<< 勝手にHAARP様アーカイブ | main | 小沢騒動 >>

ロズウェル事件再訪

カシオペアン・チャネリングより http://mixi.jp/view_community.pl?id=2590126

■(第22章の1)ザ・ウェイブ「ロズウェル事件再訪」
1 マインドプログラミングされている人々は2%。人間によってプログラミングされている数はその2%のうちの12%。大部分は有名な人だったり、政治家や芸術家や教育関係者等々の人目を引く人達
3 残り98%も宗教やこれに関連した通念の体系、科学物質主義によってプログラミングされている。
10 UFO現象を背後で操っているのが一種のシークレットガバメントであるとするならば、このマインドリーディング技術についても考慮しなくてはならない。そして我々の政府がこれを持って使っているということは、我々は皆すっかり騙されているのだ。
11 エイリアンの用いる術策の中には、ロボットという道具もある。
12 ロズウェル事件の解剖フィルムに対する幼稚な議論の一つとしては、もし政府が本当にエイリアンを捕まえたのであれば、カメラマンも科学者も最優秀であり解剖場所も立派な解剖室となる筈だというものがある。 現実的には、連中は権力狂で支配欲が強い闇の秘密主義者から成る少人数のグループ。千年期最大の解剖にうってつけの偉大な執刀医や解剖学者ではなく、コントロール可能な人達から成る小さなチームしか手配できない。
13 政府は実際に起こった何かを隠蔽するため、いわゆる「ロズウェル事件の目撃証言」を通して、ディスインフォメーションを流している。
14 話を捏造したりしてるのは、将来のディスクロージャーを見越して事態を混乱させるための手段だ。一石何鳥も狙っている暴露本の著者達には気をつけなさい。
ロズウェルには人間以外の知性体が存在することの証拠が含まれている。ロズウェル近郊での衝突は1度ではなく、6月と7月に3度あった。
15 実際に、物質でできているエイリアンの宇宙船が、政府によって捕獲または回収されて研究されている。
17 あのエイリアンはサイバージェネティック生命体「グレイ」と3D地球人のハイブリッド。機内には回収された人間の死体もあった。
18 WW2,朝鮮戦争,ベトナム戦争,湾岸戦争で、STS振動周波数を持った兵士が10万人アブダクトされて今も地下基地で生きている。
19 かつてない大規模な騒動への序曲は地球で既に始まっている。侵略が起こるのはプログラミングが終わってからだ。 戦死した兵士の身体は複製され魂は新しい方の身体に移されて、 彼はエイリアンおよびシークレットガバメントに奉仕すべく再プログラミングされる。 新しい身体は次元間原子再分子化で古い身体が複製される。例えばベトナムでは戦死した6万のうち2万3千が再生(殺されたが生き返った)された。死体をかすめ取りやすいのは戦争の時。
20 ヒトラーが高次の存在からの「マスター種族」を作れという指示を受けてたと言うのは、3千6百万体のネフィリムが宇宙船に乗って地球に向かって来てるため、先遣隊としてマスター種族が準備しておく予定だった。アーリア人の遺伝子タイプが「マスター種族」の創造の為に望ましかったのは、オリオンSTSの第3、第4密度の遺伝子ストックに似ていることと、その子孫であり最も傷が少ないため。自分達と似たような人間グループを繁殖させようとした。
人の本性は魂によって決まるが、オーラ的プロファイルやカルマ上の評価は身体の構造と同化している。遺伝子コンディションはその人の霊的志向が物理体に反映したもの。潜在的ではあれ魂は遺伝子と調和してしまうもの。
連中が死体を手に入れて生き返らせる時には、魂無しで生き返らせることも可能他の人間と見分けがつかない
21 通常の全ての機能を備えている複製された物理体は地上に200万人いる。オーラは投影される。見分ける方法はない。彼らは意識を持った生き物ではなく、リモートコントロールされている。
22 戦争には沢山の用途がある。目立たぬように遺伝子プールを置き換えるられるような環境を作っておく。思考活動という刺激を通して、パラダイムシフトを織り込みながら、周波振動を先読みして、主要人物を置き換える。 主要人物の置き換えも複製によって行われる。オリジナルの方は秘密の活動領域へと連れ去る。もう十分戦争は起こしたから、まるごと新「地下種」人類を創造することができる。直接捕まえて再教育を施すのと、これらの人々と他種を用いた養殖活動と、どちらもやっている。 一番深い地下都市は5千辧磁気共鳴で光を得る。連中は地上の人類と地底人類を置き換えようとしている
23 一般的に見て私たちは地球上の2Dの生き物を支配しているだろう、それのどこがフェアなんだい? 連中のやってるのと、どこが違うんだ?
私たちは私たちなりにしか振舞えない。 善玉と組むか悪玉と組むか選べるのにね。
私たちは私たちなりにしかできない。私たちは選ぶべくして選ぶ。多くの人々が信じたがっているような、私たちの為の介入などありはしない。
人々に現状に満足させ、あるいは自分の外にある何かを信じさせて、知識を求め目を開き自らの存在という事実に直面させないようにして、奴隷の身に留まらせる。そのために造られ人類に押し付けられたものこそが宗教なのね? 彼らは羊みたいに導かれたいだけなんだ。彼らは責任を負いたくないんだ。
24 今一度、上の最も重要な発言を検討してみよう。ポイントは、「行わなくてはならない」ことなんて無ということだ。私たちは私たちなりにしかできない私たちは選ぶべくして選ぶ。さらに重要なのはSTS領域に居る者は皆、自分をどこかしら「特別な,選ばれた,ないし護られてる」ものと考えているってことだ。そんなことは絶対に無い。多くの人々が信じたがっているような、私たちの為の介入などありはしない。私たちは所詮、私たちなりのやり方しかできない。一般的に見て私たちは地球上の2Dの生き物を支配しているだろう、それのどこがフェアなんだい? 連中のやってるのと、どこが違うんだ?
カシオペアンズは我々の選択ないし行うべきことを示唆することによってさえ、自由意思を冒すことができない。そうではなく彼らはこのような文脈において「あなた方は所詮あなた方なりにしか振る舞えない」という言い方を頻繁に行っていて、彼らが我々に与えている情報はそれに基づいて行動しようがするまいが構わない、ということははっきりしているのだ!
これを聞いたり読んだりする個人がどう影響されるかによるのである。


スポンサーサイト

  • 2017.08.22 Tuesday
  • -
  • 23:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
search this site.
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
selected entries
recent comment
categories
archives
recent trackback
links
profile
Mail
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links