<< オリンピック | main | HAL様ブログ >>

ガンとB17

梅、桃、杏、リンゴの種やビワの葉や種や玄米などに含まれているB17は、ガンに効くそうです。 ただし、梅干はいいけど青梅(生梅)の種はダメだとか。
 3年前に聞いて以来、私は梅干の種をプライヤーで割って食べてる。
 種を縦にして割れ目に沿って割るようにすれば簡単に割れるの。
リンゴの種も食べた方がいいらしいよ。私もこれは生のままで食べてる。

梅の天仁 http://www.e-oki.com/food/umenotenjin.html
スチーブ・マックウィーンの不運 http://www.bahyu.com/baiuntan/kouen/15.html
S・Mさんは、完全に手遅れで手術も不可能の肺癌を、梅核や杏仁などから抽出する《B17》療法で、奇跡的に快復し、癌はごく初期の状態まで縮小してしまったんだそうです。
(↑サタニストデーの11月7日、手術後の心臓発作で死去。殺されたようね…)
ガンのない世界 http://icke.seesaa.net/article/38409570.html
彼らに共通なのはビタミンB17を豊富に含んだ食事を摂っていることだ。野生のブラックベリーやアンズの種などの食べ物はビタミンB17を多量に含んでいる。
若葉クリニック : ビタミンB17が導く「ガンなき世界」より
http://www1.ocn.ne.jp/~hana-ran/B17-7.htm
1972年9月1日、カリフォルニア州保健局は、医学専門家およぴ新聞に「月刊病気報告」を発表した。その内容は「30個も杏仁を食ベてシアン中毒にかかったロサンゼルスのある夫婦」の記事であった。同9月4日、ロサンゼルス・エグザミナー紙は「果実種、シアン化合物を遊離す」と題するUPI電を載せた。その6日後には、ニューヨーク・タイムズ紙も同じようにその事件を「杏仁中毒発生」と発表した。このような報道が発表されたので、全国のアメリカ人は驚いて杏仁を避けるようになった。あまりにも熱心になりすぎたハワイ州保健局は、健康食品店から杏仁を没収してしまった。アメリカ本土の健康食品店も、当局の勢いにおびえ、迷った末に、店頭から杏仁を取りはらった。当局の報道は、こうしてその目的を達成したのである。
飲んでから数分もたたないうちに作用してくるはずのシアン化合物と判定するには、すこし時間がかかりすぎているようだ。 かなり多くの人びとは、一日当たり10〜20個の杏仁を食ベる。食通の人は一度に50〜100個も食べることもある。 苺や玉葱や海老など、ごく普通の食物でも、一度にたくさん食べれば、中毒やアレルギーを起こす。杏や杏仁の場合も同じである。 これまでに、B17は正常細胞に対しては無害であると述ベてきたが、これは真実である。 どうかすると中毒するのではないかと心配しているが、仁も果実と一緒に食べると、B17過剰になることはなく心配はいらない しかし、リンゴの身を捨てて種だけを集め、コップに半分も食べると、B17の取り過ぎの心配が起こる。
桃、杏、すもも、さくらんぼ、あるいはリンゴを丸ごといくら食べても、種から毒になるほどのB17をとることにはならない。 天然の食物中に、シアン化合物は広く分布している。一方、B17と命名された研究室的な物質についてはどうであろうか。 結論からいって、B17の毒性を心配する形跡はほとんどどこにも見あたらない。 医薬の参考文献には、100年以上にわたって「アミグダリン(B17)は無毒性」と記してある。 世界のあらゆるところで、2世紀もの間にアミグダリン(B17)の使用で大変な病気を起こしたとか、死んだという報告は、一つも記録されていない。
パーク博士はB17の毒性の可能性についで、特に次のように彼の研究を総括している。 今まで45年間の癌問題に関する研究調査とか、アメリカ癌研究所の最近33年間の研究調査とか、B17を癌に使って公表されたすべての文献のファイルとか、教えきれないほど多数の未発表の文書や手紙を調べても、B17を、推奨されている範囲でアメリカおよび諸外国の医師が投薬してみて、薬学的に有害であったという例は一つも見当らない
D・M・グリンぺルク博士は、純粋なアミグダリン(B17)が無毒性であることはいうまでもない。 カリフォルニア州癌顧問委員会に提出された報告書を検討したが、毒性について問題になるような報告は受けていない。
