<< 鳩亀辞任 | main | ローラへのインタビュー >>

ARIONログ '92

【転載元】 http://oriharu.net/ja19921121.htm
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=53812148&comm_id=2590126


522/525   MHD02502  ARION        ありがとう、ごくろうさまHAL
( 7)   92/11/21 04:43  519へのコメント

 幾星霜の年月を越えて、ここで再び仕事を分けあう、この喜びはあなただけの
 ものではない、HAL。

 女性原理の中枢を成す、アジアの流れはあなたの仕事にも多大な影響を与え、
 そして、それをあなたが喜ばしく受け入れていることに、私は感謝している。

 アジアは転換期に入っている。
 昔からの女性枢軸主義が戻ってくるべきである、と私は断言する。
 それは、女性こそが創造の原点であるところの無邪気な喜び、生命の発露。
 そして、その創造の原点であるところの女性を愛し、守ることのできるという
 立場を享受できる「男」としての男性の喜びは、アジアでは普遍の教えである
 からだ。こういう風に断言すると、賛否両論が出るであろうが、私は断言する。

 環太平洋地域での、物質体としての人間の働きという点においては、HAL、
 あなたの働きは、評価に値するのだよ。

 悲しみは遅霜のように、人々の頭に降ってくるだろう、HALよ、
 あなたの出来るところをもってしても、数十人しか慰めを与えることは難しい。
 しかし、私は、あなたに以前と変らぬ思いをもって、期待している。

 アジアは龍であり、西欧は不死鳥である。
 この両名は、死を賭して戦わねばならぬだろう。
 死を賭したところで、初めて解かれた封印の力が及ぶのだから。
 この力が及んだならば、この両名は初めて合体することになろう。

 あなたの今後の報告に期待する。


           −−−ARION,O∴O−−−

(ちょここ注 : 上記アリオンのメッセージは、その前のシンガポールでのHALさまの仕事に関するものです。ページ全体のログが多すぎて私の古いパソではすぐに落ちてコピペできないので、イミフな文章になってしまっていますが。)
関連:「カシオペアン・チャネリング」コミュ http://mixi.jp/view_community.pl?id=2590126
(参考:超簡略メモ) http://apocalypsenow.jugem.jp/?cid=1

●勝手にHAARPさまアーカイブ
 http://apocalypsenow.jugem.jp/?eid=66


スポンサーサイト

  • 2017.12.17 Sunday
  • -
  • 23:07
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
▼mixi アートライン・プロジェクト『アーリオーン・メッセージ』
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=53670460&comm_id=2590126
▼アーリオーン・メッセージ 来たるべき地球大変動の真相
第1章 かつての日本で何があったのか-日本が真の力を発揮するには、アマテラスの義弟たちの封印を解かねばならない
第2章 解かれた封印から「鬼」が黄泉帰る-貶められた「鬼」の本当の姿が明らかになる、それが祖土復活のとき
第3章 アジアと西欧-価値観の相克を超えて-世紀末、日本は再生し、アジアは台頭する、そして、アジアと西欧は死を賭して戦わねばならない
第4章 日本人はこれからどうあるべきか-体主霊従から霊主体従へ、誰もが抱える「内なる封印」を解け
第5章 封印を解かれた「ち」の力が日本と日本人を変える-日本人の真価が問われる、混沌の世紀末の到来
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/AAJ01805/
古代日本で繰り広げられた出雲族と日向族の抗争については、正統竹内文書の口伝継承者にも伝えられており、かなり真実に近いと思われる。この本の筆者が推測しているように、おそらく日向族は渡来系と結託して、出雲族と原日本人を追い落としたのだろう。記紀などによる改竄された歴史ではなく、本当の歴史を知りたい人にはお薦めである。
http://www.amazon.co.jp/gp/aw/cr/rR2MQUUJCJVO22U
▼(その96)〜(その99)
http://plaza.rakuten.co.jp/yfuse/9006
  • ちょここ
  • 2010/08/12 7:41 PM
03245/03247 MHD02502 ARION
以前にも話したと思うが、日月神示を伝えた霊統と私を始めとする、ARION12の霊統は同じだ。
だが、火水伝文は私の霊統でも、日月の霊統でも無い。
動きがシンクロしていたとしても、それは大きな流れから見ると当然のことであり、それが同系統であることの証しにはならない。
私は、ここで火水伝文の言葉の出自について明らかにするつもりは無い。ただ、私や日月の霊統と同じでは無いことだけは伝えておこう。
  • ちょここ
  • 2010/08/17 11:51 PM
日月神示は好きで、ARIONに似ているなぁと思っていたので、同じ霊統だというのはとても嬉しい。牛さんや豚さんたちも優しい目は同じだと感じて私が肉食をやめた頃、http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/apocalypse-meat.htm を見て、「ツキモノがたらふく食べていることに気づかんのか。人間の食べ物は定まっているのだぞ。獣と神が分かれると申してあろうがな。四つ足を食ってはならん。共食いとなるぞ。草木から動物生まれると申してあろう。神民の食物は五穀野菜の類であるぞ。食物は科学的栄養のみにとらわれてはならん。霊の栄養大切。」などの言葉に共感していた。
玉蔵様ブログで知った「不和の家、不和の国の捧げもの、神は要らんぞ。喜びの捧げもの、米一粒でも良いぞ。神は嬉しいぞ。」という言葉には、これが日本の神様だなぁ、と改めて日本人が好きになった。
子どものころ、生理の時は神社に行ってはいけないと言われた。その頃は意味がわからなかったけど、肉食をやめた頃に漠然と感じた。日本の神様は、いかなる「血」も見たくはないのだと。日本の神様はとても優しいのだと。

火水伝文は、直感的には聖書のような、ある種の気持ち悪さを感じる。。
  • ちょここ
  • 2010/08/19 11:02 PM
▼木内鶴彦氏の話 (コメ9)
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=54930512&comm_id=2590126
▼講演の文字起こしらしき内容
http://4d4u.net/contents/
▼ほぼ同じ内容のラジオ番組
http://homepage.mac.com/apt.4/kiuchi/Kiuchi.html
  • ちょここ
  • 2010/08/22 10:32 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
search this site.
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
selected entries
recent comment
categories
archives
recent trackback
links
profile
Mail
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links