです。 このところ、各テレビ局は日馬富士暴行事件一色となり、モリカケ疑惑も山口レイプも追及しなくなりました。ネット住民を中心に、国民はみんな怒っている。

田中造園土木社長・秋山肇さんは暗殺されたのではないか? やはり第2次安倍政権でも、口封じの暗殺が多発しているのか? 藤原工業の下請けの田中造園土木の秋山肇社長が「国に言われて埋め戻しした」と証言した翌日、何者かによって暗殺された。
3/6安倍答弁「8億円値引きは当然」
nob ikoma:財務省による証拠隠滅を指摘したということ。少なくとも「適切」なんかではない。近畿財務局からひとりでも処分者が出たら、本省の当時の責任者、佐川や迫田の処分は免れない。財務大臣も。
たつみコータロー:志位さん「地下深くまでゴミがあったことにして売却価格を引き下げるというシナリオを財務省職員の側から提案するという信じられないことがなぜ起こったのか?」安倍首相「捜査中なので…」この人の丁寧な説明ってホントに何なんだろね。
たつみコータロー:会計検査院の報告書。合理的な説明が出来ないとして政府の大幅値引きが断罪された。検査院の試算でも9.9mは不採用。値下げ可能なギリギリのところまで「架空のゴミ」で値引き。名誉校長たる安倍昭恵氏の存在抜きにこんな事は出来ない。今日の理事会で彼女の証人喚問を改めて要求。⇒森友答弁、崩れた根幹 森友学園問題 「ここまで裏付け資料がないのは珍しい。行政機関は普通、資料を残しておくもの。資料がないはずはない」と会計検査院幹部。一方「値引き」の背景を知り得る佐川元理財局長が長官に就いた国税庁は「所管行政に関わらない事柄についてはお答えする立場にありません」と。
サトマキ45:佐川氏は回答を避け、「明るく風通しのよい職場を作りたい」などと語る(文中引用)???。明るく風通しのいい職場を作るために大事なことはまず嘘をつかない事。安倍の無理を通す為に各所でついた嘘の被害は甚大。⇒<森友>「破棄した」答弁の佐川長官 国税内部も批判 森友学園には直接言及せず、陳謝もなかった。佐川氏は回答を避け、「明るく風通しのよい職場を作りたい」などと語るのみで、国会と同じく「問答無用」の姿勢を崩さなかった。
・非常に御都合主義。辻褄が合わない、矛盾だらけ。籠池さんの幼稚園で講演した人間の逃げ足の早さ、仲間を見殺しにする冷血さであの連中が心底嫌いになった。そいつらが国防を語る。仲間を見捨てる人間がだ。実に汚らわしい。

・なんかフツフツと怒りが湧いてくる写真。この写真を見ても政府は谷さんが勝手にやったというのだろうか。⇒フライデー「安倍昭恵氏と谷査恵子氏 のツーショット写真
財務省が「国有地0円になるよう努力」を示す音声データ、交渉メモ…佐川国税庁長官は虚偽答弁だった! 2017.08.04 籠池理事長が「(支払われた有益費の)1億3000万円がうんぬんというよりも、ぐーんと下げていかなあかんよ」と詰め寄ると、池田国有財産統括官はこのように返答している。「理事長がおっしゃる0円に近い金額まで、私はできるだけ努力する作業を、いま、やっています。だけど1億3000万円を下回る金額にはなりません」 土地価格について、国が既に森友学園に支払っている有益費1億3176万円を下回ることはできないが、0円にできるだけ近づけるよう努力している─。つまり、この1週間後に決定する土地評価額は、結果的に森友学園にとって「0円に近い金額」になるべくなるよう算出すると、近畿財務局は籠池理事長に語っていた。実際、土地評価額は有益費1億3176万円に近い1億3300万円に決定、差し引きすれば森友側の実質的な支払い額は限りなく0円に近い額となっている。 しかも、証拠はこれだけではない。『報ステ』が16/3/30に籠池夫妻と森友学園の弁護士、設計会社、施工会社の4社で打ち合わせをおこなった際のメモをスクープしたメモでは、同月に見つかったという新たなゴミについて、国側とどのように交渉を進めていくのかが議題となっているのだが、そこではすでに近畿財務局が、国有地を森友学園がなるべく安い価格で手に入れられるようにと動いていたことが記されていたのである。〈できる限り低い金額で買い取りたい→航空局も同意〉〈航空局・財務局→彼らのストーリー 調査ではわからなかった内容で瑕疵を見つけていくことで価値を下げていきたい〉〈9mの深さまで何か出てくるという報告を(するよう)、財務局から学園サイドに言われている〉
財務省が国有地値引きのための“ストーリー”を籠池側に提示し口裏合わせする音源が 2017.09.11 今回公開された音声のなかで、「国側の職員」と見られる人物は、こう話している。「3メートルまで掘っていますと。そのあとで、土壌改良というのをやって、その下からゴミが出てきたというふうに理解してるんですね。その下にあるゴミっていうのは、国が知らなかった事実なんで、そこはきっちりやる必要があるでしょうという、そういうストーリーはイメージしてるんです」今回明らかになった音声を聞くかぎり、国側が3メートルより下からごみが出てきてそれを国が対処するという「ストーリー」を描き、森友サイドと共有していた、ということになる。これは国側が土地の値引きを前提に話を進めていたことの、揺るがぬ証拠だ。 しかも、この「国側の職員」の発言につづいて、「工事関係者」は、「そういうふうに認識を統一した方がいいのであれば、我々は合わさせていただきますけれども、でも、その(3メートルより)下から出てきたかどうかっていうのは、わたしのほうから、あるいは工事した側のほうから、確定した情報として伝えていない」と発言。すると、近畿財務局の池田国有財産統括官は、こう述べるのだ。「資料を調整するなかで、どういう整理をするのがいいのかということで、ご協議、協議させていただけるなら、そういう方向でお話し合いをさせていただければありがたいです」 国が“ストーリー”を描いていたことを裏付ける証拠の数々 地中3メートルより下からごみが出てくるという前提で「お話し合いをさせていただければありがたい」─。土地の不当な値引きを国が主導し、口裏を合わせていた。これはそういうことではないか。 佐川前理財局長、麻生財務相の虚偽答弁が決定的に

(↑画像●驚愕! 国と「口裏合わせ」のようなやりとり FNNが入手した音声データには、校舎の建設が始まった直後に、国側と学園側が、新たなゴミが見つかったように口裏合わせしたとも取れるやり取りが記録されていた。

グッディ(音声):『8億円値引きストーリーは初めからあった?』ゴミがあってもなくても値引き? 存在しないゴミをあるかのように口裏合わせ? 工事関係者「8億円値引きするということは最初から決まっていた」
民進・福山議員の質疑「籠池氏には『虚偽なく全部隠さず話せ』とやったのに、財務省が出す資料はすべて真っ黒で隠してる」


スポンサーサイト

  • 2018.04.26 Thursday
  • -
  • 19:33
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
search this site.
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
selected entries
recent comment
categories
archives
recent trackback
links
profile
Mail
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links