<< オバマ・デセプション他[動画] | main | 子ども手当法案 >>

身近な食品

身近な危険 http://apocalypsenow.jugem.jp/?eid=63 の続編かも。 これもホンの一部なんだけどね。 下記食品は全て危険というわけではありませんが、危険性があるので各自の自己責任で判断してね。 また、農薬関係などのニュースは多すぎるので省略w
地元農家の作物や、自給自足が一番ね。

【牛肉】 ホルモン剤や抗生物質投与。
http://www.asyura.com/sora/bd19992/msg/932.html
また、
発症していなくてもBSEに感染している国産牛も多い可能性あり。
アメリカではクローン牛肉もとっくに一般市場に流通済み。見分ける方法なし。
【豚肉】 ホルモン剤や抗生物質投与。 中国では生物兵器PRRS感染(2千万頭)や口蹄疫など疫病感染豚の大量死などが多いが、病死ブタもヤミ解体所で一日数トンが出荷される。 アメリカでも2001年、既に遺伝子組み換え豚が市場に流通。
【鶏肉】 http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2005/12/post_885b.html
ホルモン剤や抗生物質投与。
【成型肉】 http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=20051127
【牛乳・チーズ・バター】 牛乳には危険がいっぱい?
http://www.koumatsuba.zansu.com/gyuunyuunihakikengaippai/top.htm
「遺伝子組み換え牛成長ホルモン」投与牛のミルクはガンを誘発する
http://www5.ocn.ne.jp/~kmatsu/kumikae508.htm
BSE感染牛の牛乳は、本当に安全か? http://blog.goo.ne.jp/hatatomoko1966826/e/6db9ae5ee45964d3bfc2c76770c4d71a
【ハム・ソーセージ・タラコ】 発色剤・合成着色料使用
【ミートボール】 http://taruwosiru.seesaa.net/article/57709029.html
【動物性油脂】 http://www.asyura2.com/0311/gm9/msg/133.html
【植物油脂】
トランス脂肪酸の安全性について
http://www.food-safety.gr.jp/syokuhinhyouji/torannsusibousan.htm
【植物油・マヨネーズ・マーガリン・スナック菓子・アイスクリーム・揚げ物・カレーやシチューのルウ】 食用油 http://apocalypsenow.jugem.jp/?eid=63
【オリーブオイル】 http://tamekiyo.com/documents/healthranger/oliveoil.html
【コンビニ弁当】
http://asyura2.com/0505/health10/msg/529.html
http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/11016
外食産業の飯が冷めてもうまい理由
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1222952119/
【ジャンクフード】 http://www.asyura2.com/09/health15/msg/244.html
【パン】
イーストフード・ソルビン酸・乳化剤・膨張剤など有害添加物多数。
イーストフード http://kobe-haricure.net/health/e64.htm
山○パンは臭素酸カリウム使用。 小麦粉は遺伝子組み換え小麦混入の可能性大。
【回転寿司】
マグロ・ハマチ・サーモン・数の子他 http://310inkyo.jugem.jp/?eid=837
【養殖魚】 マグロ・ハマチ・ウナギ・エビ・タイ・アジ・ヒラメなど養殖魚の餌には、肉骨粉(BSE牛を含む)が使用されているようです。 http://osakana7777.at.infoseek.co.jp/
肉骨粉 http://www.asyura2.com/0311/gm9/msg/133.html
【北米サーモン】 放射線照射
【原発近海魚】 http://genpatsu_shinsai.at.infoseek.co.jp/hirai/pageall.html#page7
【白身魚】 http://www.asyura2.com/0601/health12/msg/431.html
【ジャガイモ】 北米産は遺伝子組み換えが多い。 国内産も放射線照射あり。
【トウモロコシ】 北海道も以前、多くのGM(遺伝子組み換え)種を輸入栽培していた。
中国産はGMトウモロコシの可能性大。
トウモロコシの分類も食品ではなく、なんと殺虫剤 http://310inkyo.jugem.jp/?eid=534
【カット野菜など】 漂白剤使用あり。キャベツも外葉はヘンな薬品の塊が付着してて中は透き通るような白っぽい薄黄色が多くて最近は食べないんだけど、これもそうなの?
http://www.wellness7755.com/doku-dashi/cat120/10/10.html
(参考) ミルトンは毒の味 http://www5.ocn.ne.jp/~kmatsu/kirinuki/062miruton.htm
【オレンジ】
http://asyura2.com/2001/postharvest.htm
【香辛料】 放射線照射が多い。
【白砂糖・三温糖 http://homepage1.nifty.com/Mike/spaceAya/other/sato.html
他にも「砂糖に依存性あり、ラットで証明=米研究」 「砂糖摂取で遺伝子が変わる?豪研究」などの記事あり。 アスパルテームやアセスルファムKなどの人工甘味料や果糖ブドウ糖液糖などよりは全然マシなんだけどね。
果糖ブドウ糖液糖】 異性化糖 http://tamekiyo.com/documents/mercola/hfcs.html
【コメ・小麦】 以前、遅効性の猛毒・地上最強発癌物質アフラトキシンB1の事故米が社会問題になった。外務省もアフラトキシンを「生物兵器」と認定している。
国産でもGM(遺伝子組み換え)米あり。2,3世代前にGM米があっても表示されず、毒性は受け継がれ名称は変わり「NON GMO」とされる。 他にも放射線照射や強発癌性メチルニトロソウレアによる突然変異の品種改良も多い。
中国GM米「国産コシヒカリ」偽装や混入事例や、中国産未承認GM米の国内流通例あり。ヨーロッパでも輸入中国GM米が問題になった。主に、殺虫性の蛋白質を組み込んだものである。害虫抵抗性のCry1Ac蛋白質を産出する遺伝子を有している。哺乳動物への毒性・・・毒素蛋白質が昆虫の腸管細胞膜に結合する。Cry毒素は、昆虫の腸管細胞からカリウムイオンを奪い細胞崩壊を起こす。GM飼料を与えた牛の死、消化器内に組み換えDNAが生き残る事、マウスの腸にBt毒素が結合する事が書かれている。Cry1Ac毒は、コレラ毒よりも強いイムノゲン。
小麦も中国産はGM小麦が多い可能性あり。 中国産小麦製品によるペットの相次ぐ死でアメリカでも輸入停止事例あり。
【ビール】 アメリカの大手ビールメーカー工場でGM原料混入事例あり。
【大豆】 大豆の自給率は4%。 市場の大半はGM大豆。
北海道で密かに栽培・出荷されていたGM大豆。
米国産作物の半分以上は遺伝子組み換え作物だ。大豆はほぼ100%、トウモロコシは約70%である。(Wikipedia『遺伝子組み換え作物』より)
【豆腐】 遺伝子組み換えではないと表記していても、GM大豆が多い。
凝固剤・消泡剤使用あり。
【モヤシ】 産地は国産でも豆は中国産・米国産(ほぼ100%GM大豆)・ミャンマー産(隣のタイは10年前からモンサントがGM種子開発・生産の地域センターにしようと目論んできた国)が殆どなので、殆どGMモヤシの可能性大。 漂白剤使用。
【醤油・味噌】 遺伝子組み換えではないと表記していても、GM大豆が多い。
【タマネギ】 遺伝子組み換えあり。 放射線照射あり。
【うどん・麺】 PH調整剤、着色料、乳化剤、プロピレングリコール、品質保持剤など添加。
小麦粉は遺伝子組み換え小麦混入の可能性大。
【中国魚貝】 放射線照射あり。
【中国産ウナギ】 http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/773890.html
【中国野菜】 http://asyura2.com/0505/health10/msg/165.html
中国は10年前からGM(遺伝子組み換え)作物を政府が積極政策していたので、野菜や穀物や豆類なども、かなりGM作物が多いと思われます。
また、日本は世界最大の遺伝子組み換え作物の輸入国。


