<< 米軍移転/世界連鎖破産とか | main | 天安艦事件 >>

スポンサーサイト

  • 2016.01.29 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


私の願い

茄子ダック様のmixiから、下記全文転載させていただきます m( _ _ )m

【転載開始】

私の願い

この文章をを書いた理由。それは私が愛してやまない人たち。 これからもずっと一緒に笑顔でいたい。ただそれだけこと。 しかしこれからいろんな困難があるかもしれない、それが杞憂であれば、私の事を嘲笑えば、それで済む事。 今日(2010/05/03)もNYでテロ騒ぎ、もう何かが起きてからでは遅いので、私の全世界の友人への呼びかけ見たいものを書かせてもらう。
特別、同調や協力を求めない。
ただ皆さんが今までとおり 笑顔でいてもらいたい。
ただそれだけだ。
それを奪うものから、避けるヒントもしくは、 何か心に響く物があればそれだけでいい。 皆様の少々時間を私に頂きたい。長い、分かりにくい文面であるがお付き合い願う。
このとおりだ <(_ _)>

1. 今ある現状 「世界新秩序」

正直どこから書いてよいか困っている私、まずは現状を皆様に 認識していただく必要がある。「世界新秩序」という言葉を聞いた事があり理解している方は次のテーマに進んで欲しい。

「世界新秩序」とはBush父元大統領が始めて声高に掲げた世界。それは単刀直入に言えば、エリートによるエリートのためだけ利益・恩恵をうける仕組み。
国際機関による、全世界単一監視政権とでもいうか? 最終的には単一宗教・単一共通通貨などなど。
(将来的に 全地球人は体にICチップを埋め、エリートが個々の全財産を管理。勿論 はむかえば、一発で財産は消える)
そして人口削減・優生論(人間的に優秀な者だけ生き残ればよい)と言う考えが、今の支配階級の大多数の意見。というか 信仰に近いか?

まずはここまで話が理解できていても、説得力に欠けるから、いろいろ皆さんに分かりやすい、具体例を挙げて説明したい。

I. 新型インフルエンザ騒ぎとWHO
WHO=国際保険機構 国連の機関の中でも財政面でも最強で最悪の集団。
今でこそ皆さんは目を覚めただろうが、新型インフルエンザは人工的に作られ、それを利用してワクチンで製薬会社および関係者が一儲けしようと言うやりかた。
その上ワクチンの中には色々と有害物(無機水銀・ガン誘発剤など)が入っており、人口削減に効果的。無論エリート達など、自分自身でワクチンなど打つバカはいない。有毒と知っているから。
絵空ごとのように聞こえるかもしれないから、ご自分で調べてもらえば済む事。
Googleでキーワード 「バクスター インフルエンザ」とか「予防接種 無機水銀」など。
最近でも、子宮筋腫予防ワクチンなどつくられた。無論一般市民には健康な子供を産んで欲しくないためである。

II. 人口削減と遺伝子組み換え
これから書く事も 皆様に「なぜ」と思っていただければ幸いです。
中国では今も一人っ子政策がとられ、日本および先進国では少子化に悩んでいる。景気というサイクルを自由に操れるエリートは、見えない現実で私たちを縛る。お金が無い。子供が安心して産めない環境。産婦人科の減少。などなど

すべては、偶然でなく必然で行われている。
少しオカルトになるが、一番エリートの考えが分かりやすいものが、「ジョージア・ガイドストーン」と言う物がアメリカに存在する。
リンクの一例:
http://satehate.exblog.jp/13848448/
そこには、明白に全人類は5億人以下で十分だと書いてある。
このようなオカルトでなくても、国連が書いた「アジェンダ 21」という魔物の書にも、妊娠制限など堂々と書かれている。
それに加えて「環境」・「エコ」というキーワードの魔法で自由をしばり、地球保護のための人口削減という見えない結論に突き進む。
それでも心配なエリート達は、食糧を縛るという禁じ手に着手している。「一度しか芽が出ない種」である。
モンサント社などが率先して、遺伝子組み換え作物の有効性を説くが、真の狙いは、「食糧」をエリートが一括して操作が出来る環境の整備である。無論遺伝子組み換え食品などそれ自身有害であることなど明白である。
(インドでは遺伝子組み換え綿花で町中アレルギーになり、ミツバチが消えていくのが何よりも分かりやすい)