たとえぱ、アスピリン剤は同量のB17の20倍の毒性がある。アスピリンの毒性は累積的な性質があり、服用日数に応じた毒性の蓄積が起こる。 ところが、B17の生化学的な作用は、2、3時間で消滅するので、蓄積性がない。 アメリカでは毎年90人以上の人がアスピリン中毒で死んでいるが、B17で死亡した人は一人もいない。 アスピリンは自然にとっても人体にとっても異物的な薬物であるが、B17は生物や人間に与えられた自然植物に含まれているピ夕ミンの一種である。 B17は砂糖よりも毒性が少ないのである。
B17は、その驚異的な抗癌作用ゆえに様々な避難、中傷を受け続けています。 一方、B17の抗癌作用を認める側からは、熱烈な報告が相次いでいます。
それは他のどんな癌治療法よりも遙かに勝り、私の考えでは、癌を最終的に制御できるのはB17以外にないと思う。 私たちの調査の中には、末期の癌で、もはや回復の望みさえなく、私たちが基本的投与量と考えている30gを受けつけない重症例もしぱしばある。 しかし、大部分の患者はB17によって、歩けるようになったり、普通の活動ができるようになっている。 1963年、アメリカからコントレラス博士の病院に末期癌の婦人患者が紹介され、B17療法が熱望された。博士はこのとき初めてB17を紹介されて治療を開始、ついにその婦人の癌も治った。
私の臨床例で、好転したと認められたもの(患者の気分がよくなったり、痛みが軽くなったり、痛みが軽くなった、食欲が出た、元気が出たなどという)は約60%であったが、重要なことは、末期重症癌の15%に病気の進行が停止、または退行(治癒に向かうこと)さえ認められたことである。 1963年10月の「アジア医学ジャーナル」に発表された日本の酒井重明博士のレポートによると、B17を癌患者に投薬しても、有害な副作用は全くないと証明された。 B17ほど速やかに癌を治す制癌剤は他にない。B17は癌が体内のどこに発生した場合でも、実に有効に作用する。
リチャードソン医博は制癌食事法として、癌患者に動物性食品の厳禁をすすめている。
ビタミンCは1日に1500〜5000咫ビタミンEは一日に800〜1200IU。 ピタミンB15も摂取すべきである。これは卜ランスメチル化剤として、肝臓に解毒作用を与え、組織の酸素吸収力を増加させる。 食生活に自然の調和を保つために、各種のビタミン類が必要とされる程度に、毎日適当量のB17を摂取すれぱよい。 癌でない人でも、B17成分の多い普通の食物は大切である。たとえば、1日にリンゴを1〜2個タネごと食ベれば適量がとれる。
B17は、公的には依然として無視され続けています。しかし、実際にはB17がガンに効くという実験も沢山発表されています。B17の治療を受けようとするガン患者さんは、その大半が医者に見放されてからやってきます。そんな中でも、末期ガンから生還される患者さんも確かにおられます。
パーク博士は、動物組織での一連の実験で次のように述べている----B17は、正常細胞には少しも有害な作用を与えないが、B17が癌細胞に接触すると、多量の青酸化合物とベンツアルデヒドを放出して、癌細胞を全滅させる。人工培養した癌細胞にベータ・グルコシダーゼ(酵素)とB17を作用させると、癌細胞がまるで殺虫剤をかけられたように死んでいくのが顕微鏡で観察できる。 肺癌を含む各種の癌に有効である。しかも、絶対に無毒である。
これまで検討してきたように、フンザ国民やエスキモー人など世界の多くの人種を統計的に研究してみると、「B17は癌の制御に100%近い効力を持っている」という結論が生まれる。 予防だけでなく、癌に罹った人の治療でも、B17療法は癌患者を救うことが実証されているのである。 結論を先にいえば、X線(レントゲン)や毒性の強い医薬品でその人の身体がめちゃくちゃにやられてさえいなけれぱ、うまく行くのである。 ただ不幸なことに、ほとんどの癌患者は現代医学主流派の癌治療を受け続けた末に、つまり病状がひどく進行して希望のない宣告を受けてから、やっとB17療法にたどりつく。そのとき、大部分の病人は、まず2、3週間とか、あと2、3カ月しか生きられない状態である。最後の救いの手段として、やっとB17療法を始める時には、すでに死に直面しており、悲惨な状態にある。このような患者はB17療法を行っても死亡することが多い。こうした死亡例も統計的には、すべてB17療法の制御率に細み込まれる。だが、このような末期重症の患者でさえ、何人かは奇跡的に治った例がある。これこそ、B17の大きな勝利を現実に示すものであろう。
末期癌がB17で治った実例 http://www1.ocn.ne.jp/~hana-ran/B17-9.htm
私はこれまで、現行の外科手術や放射線療法で得られた悲惨な終末を説明してきた。しかし、制癌剤はもっとずっと悪い実績を残している。