スポンサーサイト

  • 2017.08.22 Tuesday
  • -
  • 20:40
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
▼アメリカの牛、食肉、豚、鶏・牛乳・チーズ・バターは安全か?
みんなヒトがかかっている疾患の原因などこれっぼちもわかっていやしないんだ。あれはクールーだよ。クールー以外のなにものでもないよ。どんな動物にも感染する。乳牛、肉牛、豚、ニワトリにもね。イギリスの豚は全部動物性飼料で飼育されている。どうして豚が発病しないかというと、豚を7年も8年も生かしておくかい。よくて2、3年で殺してしまうだろう。われわれの実験室では、病原体を接種した豚を8年間飼育しておいた。みんなスクレイピーを発病したよ。イギリスの豚は全部感染しているんじゃないか。ニワトリも動物性飼料で飼育している。だから感染しているだろうね。ニワトリが食べたものの一部はまた出ていく。ニワトリの排泄物を肥料に使っているんだから、菜食主義者といえども安全とはいえないね。
http://www.asyura.com/sora/gm2/msg/114.html
▼vCJD潜伏期間は50年を超えることも
http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/bse/news/06062301.htm
  • ちょここ
  • 2010/03/19 11:41 PM
「エネルギーを支配することで国家を支配できるが、食物を支配することで個人を支配できる」ヘンリー・キッシンジャー(1990年のビルダーバーグ会議での発言)
http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/20060512
  • ちょここ
  • 2010/05/11 10:14 PM
▼年に3回しか食べるべきでない?養殖サーモンの危険性 [1/11]
http://gigazine.net/news/20110111_toxins_in_farmed_salmon/
  • ちょここ
  • 2011/01/18 8:11 PM
▼食欲を落とし外食を抑える方法 http://www.ka-mato-ru.com/mac.html
  • ちょここ
  • 2011/02/06 10:22 PM
▼品質保持期限6カ月! ありえない駅弁が話題に http://nueq.exblog.jp/16454590/
  • ちょここ
  • 2011/10/25 10:46 PM
▼無審査の遺伝子組換え細菌を使って発酵させた食品添加物が国内に大量流通
http://surouninja.seesaa.net/article/238934055.html
  • ちょここ
  • 2011/12/06 10:37 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
search this site.
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
selected entries
recent comment
categories
archives
recent trackback
links
profile
Mail
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links