<< 般若心経 / 坐禅 | main | サインオブザタイムズ >>

オーストラリア



▼オーストラリアの島、クジラ200頭が海岸に [3/02]
タスマニア州では今回のケースを含め、過去3カ月で400頭を超えるクジラが海岸に打ち上げられている。  http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1235976787/
▼クジラとイルカ192頭が浅瀬に迷い込む 豪タスマニア [3/02]
浅瀬に迷い込んだクジラのうち、54頭はゴンドウクジラだった。 大量のクジラとイルカが浅瀬に迷い込んだ原因は不明。また、クジラとイルカが同時に迷い込むことは、珍しいという。 オーストラリアにおいて、クジラが浅瀬に迷い込むケースの90%以上が、タスマニアで発生している。2004年11月には97頭がキング島の湾内に迷い込み、全個体が死んでいる。
http://www.cnn.co.jp/science/CNN200903020023.html
クジラとイルカ201頭、豪南部の浜に打ち上げられる [3/02]
タスマニアでは昨年11月にゴンドウクジラ150頭以上、今年1月にマッコウクジラ48頭が岸に打ち上げられて死んだが、原因は分かっていない。
http://www.yomiuri.co.jp/eco/news/20090302-OYT1T00907.htm?from=navr
豪州の浜にクジラ200頭 130頭余り死ぬ [3/02]
タスマニアでは昨年11月に150頭以上、今年1月に48頭のクジラが岸に打ち上げられて死ぬなど大量死が続いているが、原因は分かっていない。
http://www.47news.jp/CN/200903/CN2009030201000893.html
オーストラリア:クジラ哀れ、海岸に 60頭海に戻す [3/02]
同州では3カ月間で約400頭のクジラが打ち上げられており、今年1月にはマッコウクジラ48頭が死んでいる。原因は不明だが、人間の出す音によってクジラの方向感覚が失われた可能性も指摘されている。
http://mainichi.jp/select/world/news/20090303k0000e030038000c.html
豪タスマニア州で、クジラ、イルカあわせて200頭以上が座礁 [3/02]
タスマニアでは、先月24日にもマッコウクジラ45頭が座礁、昨年11月には150頭ものゴンドウクジラが座礁する事故がおきており、先週にも60頭のゴンドウクジラが座礁、11頭が救助されていました。  http://chiquita.blog17.fc2.com/blog-entry-4085.html


▼豪タスマニア州でマッコウクジラ45頭が座礁 [1/24]
http://chiquita.blog17.fc2.com/blog-entry-3947.html
▼155頭のクジラが海岸に座礁し命を落とす [08/12/01]
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20081202_155_whales_strand_and_dead/


▼クジラ激突急増は米軍の強力ソナーが原因? 聴覚器官損傷で方向感覚欠如
http://www.asyura2.com/0601/war79/msg/1153.html
▼オーストラリアのパインギャップ基地とHAARP
昨年、大量に鯨が座礁したのがオーストラリア沿岸部で、鯨は目から血を出していました。内耳というのがソナー代わりをしているのだそうですが、こういうことが起きるのはELFか海軍のサータスアクティブソナーしか考えられません。
http://www.asyura2.com/0505/jisin13/msg/126.html
▼パインギャップ基地 http://310inkyo.jugem.jp/?eid=311
▼エシュロン加盟国…アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド。
…アメリカはイギリスの元植民地でツーカーの仲だけど、カナダ・オーストラリア・ニュージーランドは英連邦王国で国家元首は全部エリザベス2世。←この婆さんの横でブッシュは嬉しそうに悪魔のサインをやってたよな。

(ついでに)英、米、豪、ニュージーランドなどもかつては捕鯨国でありながら、鯨油の代替物が見つかると途端に「捕鯨反対国」に早変わりして日本の鯨食文化を標的に難癖を付け続けている。 http://jiten.cside3.jp/nihongo_essay/nihonngo_essay_r.htm


 ▼米国による化学兵器不法海洋投棄!
 http://310inkyo.jugem.jp/?eid=484

ついでに今、公開中の映画「オーストラリア」ゎキョーミねぇし、特に「国連の親善大使」ニコール・キッドマンゎ好きくねぇ。無実の国が爆撃されて いくら子供たちが虐殺されてもキニシナイ人間だもんな。 http://icke.seesaa.net/archives/20060819.html
んで、映画「オーストラリア」は、“奪われた世代”というアボリジニの子供たちが殺されたり奴隷にされたりレイプされたり実験動物にされたりした歴史もちゃんと書いてるんだろーな!
残酷な“ハクジンの作り方” http://www.asyura2.com/0601/social3/msg/428.html
奪われた世代 http://naobell.exblog.jp/8053224/
アボリジニの子供と実験 http://icke.seesaa.net/article/93833185.html

スポンサーサイト

  • 2017.12.15 Friday
  • -
  • 23:18
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
▼相次いで大量のクジラ打ち上げられる、ニュージーランド海岸 [09/12/29]
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1262083484/
  • ちょここ
  • 2009/12/30 11:29 PM
日本ではさんまが打ち上げられたりしてましたね。原因は一体なんなのでしょうか。地磁気の減少とか?海の中で、変な実験などしていなければ良いのですが。ニコールキッドマンに関する感想、本当にその通りだと思ってました!オーストラリアって場所からしても、なんであんな金髪白人が住んでるんだって思いますし、そうなるまでのアボリジニとの関係は、前にタスマニアのアボリジニに興味を持った時に、あまりにも悲惨で、ものすごく嫌悪を感じました。日本でもアイヌの方などいらっしゃいますが、それを映画にして良い話に作り替えるほど面の皮が厚くないのではないかと思います。ハリウッド映画は、白人は、勇敢で正義感があり、思慮深く描かれていますが、自分たちの都合のよい正義の為にめちゃめちゃ、人を殺したりしてるんですよね。それで、ハッピーエンドって、それはないだろう、と思うんですが。
今年は、ちょここさんのブログで、この世の中を違った角度から見ることもでき、自分で考える必要性を感じました。そして、このようなことに気づいていても、未来に明るさを信じることのできる、ちょここさんのコメントに感動しました。
来年は、あまり悲惨なことのない年であってほしいですね。
  • 花子
  • 2009/12/31 4:28 PM
花子さんまいど。いつもありがとね=*^-^*=
サンマの打ち上げは水温の低下が原因らしいですが、海流なども人工電磁波に影響されているかも知れませんね。 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2568720.html
内耳がソナー代わりのクジラたちには、米軍のソナーや電磁波は致命的でしょうね。。
これから世界はもっと混乱を演じさせられていきますが、それは明日への序章。
自分で考えずに与えられた情報を鵜呑みにするから操られて洗脳されて踊らされる。自分自身を信じることができないから、ネガティブになる。太古からの自分本来の自然治癒力を信用しないから、与えられたクスリに頼る。
自分自身で考えることができれば、未来は明るいんです。来年もヨロシクです。
  • ちょここ
  • 2009/12/31 10:39 PM
▼昨年夏から続いているニュージーランドでのクジラの大量死(半年で百数十頭)
http://oka-jp.seesaa.net/article/184122958.html
  • ちょここ
  • 2011/02/04 9:16 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
search this site.
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
selected entries
recent comment
categories
archives
recent trackback
links
profile
Mail
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links