ここまでの論理が脆弱かもしれない。それであったら
ビル・ゲイツが今何をしているのか調べていただく分かりやすいだろう。彼はエリートに作られた存在(アメリカの大統領なども同じ事だが)で、表舞台に絶対出てこないエリートの代弁者。その彼は、世界にワクチンを広め、食糧問題に関心を高め、
http://jp.wsj.com/Opinions/Opinion/node_53724
ノルウェーには世界全種の種(Google:ノルウェー 世界の種 冷凍 で検索を)を地下の冷凍庫に結集させている。それが完成したかを自負するように、影の支配者のトップであるイギリスは、今回の上海万博でイギリス館の目玉の一つが、「種の聖殿」である。
エリートは飢餓を作りたいのである。しかも本気だ。
全くの偶然であるが、去年は汚染列島や「L」という映画が作られ、実際にウィルスが撒かれた。今年はWowowで「飢餓列島」がもう既に始まっている。飲料水も制圧したいので、007の最新作でも国連およびユダヤ資本が全世界の山を買っています。むろん現実世界の日本も例外ではないです。
いいかげんに気が付いてほしい、皆様はゆっくり、確実にエリートに殺されている事を。

III. 有害食品・有害な物
これは私の得意分野であるが、こちらが、うまく綺麗にまとめてあるので、コンピューターがある方はまずこちら参照してほしい。
http://apocalypsenow.jugem.jp/?eid=77
(時間のある方は、なるべく http://apocalypsenow.jugem.jp/ すみからすみまで読んでみて、自分なりの答えを出してみて欲しい)
信じる・信じないなどのレベルの方は、もうこの辺で読むのは辞めて頂きたい。こちらは物凄く真剣で心配しているのでいるのだから。
(波動が合わないもの同志は、無理に合わせる必要もないのだから)

上のリンクに書かれていないもので薬の話を少々。
自分の事で恐縮だが、もう20年近く薬らしい薬は 飲んだ記憶がなく、元気に暮らしている。
多くは、農家さんの新鮮な作物のお蔭と気の持ちようだと思う。
恐怖を植えつけるのは嫌だが、薬の現実問題に少々。
(一時期私は、薬の許認可を出す所でお手伝いをしたことがあり、大体どこの部署がサインしないと、全世界に薬の販売が出来ないなど、大まかな「流れ」を理解している人間だと言うことをまず知って頂きたい。)

薬の原材料および製造過程の話。大雑把で何も証明する事ができないが、所詮先輩方の話では、7−8割もしくはそれ以上が「薬」というものは、中国という国でなされているそうだ。それ自体は何も驚く事ではない。
しかし、現地に飛んで許認可の査察官の話だが、1-2ヶ月後に許認可を出したはずの薬の製造プラントごと無いことが、ざらにあると言う話。まぁ個人的に憶測の話は嫌いなので、
後は皆様のご想像に任す。ちなみに所詮先輩方とは、アメリカでいうとFDAと同じもしくは、それ以上のスーパーエリートで、薬学博士兼弁護士などの天才ぞろい。
そういう人たちが休憩時間でワザワザ嘘を流す理由も別段ないだろうし。

要するにだ、皆さんが治ると信じて飲んでいる 「薬」。
ほとんどが曖昧な臨床実験という架空なデータに元づいて製造販売されている事を知って頂きたい。
それに単純に考えても、アメリカ人の平均が 180 75圓世どうだか知らんが、その男性を治すための薬を150 50圓瞭本女性が飲む事事態 「おかしい」 と気づいてください。それと、薬には「プラシーボ効果」と言うものがあるので、飲んで安心する方は、続けた方がよいであろう。その薬が毒であっても、実際、体は楽になるのだから。
大切な事は、薬に限らず、原子力発電のデータとか 携帯電話の体への安全性など、あるとあらえる、企業から公表されている「公式データ」は疑ってかかり、自分で納得して、何事使もって欲しい そういうことです。そのぐらいしないと子供やお孫さんは守れないという不自由な世界にさらされています。

