<< イラン大統領 | main | デザインいろいろ >>

スポンサーサイト

  • 2016.01.29 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


脳死/臓器移植

▼「脳死は人の死」案、衆院通過 臓器移植法改正、子どもに拡大 [6/18]
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1245299949/ 
A案は、臓器の提供年齢を0歳から可能とし、本人の生前の拒否がなければ家族の同意で提供できる。
ってか、0歳児がどーやって拒否できんだよ。もし、拒否ってくれる家族がいなかったら、臓器摘出されちまうだろ?

▼脳死
… (wikiより) 1998年米国の調査では、175例が脳死判定後一週間以上、心臓鼓動していた。脳死状態で1年以上心臓が動いていた例が3例ある。最長例では21年間心臓が動き続けた。

▼脳死のドナーが感じる激痛  脳死のドナーから臓器を取り出すとき麻酔が必要。
脳死のドナーに麻酔をかけずに摘出手術をしたりすると、あまりの激痛にドナーの身体はのたうちまわり、看護婦たちはおびえてしまうので、「臓器摘出」どころではなくなるからだ。 脳死のドナーから臓器を摘出しようと、メスを入れると、急速で激しい血圧上昇と、頻脈を示す。 脳死の人は、脳波が平坦脳波になっている。脳が機能していないから、と普通そう思うのだけど、実は、本当のところはわからない。普通の脳波測定器は、頭皮上の電気活動が関知される。ということは、脳から頭皮にまで到達できた電気活動だけが計測されるわけであり、頭皮まで到達しない電気活動は測ることができない。だから、平坦脳波でも、脳の奥の方は機能を失っていない、つまり生きている可能性があるのである。 脳死移植推進派の人たちは、こういうことを語ろうとしない。むしろ、できる限り、人目につかないように、知られぬように、隠蔽しようとする。 http://kobutatu.iza.ne.jp/blog/entry/1085003/
▼『脳死・臓器移植の本当の話』  (内容)脳死者は臓器摘出時に激痛を感じている可能性がある。家族の呼びかけに反応することがある。妊婦であれば出産もできる。19年間生き続けている者もいる。 http://tsysoba.txt-nifty.com/booklog/2004/10/post_2.html
▼脳死:米国・カナダで判定の3人、日本帰国後に意識回復 [2006/7/26]
http://live14.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1153898972/
▼脳死と判定された人の意識回復例 (↓コメ107)
http://suiseisekisuisui.blog107.fc2.com/blog-entry-886.html
んで、臓器移植を推進してきた「NPO日本移植支援協会」は当然、メーソンに繋がっている。
臓器移植ネットワークは医療マフィアや、生きた人間の臓器摘出や臓器摘出用に子どもを誘拐・売買するマフィアなどの総元締めだべ。暗黒面満載だべ。
▼後藤忠政元組長の移植手術のヤミを暴露した、ジェイク氏が今度は「後藤マネーの海外逃避計画」を指摘 
http://www.asyura2.com/09/senkyo62/msg/689.html
▼日本臓器移植ネットワークの過去と続く闇、狙われる命
http://www.asyura2.com/09/senkyo63/msg/795.html
▼日本臓器移植ネットワークの闇  http://www.asyura.com/sora/bd13/msg/79.html
しかも「NPO日本移植支援協会」は、あの悪名高い死ぬ死ぬ詐欺の「トリオジャパン」に繋がっている。隠れ蓑のトリオジャパンの幹事は日本移植支援協会の理事も兼任している(バレたから最近本人名義から家族名義に変えたみたい)。
トリオジャパンの黒幕・南秀明氏はドイツ・バードユーンハウゼン心臓病センター南和友教授(現在日大)の兄。かつて救う会代表もしており、募金で弟の病院へ患者を送り込んでいた。
http://antikimchi.seesaa.net/article/113672893.html 
http://antikimchi.seesaa.net/article/103174036.html
▼死ぬ死ぬ詐欺
… 「NPO日本移植支援協会」が「トリオジャパン」を隠れ蓑にしてこちらにカネを流し、実質営利目的の活動をしているように見える。黒幕は「NPO日本移植支援協会」の方じゃないか? http://plaza.rakuten.co.jp/mikawannko/diary/200609230000/
…やっぱ、私は「拒否カード」を持っておこうっと。。


スポンサーサイト

  • 2016.01.29 Friday
  • -
  • 21:43
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
脳死…なぜすぐに焼いたりしないでしばらくおいておく習慣があるかといいますと、物質体とエーテル体がまだ完全には切り離されてなくてそれを待つための時期を設けているのではないかと思われます。つまり、すぐに焼いたりしていまうのは、まだ「痛い」わけです。検体は、生きたまま解剖されて臓器を切り離されるのと同じなのです。
http://www.asyura2.com/09/bd56/msg/499.html
  • ちょここ
  • 2009/07/04 12:40 PM
▼モザイク・ピープル
http://apocalypsenow.jugem.jp/?eid=88
▼人体ばら売り時代? 死体は資源?
http://www.asyura2.com/09/cult7/msg/650.html
  • ちょここ
  • 2010/09/10 12:45 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
search this site.
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
selected entries
recent comment
categories
archives
recent trackback
links
profile
Mail
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links