制癌剤はむしろ新しい癌を誘発する --- 主なな理由は、悪性細胞よりむしろ健全な細胞に致命的な害毒を与える。 勿論、どんな物でも適量以上に摂取すれぱ有害で、アスピリン剤、砂糖、B17あるいは水でさえもそうである。 しかし、制癌剤はそれらとは根本的に違い、毒性そのものが薬効として期待されている。 制癌剤は組織に毒性を与えるようにできており、このために、病気自体よりも、「副作用」で激しい苦痛や病状悪化が起こりがちである。この薬の毒性は、分裂中の血球細胞も攻撃して血液系に害毒を及ぼす。胃腸系では激しい吐き気、下痢、食欲不振、腹痛を起こし衰弱が進む。成長の速い毛髪細胞が化学薬品に侵されると脱毛しやすい。生殖器官も影響を受けて不妊症になりやすい。 考えられる限りのあらゆる身体の機能は寸断され、苦痛のあまり化学療法をやめて、癌で死んだ方がましだとさえ思うようになる。
現在認可されている薬剤のほとんどが疑似的放射性物質とも呼ばれるが、放射線と同じ作用を持つという意味である。 だから、正常な免疫的防御のメカニズムを減殺し、癌の転移を助長する。
一般の制癌剤は目指すところと逆の結果を生むが、B17ではこんなことは起こらないし、何も心配はいらない。
現在、アメリカ癌協会で「実証的療法」として認可している制癌剤を、健全な動物に投用してみると、すべて「新しい癌を発生する。 すなわち、細胞毒である制癌剤は宿命的に同じ作用を持っている発癌剤でもある
皮肉にも現在、FDAが癌患者に使用または試用を認めた化学療法の制癌剤は、 その投与量の範囲で広範な激しい毒性を与え、 著しく免疫カを抵下して、癌だけでなく他の多くの病気にも抵抗力を弱め、 更に、それ自体が一般に強い「発癌性」を示す。
化学療法を受けた後でも長く生きられるという証拠が統計的に見当たらないのは、いまさら驚くほどのことではない。大きな犠牲を払っても患者は不完全な治療に終わり、結局は癌腫の再発に束の間の一息をつくだけである。
死期が早まるFDA認可の制癌剤---B17をインチキ薬と見なすならば、拷問されるような痛みの中で癌を広げてしまう、無効と分かっている「主流派の実証的療法」を受けるしかない。
外科手術療法…中では害が少ない。時には生命を助ける、間に合わせ手段。徹底的に手術を受け続けた人が、控え目にしか手術を受けなかった人や、まったく手術を受けなかった人に比べて、長く生き抜いた証拠はない。癌の転移がある者では延命率はゼロに近い。
放射線療法…極めて有害。癌を広げるし、患者のすべての病気に対する抵抗力を弱める。重大な、しかも苦痛を伴う副作用がある。この療法を受けても、まったく受けない人より長く生きたという証拠はない。
化学療法…免疫防御のメカニズムを破壊し、更に制癌剤の毒性が加わって癌が拡大し、転移を誘発する。きわめて激しい副作用がある。治療しても、特に治療しない患者より延命したという証拠はない。やはり転移があると生存率はゼロに近い。
ビタミン療法…(B17・B15を含む代謝療法)毒性なく副作用なし。食欲がすすみ、体重が増加する。高血圧は下がり、血色素、赤血球が増加する。 麻酔剤を使わずに苦痛をなくしたり、軽くさせる。身体に大きな抵抗力をつけて余病を防ぐ。その上、癌細胞を破壊し、正常細胞には栄養を与える。
多くの患者は、手術や放射線や化学療法を受けたりして、もう駄目だと宣告されてから、やっとビタミン療法に変える。 だから統計的には最悪の条件なのに、長期生存率が10〜20%と高い。
B17療法の記録は、前に何回も述ベてきたが、B17療法を求めてくる患者の大部分は、末期癌の患者である。その時からB17療法を受け始めるので、5年以上の延命率はそう高くないのはやむを得ないし、驚くこともない。末期癌でも実に約15%の患者が5年あるいはそれ以上延命し得る。 わずか15%というのは決して満足できないが、主流派の延命率0.1%に比べれば驚異的な比率である。
癌が遠くには転移しておらず、ゆっくりと広がっている場合は、B17療法によると約80%の長期延命率が期待される。 医師によっては、外科手術、放射線療法または化学療法で生命維持の大切な器官があまりひどく損傷されていなければ、85%の延命率になると述ベている。 現在健康で癌が臨床的に見当たらない人は、平素からB17食を適量にとっておれば、殆ど100%癌には無縁となろう。 
ガン無き世界 http://www33.ocn.ne.jp/~biwaonkyu/K_Tokutuou.html