IV. 経済活動と「銀行」と魔物
経済にはサイクルがあると信じている方は、エリートの思うツボです。
バブルや今ある日本のデフレなど、エリートが描いたシナリオどおり。勝ち組という企業群など、その意向にあった会社のみで、それらの社長などは、どかで、すべてつながっている。
(企業のロゴなど見る人が見れば「あること」が分かり、すべておなじ狢。S&P500社のうちエリートの息がかかっていない会社などアメリカには存在しない)
技術・製品のよしあしの前にある程度勝負は決まっているのだ。その分かりやすい例が金融業界・「銀行」である。
株や商品先物 (特に原油など)は、数人の悪魔の投機家達が思うままに操っているし、その現場も見てきた。
私がお手伝いした独立系のヘッジファンドの方も、ジョージ・ソロスなど悪魔の投機家達に見事にうちとられてしまった。
私がついていながら、あの時は無知で申し訳ない。
幻想でない事を証明するには、具体的な数値で見せるほか無い。数年前私の所に、変な情報が入ってきた。
原油が$140前後の時に「6ヶ月後には$50へと向かう」と
http://www.asyura2.com/10/hasan67/msg/197.html
結果はその通りになった訳であり、先物相場というものは、全世界のほんの一握りの、悪魔じみた投機家と銀行(ゴールドマンサックス・AIG・BNPパリバなど)が支配をしており、インサイダー取引など当たり前だ。
これでも信憑性がないと投資・FXに詳しい方なら自分で調べればよい。Googleで「ソフトバンク ストップ高 BNPパリバ」で調べれば少しは、分かるであろう。そもそも金利・各国の状況が違うのに、アメリカの経済指標(失業率など)だけで、ドル全面高や全面安ということ自体おかしいと気づかなくては駄目。まして銀行なんか自己資本率6-7%の企業。90%以上のお金がどこかに消えている企業。それなのに役員は1000万円以上のボーナスが出ている。これは「お金」という信教宗教がなせる業。そして私が悪の中枢機関と位置づける「中央銀行」という訳のわからぬ企業。国の為と言いながらも独立系。紙が「お金」に変えることが、出来る唯一の合法的なマフィア。それ自体の存在を結界で隠しているのか知らんが、適切な監査も入っていなく、国民誰も不思議とは思っていない。
(金融・陰謀論など詳しく調べたい方は、最後のリンク集を参照 ちなみに陰謀論は私卒業したのであしからず)

2. 世界の動き

I.アイスランドとギリシャでの実験
アイスランドもギリシャも、世界新秩序の実験場とされ、財政破産を宣告され、IMFの奴隷になった国である。
これは何を意味するのかと言うと、利益になるもの(インフラ 道路・水道・情報網など)は、エリートの息がかかっているコングロマリットに、強制的に門戸が開かれ、さらにギリシャなどは、貧富の差が開いていく。

II. ドバイ
分かる人がみれば、分かる事。 ドバイは、実はあそこには、資源が無い。石油は出ないのである。
しかし異様な勢いで栄えている。投機資金が集まり そして消えてゆく。
なぜバブルをつくるか?それは、一度もちあげてから落とした方が、人間として立ち上がるのが大変であるから、奴隷にしやすいのである。
日本に住んでいる人で、バブルを経験した人なら分かるであろう。
そういうこと、原油が$80前後でないと採算が取れないほど、賃金・生活水準は見えない手によって上げられ
オイルマネーで潤っている国は、大変なのである。
意図的に生活水準を上げられてしまった後でのバブル崩壊。
ましてドルの価値など日に日に落ちていくのであるから、、、
預金も日に日に目減りする。
その上あまり報道されていないが、ドバイに関することでもう数百兆円単位のディリバティブがふっとんでいる噂もある。
そういうことである。アラブも世界新秩序に反する行為は、鉄槌がくだる。その伏線がドバイ。

III. 貧富格差の後に来る物は
歴史を勉強した人にはたわいの無い問題。
米騒動・フランス革命・社会主義国家成立 などなど。
アヘン戦争以来・世界大戦などは、世界新秩序さん達の独壇場。
対立軸両方に武器を売り、両方に情報という恩義を売り
国際連合という私的スパイ機関を設立。そして今まさに
歴史を繰り返そうとしている。
(イランを含む大きな世界大戦を考えている)
だから今平和である時に警告をしている訳だ。
といった訳で ここまでが世界の現状。次の章では未来。