世界三大長寿国のガン保有率はなんと5%未満、そしてアメリカインディアンもガンはほとんど無いと言われています。 食材の中で特筆すべき事は、主食として、また、副食として常に大量に食している食材の中にアミグダリンの多い食べ物を食していることで、文明先進国と言われる国々から比べるとアミグダリン積取量が200倍と言われています。
ガン細胞を死滅させる、アミグダリンのメカニズムと効用
.ン細胞は特殊で、負(-)の電気を帯びたタンパク質の膜に覆われている為、白血球(リンパ球、単球)も負(-)の電気のため、免疫力が高 くても近づけず体内から消す事ができない。
▲▲潺哀瀬螢鵑2つの糖質と1つの青酸、1つのベンツアルデヒドの複合体で、B17ともレートリルとも呼ばれています。
ガン細胞の近くには、多量のβ-グルコシダーゼという分解酵素があり、B17を分解させる。B17により、まるで「殺虫剤を散布された昆虫のようにガン細胞が100%死滅」していく状態を大阪大学の片瀦教授が、顕微鏡にて撮影され発表されている。
片瀬教授日く、B17は局所療法ではなく全体療法として使用すべきであり、ガン予防には最適である。
B17はガン以外の健康細胞に抵抗力・抗病力を与え活性度を上げる。人体にはローダネーゼという保護酵素があり、ガン以外のいたる所に多量に存在する為、B17がガン以外の健康細胞に近づくと、ローダネーゼにより、保覆され何ら影響を受けない。それどころか健康細胞に対して補体活性が有る事もB17には認められている。
B17にある鎮痛作用…B17の一成分であるベンツアルデヒドは、健康な細胞に接触すると酸化されて無害な安息香酸に変わり、アスピリンと同様の働きをする。正に天然のアスピリンである。末期ガンに伴う強烈な痛みも抑制できると言われています。
《まとめ》日本においても、片瀬教投により、ガンが100%死滅する事を立証されており、全身のガン予防療法として最適であると位置付けておられます。
アメリカをはじめ日本の中でも、自然療法を取り入れられている病院等色々な使用法で使用されており、民間でもB17によって、特に白血球、消火器、肝臓ガンが治癒された方が多い事も事実です。
またB17は、血液をアルカリ性にし、細胞を元気にし、痛み止めにもなる優れた物質です。B17は、歴史的、経験的、化学的に、実証され認められたガンの予防療法なのです。
アミグダリンは、ガン細胞に直接攻撃する、唯一の天然物質です。
日本にもあったアミグダリン(ビタミンB17)
稗、粟、高梁、玄米、黍等と今ではあまり食べなくなった食品、つまり昔の主食、今ではほとんど食べなくなってしまった食品にビタミンB17は含まれているのです。

スポンサーサイト

  • 2017.07.21 Friday
  • -
  • 23:57
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
▼フィチン酸と玄米 … 高い解毒排泄力。ガンや動脈硬化等の病気を引き起こす活性酸素の育成を阻止する坑酸化作用。ガン細胞の発生と増殖の抑制作用。血中コレステロール値の低減。血液の凝固を抑制する血小板凝集阻止能。腎臓結石などの結石の元となる不要なカルシウムの除去作用。
玄米食から白米食に切り替えた江戸時代後期では「脚気」という病気が流行。
http://genmaiya-taizo.com/cat19/cat49/
  • ちょここ
  • 2010/12/30 8:32 PM
▼ペットの末期癌が治った!?ビワの種を末期癌のペットに飲ませる⇒癌が治る!「ビワ」に強い抗癌作用か?
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-2369.html
びわの効能
http://www.white-family.or.jp/healthy-island/htm/sapuriment/repo170.htm
  • ちょここ
  • 2014/04/25 10:15 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
search this site.
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
selected entries
recent comment
categories
archives
recent trackback
links
profile
Mail
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links