3. 2010年という年は

ずばり、食糧と(貧富の格差から来る)暴動がキーワードになりそうである。
これはあて推量で言っているのではなく、その予兆がありとあらえるところで、見え隠れするのである。

意図的に作られている、世界不況。出口の見えない日本経済。
貧富の差が格段に大きいヨーロッパなどこれからは、頻繁に暴動・略奪がおき、徐々に秩序が無秩序の世界が広がっていくだろう。
(もうそれには強制収容所というエリートは手立てを打っている。アメリカでは既に建設済み)それに加えて、人為的に作られている、異常気象などで、今度食物の値段はうなぎのぼりで高騰。既にアメリカの小麦地帯は、期待できないという情報も入ってきている。この機会に真剣に自給自足など、一度考えをめぐらせて見て欲しい。高層マンションなど、孤立した塔に見えるのは、私だけなのだろうか?
実体経済の方は、ドル安に注意して欲しい。これから毎年エリートは20-25%ドルを安くしたいようである。
だからこれからは、ドルを見るのではなく、金(Gold)や原油の値段を見て欲しい。実際夏以降Goldの値段がどんどん上がるかもしれないが、原因はドル安であるから、それで儲けよう とは思わないで、現状維持を目標に運用して欲しい。基本的には貨幣経済のひずみはいずれ終焉をむかえるから、ドル本位の世界が終わる、
それくらいの覚悟は今のうちにして欲しい。

4. これから皆様にして頂きたい事

ここまで読んで頂きありがとう。私のたわいのない文章に時間を使っていただき感謝です。
今は3次元の世界。対極の構造。 持つ者と持たざる者 善と悪 光と闇
そして自分の環境は、それらを勉強するために自分で選んだ道。
ある意味修行の場。だから皆様には、「今」という時間を大切に生きて欲しいのです。毎秒毎分何百万個という自分の細胞は死に、また生まれ変わり、
そして無意識と言う自分の根本の世界では、自分の行動・言論・そして思考すべてが、24時間365日記憶されていると言われる 人間。無限の可能性をもった生体。
夢があれば、何でも出来ますし、「今」がすべての「未来」を変えることができます。別段皆様に何をしてくださいなどと言った、傲慢な事はいいません。
なぜなら一人ひとり、役目が違いますから。
ただ、自分が心穏やかに笑顔でいれば、周りの方々も和むことは確か ;)
だから私は何時も「笑顔」でいたいのです。
ただそれだけの事
だからみなさんも 「笑顔」でいて頂けると うれしいです。
;)

------------------------------
蛇足
最後に間違ってここまで読んで頂いた方のために、よい事を一つ

「貴方の脳が全てを決めるのではなく、貴方の気持ち・思いが全てを決めるのです。」

貴方がやりたいと思う事に脳が反応し、新しい神経をつくり、道を開くのです。
(今テレビに頻繁にでているある脳学者、勿論、「組織」の雇われ)
極端な話、貴方が健康な生活をし、病院など行かなければ、インフルエンザなどかかるはずが無いのです。 ですからテレビで恐怖を煽り、疑念を抱かせ、効きもしないマスクを買う。
今の世はすべてこのうようなものです。

常に脳波を高め、できるだけ楽しい事をし、音楽などで気分転換をすれば、
ストレス=ガンより強力な病気 が減り 笑顔になり、また貴方の笑顔が世の中を
変えていくのです。 こういう事嫌いなんですよね エリートは

だからニュース(みなさんの恐怖指数)・マスメディアを駆使して、皆さんの思考を停止させているのです。

ですから ここまで読んで頂いた方は、私は何も強制しませんから、
「自分で考えて」 私や世界中の友と語りましょう

「よりよい未来のために」

偉そうに書いて申し訳ないです
<(_ _)>
今後ともよろしゅう

【転載終了】

【転載元】 茄子ダック様mixi
 http://mixi.jp/show_friend.pl?id=3543312

茄子ダック様翻訳動画 : オバマ・デセプション http://j.mp/cYpCpG


スポンサーサイト

  • 2016.01.29 Friday
  • -
  • 23:13
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
search this site.
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
selected entries
recent comment
categories
archives
recent trackback
links
profile
Mail
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links